美容・健康 食品・飲料

【コロナ太りを解消したい…成功者に学ぶダイエット方法とは!?】サプリなどダイエット商品を使ってダイエットに成功した男女が多い!?

株式会社BJC
半数以上のダイエット成功者が、ダイエット商品やサービスの利用経験があると回答

株式会社BJC(本社所在地:福岡市博多区)は、30代~50代のダイエットに成功した男女を対象に、「ダイエット成功者のダイエット方法」に関する調査を実施しました。


「食事制限が辛くて続けられない…」
「ジムに通っているのに痩せない…」
皆さんは、このような理由でダイエットを断念した経験はありませんか?

食事制限やファスティングは一時的に痩せたとしてもリバウンドしやすく、あまり長続きしないという方が多いかもしれません。
また、好きなものが自由に食べられないという状況がストレスとなり、途中で投げ出してしまう方もいるでしょう。

では、ダイエットに成功した方はどのようにして目標を達成したのでしょうか?
大好きな食べ物やお酒を無理に制限することなく、健康で美しいスタイルを実現させたいですよね。

そこで今回、飲む粉末サポート「まっくろの素」http://bjc.jpn.com/makkuronomoto_lp/index.html)を販売している株式会社BJChttps://bjc.jpn.com/)は、30代~50代のダイエットに成功した男女を対象に、「ダイエット成功者のダイエット方法」に関する調査を実施しました。
成功者の体験談を参考にして、ぜひ目標達成に向けたダイエット方法を見つけましょう。


ダイエットを始めたきっかけとは?5kg以上瘦せた人が約4割も!?

はじめに、ダイエットのきっかけと成果に関して伺っていきたいと思います。
ダイエットに成功した方は、そもそも何がきっかけでダイエットを始めたのでしょうか?

■ズバリ!ダイエットのきっかけとは!?
・お気に入りの服が着られなくなったから(30代/女性/パート・アルバイト)
・コロナ禍で家にいる時間が増えたから(30代/女性/公務員)
・健康診断でメタボ判定を受けたから(40代/男性/会社員)
・家族に太ったと言われたから(50代/男性/会社員)

好きな服が着られなくなったり、運動する時間が減ったりしたことでダイエットを始めた方が多いようです。
また、家族・友人からの指摘や健康診断によってダイエットを決意した、という回答が多々見受けられました。
共感できる方も多いのではないでしょうか?

では、実際にダイエットを成功させた方はどのくらい減量できたのでしょうか?


そこで、「ダイエットでおよそ何kg痩せましたか?」と質問したところ、男女別で以下の通り回答を得られました。

女性は、『5kg未満(40.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『5kg以上10kg未満(38.3%)』『10kg以上15kg未満(15.7%)』と続きました。

一方で、男性は『5kg以上10kg未満(37.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『5kg未満(26.2%)』『10kg以上15kg未満(21.9%)』と続きました。

男女ともに、体重を5kg前後減らした方が多いようです。
個人差はあっても、一定の成果が数値として現れることによって達成感を得られるでしょう。
目標の体重・体型をきちんと決めておくと、より一層ダイエットに成功しやすくなるかもしれません。

では、ダイエット成功者はどのくらいの期間で目標の体重・体型に到達したのでしょうか?

続いて、「目標の体重・体型になるまでに、どのくらいの期間を費やしましたか?」と質問したところ、『1ヶ月以上3ヶ月未満(28.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『3ヶ月以上6ヶ月未満(24.8%)』『6ヶ月以上1年未満(18.1%)』と続きました。

1ヶ月から3ヶ月という短い期間で、集中してダイエットに取り組んだ方が多いようです。
ダイエットの目的を明確にし、ゴールに向かって努力する姿勢が大切になるでしょう。


【ダイエットは食事系?運動系?】4割は食事系ダイエットで痩せていた!

人によって減量した体重量や期間は様々ですが、ダイエット方法としてはよく食事系や運動系のダイエットが挙げられます。


そこで、「痩せるために主にどちらのダイエット法に取り組みましたか?」と質問したところ、『食事系ダイエット(40.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『どちらも同じくらい取り組んだ(37.5%)』『運動系ダイエット(22.1%)』と続きました。

ダイエット成功者の4割は、食事系ダイエットによって減量したようです。
また、食事と運動の両面からアプローチしたという回答も支持されており、努力の跡がうかがえます。
せっかくなら、より効果が期待できるダイエット方法を選んで取り組んでいきたいですよね。

ここからは、ダイエット成功者が取り組んだ食事系ダイエットと運動系ダイエットについて詳しくみていきましょう。

まず、先ほどの質問で『食事系ダイエット』と回答した方に対して、「ご自身が取り組んだ食事系ダイエットを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『炭水化物抜きダイエット(37.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『糖質制限ダイエット(29.9%)』『食物繊維を多く摂取する(24.1%)』と続きました。

食事系ダイエットでは、炭水化物や糖質を制限する方法が主流となっているようです。
また、特定の栄養素を積極的に摂取するなど、食事内容にも気を付ける必要があります。
自分で食生活を管理していくことが、食事系ダイエットを成功させるカギとなるでしょう。

次いで、先ほどの質問で『運動系ダイエット』と回答した方に対して、「ご自身が取り組んだ運動系ダイエットを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『ウォーキング(51.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『ジョギング(25.9%)』『ウエイトトレーニング(22.9%)』と続きました。

半数以上のダイエット成功者がウォーキングに取り組んでいたようです。
朝時間や通勤・通学時間を活用するなど、普段の生活で習慣づけやすいところがメリットといえます。
運動系ダイエットは、体力に自信のある方や運動が好きな方にとっては始めやすいダイエット方法かもしれません。

食事系・運動系のどちらに取り組むにしても、我慢や苦労が伴うものです。
そこで、ダイエット中に大変だったことについて具体的にお聞きしました。

■食事制限や停滞期の辛さが浮き彫りに
・体重の減りがゆっくりだったため、モチベーションを保つのが大変だった(30代/女性/会社員)
・目標体重までいって満足してしまい、その後の調整とキープができずにリバウンドした(30代/女性/会社員)
・とにかくお菓子類は一切食べなかったのでそれが辛かった(40代/男性/パート・アルバイト)
・停滞期に入り、体重が減らなくなった時に挫折しそうになった(50代/女性/パート・アルバイト)

思うように体重が減らず、モチベーションが低下したり挫折しかけたりした方が多いようです。
また、好きなものを我慢しなければならない辛さを訴える声も多数寄せられました。
いったん目標を達成してもリバウンドしてしまうリスクもあり、ダイエットの難しさがよくわかります。


半数以上がダイエットサプリやサービスなどを使用!人気のサービスが明らかに…!

4割の方が食事系ダイエットのみで成功していることがわかりましたが、食事系・運動系のどちらにおいても、ダイエットの停滞期や制限のある生活に辛さを感じていた方が多いようです。

自力でダイエットに励んでいるうちに、栄養バランスが上手く取れなかったり、正しいやり方がわからなくなったりするかもしれません。
このようなダイエットの悩みをサポートしてくれる商品やサービスがあれば便利ですよね。

そこで、「ダイエット商品(サプリや粉末、食品、器具など)やサービスを利用したことはありますか?」と質問したところ、『以前利用していたが、現在は利用していない(36.4%)』『利用している(15.6%)』という結果となりました。

半数以上の方がダイエット商品やサービスを利用していた、あるいは現在も利用しているようです。
自分で努力する姿勢はもちろん大切ですが、ダイエット補助のツールを活用することも有効な手段の1つといえます。
ダイエット商品やサービスを取り入れて、ダイエットの辛さを軽減できたらありがたいですよね。

では、ダイエット成功者が実際に利用した商品やサービスとはどのようなものなのでしょうか?

「ご自身が利用して効果があると思った商品やサービスを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『サプリメント(37.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『スポーツジム(26.2%)』『プロテイン(23.8%)』と続きました。

4割近くのダイエット成功者がサプリメントを利用し、その効果を実感していたようです。
また、運動面においてはスポーツジムやプロテインが効果的といえるでしょう。
ダイエットと並行して、サプリメント・プロテインの服用やジム通いを考えてみてもいいかもしれません。

最後に、ダイエットの成功で体感した嬉しいエピソードについてお伺いしました。

■ダイエットの成功で自信が持てるように
・健康診断の数値が良くなった(30代/男性/公務員)
・着られる服が多くなり、おしゃれが楽しくなった。久々に会った人に驚かれた(30代/女性/パート・アルバイト)
・周りから「やせて格好良くなったね」と言われた(40代/男性/会社員)
・自分の気持ちが前向きになった。成功したことによる自信もついた(40代/女性/専業主婦)

ダイエットの成功によって健康的になり、おしゃれも楽しくなるなど、健康・美容におけるメリットは大きいといえます。
また、周りから褒められることで自分に自信を持てるようになった方も多いようです。
ダイエットの成功経験は、体型への満足感だけでなく自己肯定感も高めてくれるといえるでしょう。


ダイエットを成功させる秘訣とは?ダイエットサプリやサービスの活用も要チェック!

今回の調査で、ダイエット成功者のダイエット方法がわかりました。
様々なダイエット方法がある中で、4割のダイエット成功者が食事系ダイエットに取り組んでいたようです。

しかし、食事制限やダイエットの停滞期が苦しかったという意見も多く集まりました。
ダイエットが成功した方でも、モチベーションの低下やリバウンドには悩まされるものだといえます。
痩せたい気持ちはありつつも、結果が出なかったり、食べたいものが食べれなかったりでダイエットが失敗した方も多いのではないでしょうか?

さらに、ダイエット成功者の中には、サプリメントを使って効果があると感じた方もいました。
食事系・運動系のダイエットに励みながら、サプリメントなどダイエット商品を併用することでダイエットの成功率が上がるかもしれません。


食生活をなるべく変えずにダイエットをサポートしてくれるのは『まっくろの素』




・️生活を変えようと頑張っているがストレスだ
・️揚げ物を食べないとお酒が進まない
・️栄養バランスが気になって楽しめない
そんな方におすすめなのが、株式会社BJChttps://bjc.jpn.com/)の『まっくろの素』http://bjc.jpn.com/makkuronomoto_lp/index.html)です。


■国産赤松炭を使用
赤松炭とは、赤松を炭に加工したもので、赤松に含まれる松脂が抜けて内側がスポンジ状になっているのが特徴です。
他の木材を使用した炭と比較して、脂の吸着性に優れていることが知られています。

赤松炭の秘めたチカラを検証しました。


まっくろの素で使用されている国産赤松炭は、食用油の吸着力・炭水化物の分解力を検証済みです。
さらに、一部の重金属や食用添加物、プリン体などにも吸着力があることを示しています。
(※ビーカー内試験であり、体内での効果を保証するものではありません。)

■理想的なバランスを整える3つのサポート成分も配合
1.オリゴ糖
配合されているオリゴ糖が、善玉菌の活動をサポートし、カラダのバランスを整えます。
2.サラシアエキス
サラシアから精製されるエキスには、食習慣を整える効果が確認されています。
このため理想的な体を作るのに役立つとされています。
3.酵素
私たちの体には5,000種類もの酵素が存在し、健康維持のために働いています。
その中でも小麦を原料とした穀物発酵エキスを配合しました。

さらに、ヤシ殻活性炭末・5種類のビフィズス菌・17種類の乳酸菌・ナノ型乳酸菌が配合されており、腸の働きや、内側からのすっきりキレイをサポートします。

■どんなドリンクでも楽しめる!
まっくろの素の飲み方は、お好きなドリンクに混ぜるだけなので、ヘルシーに水や牛乳などで割るのも、お酒で割るのもOKです!
無味無臭なので、お酒の美味しさ、香りをそのまま楽しめます。

※「まっくろの素」をいれたハイボールのイメージです。

■飲む粉末サポート部門で三冠達成いたしました!




ダイエットしたいがお酒をやめられない人が飲む粉末サポート第1位
健康を気にする人が選ぶ飲む粉末サポート第1位
友人、知人に紹介したい飲む粉末サポート第1位

調査概要:飲む粉末サポート10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
【調査期間】2021年8月5日(木)~2021年8月9日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査対象】全国30代~50代の男女(※1)ダイエットをしたいがお酒がやめられない方 1,047名(※2)健康を気にする方 1,077名(※3)1,032名
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


■まっくろの素:http://bjc.jpn.com/makkuronomoto_lp/index.html
■株式会社BJC:https://bjc.jpn.com/
■お問い合わせ:https://bjc.jpn.com/contact

調査概要:「ダイエット成功者のダイエット方法」に関する調査
【調査期間】2021年7月27日(火)~2021年7月28日(水)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,018人
【調査対象】30代~50代のダイエットに成功した男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)