美容・健康

【昨対比168%超】コロナ禍で急増するニキビ対策に 「アクネ洗顔石けん」のニーズ高まる。

株式会社 キナリ
ニキビを防ぐ〈洗顔のコツ〉もご紹介

日本の自然の力で、すこやかな肌をはぐくむ自然派化粧品ブランド『草花木果(そうかもっか)』(株式会社キナリ:東京都品川区)の『アクネ洗顔石けん(医薬部外品)』が、販売実績を伸ばし、昨年対比168%伸長しました。(※1)



アクネ洗顔石けん(医薬部外品):https://www.sokamocka.com/user_data/camp/1908acnesope/?xloc_id=01&xcr_id=20190911pc/?xadid=ACC985

※1 対象:草花木果 アクネ洗顔石けん(医薬部外品)全2アイテム(20g、100g)
期間:2020年6月、2021年6月 自社ECサイトの販売実績比較(自社調べ)



“マスク荒れ”の増加にともない、アクネ対応市場が拡大

新型コロナウイルス感染症の流行により、ストレスやマスク着用を起因とした肌トラブル、いわゆる“マスク荒れ”を感じる消費者が増えています。草花木果が2020年に行ったアンケート調査(※2)では、約3割の方が「ニキビ・吹き出物の肌悩みが増えた、またはひどくなった」と回答。また、今後のスキンケアについて、「肌あれケアを充実させたい」という回答が6割に迫りました。

また、2021年のアクネ対応スキンケア市場は、前年比100.7%の290億円と予測され、今後もマスク着用を起因とする肌トラブル増加によって、アクネ対応市場の拡大が予想されています。(※3)

※2 草花木果調べ 2020年6月実施
※3 富士経済調べ 「機能性化粧品マーケティング要覧2020-2021」より


“マスク荒れ”が起きる理由

今やマスクは私たちの生活必需品となっていますが、マスクの着用がニキビや肌あれを引き起こすのはなぜでしょうか。
長期化するマスク生活を上手に過ごすために、“マスク荒れ”の原因と対策をご紹介します。

【原因】
●高温多湿な環境
呼気が充満するマスク内は高温多湿で、雑菌にとって好環境。エサとなる汗や皮脂も過剰に分泌され、マスク内の肌は雑菌の温床に…。また、ストレスや不規則な生活、間違ったスキンケアなどで肌のサイクルが乱れていると、毛穴に皮脂や不要な角質が詰まりやすく、雑菌が繁殖してニキビや吹き出物ができる原因になります。

●繊維の摩擦による刺激
マスクを着用しているときは、マスクの繊維が肌に密着している状態。マスクを着脱したりズレを直したりするとき、マスクを着用しながら会話するときなど、マスクの繊維は常に肌に摩擦ダメージを与えています。高温多湿でふやけた肌はより摩擦ダメージを受けやすく、肌のバリア機能を低下させる原因に…。バリア機能が低下すると、外部刺激から肌を十分に守れず、乾燥や赤み、肌あれなどのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

【対策】
マスク内部の肌はふやけて無防備になり、摩擦ダメージを受けています。さらに、高温多湿で雑菌も繁殖しやすく、汗や皮脂も過剰に分泌され、清潔な肌をキープするのが難しい環境です。そのため、毎日のスキンケアでは「肌を清潔に保つこと」が大切。

皮脂が気になるからといって、何度も洗顔したり、ゴシゴシ洗ったりするのはNG。間違った洗顔方法は、肌に必要な皮脂や水分までも奪い、肌あれやニキビを悪化させてしまいます。洗顔のコツをおさえて、やさしく汚れを洗い流し、清潔な肌を保ちましょう。


ニキビができにくい肌をはぐくむための〈洗顔のコツ〉



●洗顔料はしっかり泡立てる
手のひらが濡れた状態で石けんを包み、ぬるま湯を少量ずつ加えながら、空気を含ませるようにしっかりと泡立てます。逆さにしても落ちないくらい、弾力のある泡をたっぷり使って。

●皮脂の多いTゾーンから洗う
たっぷりの弾力泡を肌の上で転がし、皮脂の多いTゾーン(額、小鼻、あごなど)は指の腹でクルクルと、その他の部分(ほおなど)は手全体で包み込むようにしてやさしく洗い上げます。泡が残りやすい髪の生え際、小鼻、あごの下などは、特にていねいに洗い流しましょう。

●水の温度にも注意
すすぎは 30秒を目安に行い、体温より少し低めのぬるま湯でていねいに洗い流します。熱いシャワーのお湯で洗い流すと、本来必要な皮脂やうるおい成分まで取りすぎてしまうので、要注意です。


肌を清潔に洗い上げ、ニキビを防ぐ 「草花木果 アクネ洗顔石けん」




「草花木果 アクネ洗顔石けん」(医薬部外品)は、やわらかな泡でアクネ菌や皮脂汚れをすっきり清潔に洗い上げる薬用洗顔石けん。

楽天市場(※4)やmy best(※5)のランキングでも1位を受賞し、テカリを気にする男性からも好評です。

商品詳細:https://www.sokamocka.com/user_data/camp/1908acnesope/?xloc_id=01&xcr_id=20190911pc/?xadid=ACC985




薬用有効成分がニキビを防ぐ
有効成分イソプロピルメチルフェノール(殺菌)がニキビの原因となるアクネ菌や雑菌を殺菌・消毒し、ニキビを防ぎます。


●日本古来の植物を原料にしたエキスを配合
どくだみエキスや、クマザサエキスなど、植物由来の整肌成分を配合。肌のうるおいバランス(水分・油分)をととのえて、ニキビのできにくい肌へ。

●昔ながらの枠練り石けん
ひとつひとつ手間と時間をかけて熟成させた枠練り石けん。保湿成分をたっぷり含んでいるため、肌をおだやかに、汚れだけを落として、うるおいを保ちます。

●100%天然の香り


さわやかなパインやべチバー、芳醇なベルガモットなど植物やフルーツのぬくもりと甘さをバランスよくととのえた香り。


※4 楽天市場 スキンケア総合ジャンル デイリーランキング1位 2021年4月7日(水)更新(集計日:2021年4月6日(火))
※5 my best [ニキビ予防におすすめの石鹸人気ランキング] 2021年8月13日時点


草花木果(そうかもっか)とは




― 日本の自然とうれしくなる。 ―
2001年に誕生。日本の自然の力で、すこやかな肌をはぐくむ自然派化粧品ブランド。

自然由来の有用成分で肌を健やかに育てるスキンケアを中心に、ベースメイクもラインナップ。
香りにもこだわり、心地よさを追求した天然由来の精油をブレンドしています。

公式サイト https://www.sokamocka.com/
Instagram https://www.instagram.com/sokamocka/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)