その他 医療・医薬・福祉

「世の中から爪弾きにされる者のいない 安全安心な社会づくり」を目指し、全国 犯罪者更生・家族サポートネットワークを立ち上げ|ワンネス財団が中心となり連携

ワンネス財団
これまで個々に活動をしてきた社会資源を繋ぎ、一人ひとりに必要な支援を全国に届ける。

「心身の回復とウェルビーイングな生き直し」を掲げ、依存・生きづらさ・刑務所や少年院出所者の生き直し支援を行う回復・成長支援団体 ワンネス財団 (一般財団法人ワンネスグループ|本部:奈良県大和高田市|共同代表:伊藤 宏基、三宅 隆之)が中心となり、出所者・出院者の社会復帰と再犯防止、および犯罪者家族をサポートするための社会資源の全国ネットワーク「全国 犯罪者更生・家族サポートネットワーク」を立ち上げたことを発表いたします。





出所者を取り巻く現状

日本では、年々刑事犯罪の件数は減り続け、初犯・再犯ともに絶対数は減少しています。しかし初犯の減り幅に比べ再犯の減り幅が小さいことから、検挙人員全体に占める再犯者の割合が高くなり「一度罪を犯したものは変われない」というミスリードを生んでしまっています。

さらに罪を償い出所した後も、仕事・お金・住む場所がない、犯罪者として社会から厳しい目を向けられる、もともと抱えていた生きづらさ(障がいや疾患、トラウマなど)は解消されていない、などの課題に直面します。

本人が社会復帰を望んでも、一度のあやまちが大きな障壁となり、結果として再犯につながってしまうことも少なくありません。


全国 犯罪者更生・家族サポートネットワークが目指すもの

「世の中から爪弾きにされる者のいない 安全安心な社会づくり」
全国 犯罪者更生・家族サポートネットワークは、一度罪を犯してしまった方とその家族のために立ち上がった社会資源の全国ネットワークです。これまで個々に活動をしてきた全国の社会資源をネットワークで繋ぎ、連携し合うことでひとりひとりに必要な支援を届けます。受刑者教育や出所者の支援・就労支援、また、犯罪者家族やパートナーのケアを通じて再犯を防ぐことで、誰もが生き直せるウェルビーイングな社会を実現します。

▼全国 犯罪者更生・家族サポートネットワークHP
https://hanzaishakousei.net/

【お問い合わせ先】
ワンネス財団 奈良本部
0745-24-7766 / info@oneness-g.com






ワンネス財団(一般財団法人ワンネスグループ)概要

ワンネス財団は、ウェルビーイングに着目した独自のカリキュラムとコンセプトで、精神疾患や様々な障害、各種依存症、触法者などの様々な生きづらさを抱えた人々の孤独の解消と自己実現を支援する専門機関です。女性専門支援やゲームを始めとする未成年の依存症、家族の支援、ひきこもり支援など、対症療法的な福祉の枠組みを超え「生き甲斐を持って、人生を生き直すことのできる社会」を目指しています。


・法人名:
一般財団法人ワンネスグループ(ワンネス財団)
・HP:
https://oneness-g.com/
・拠点:
<グループ本部>
沖縄県南城市玉越船越218-1
<奈良本部>
奈良県大和高田市東中2-10-18
<大阪本部>
大阪市住之江区南港北2-1-10
・グループ共同代表:
伊藤宏基 / 三宅隆之

※日本全国からの相談に対応可能です。お気軽にご連絡ください。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)