美容・健康 ネットサービス・アプリ

VIE STYLE、サウナで「ととのう」システムの開発を開始

VIE STYLE株式会社
脳波と音楽を活用して「ととのう」プロセスを可視化し、最大化

VIE STYLE株式会社(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役 今村 泰彦、以下 VIE STYLE)は、KDDI総合研究所の研究拠点「KDDI research atelier(リサーチアトリエ)」(*1)が実施する、先進的なライフスタイルを実践している生活者の方々を中心とした多様なパートナーとの共創を推進する取り組み「FUTURE GATEWAY」(*2)の第一弾プロジェクト「Hoppin’ Sauna」に参画し、サウナで「ととのう」プロセスを可視化するシステムの開発を開始したことをお知らせします。






Hoppin’Saunaについて

Hoppin’Saunaは、「いつでもどこでも、呼べばサウナがやってくる」をコンセプトに、先進的な生活者とVIE STYLE、KDDI総合研究所が進めるプロジェクトで、労働生産性の向上や、医療費抑制への貢献を目指します。
昨今、サウナは<ととのう>という言葉に表される心身のコンディショニングの場として注目されています。
本プロジェクトでは、定性的・感性的な定義となっている<ととのう>を可視化する、サイバーフィジカルシステム(注)型サウナの構築を推進します。


Hoppin’Saunaでは、VIE STYLEの開発するイヤホン型脳波計「VIE ZONE」を活用して、<ととのう>プロセスを可視化。個人差や体調差を定量的に明らかにすると共に、様々なフィードバック手法による、<ととのう>プロセスの可能性を検証します。
外気浴スペースでは、高解像度ディスプレイを設置し、サウナの聖地や景勝地などを高精細映像として伝送するだけでなく、音や風を高い臨場感で再現し、<ととのう>効果の違いについても検証する予定です。


イヤホン型脳波計「VIE ZONE」について

VIE STYLEが開発するイヤーチップが電極となり、耳(外耳道)から脳波を取得できるイヤホン型脳波計です。イヤホン型脳波計(in-ear EEG)は、従来課題だった日常生活における脳波計測デバイスの煩雑性(装着するのが面倒、見た目が悪い等)の問題がなく、いつものようにイヤホンをつければ脳波を測れるという、近年注目を集めている技術です。


日常で計測した脳波から内面状態を解析した結果、音楽によって内面状態をととのえるニューロフィードバックシステムを開発しています。


VIE STYLE株式会社

VIE STYLE は、イヤホン型脳波計「VIE ZONE(ヴィーゾーン)」および脳解析技術、ニューロフィードバックシステムを開発するブレインテック企業です。音楽とテクノロジーにより世界の人の「味わい深い人生を。」創造していきます。
http://www.viestyle.co.jp


(*1) KDDI research atelier

KDDI research atelier(https://rp.kddi-research.jp/atelier/)は、KDDI総合研究所の2030年を見据えた “未来のライフスタイル”を提案する研究拠点で、2020年12月に東京 虎ノ門に開設されました。本拠点では、次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」(https://www.kddi-research.jp/kddi_accelerate5_0/)をもとに、KDDIグループのアセットを活用しながら国内外の企業や研究機関とパートナーシップを組み、中長期的な社会・生活者の課題の解消と、生活者一人ひとりに最適化されたライフスタイルの実現を目指します。また、「KDDI Accelerate 5.0」で示した7つのテクノロジーの応用研究を推進し、実現に向けた取り組みを加速していきます。


(*2) FUTURE GATEWAY

KDDI総合研究所は、KDDI research atelierにおいて、先進的なライフスタイルを実践している生活者の方々を中心とした多様なパートナーとの共創を推進する取り組み「FUTURE GATEWAY(フューチャーゲートウェイ)」を2021年8月24日に始動します。
「FUTURE GATEWAY」では、中長期的な社会・生活者の課題解決に繋がる新たな生活様式を、先端技術を用いて社会実装する取り組みを加速するため、先進的なライフスタイルを実践している生活者の方々を中心として、多様なパートナーとの共創による応用研究を推進します。
https://future-gateway.jp


(注)フィジカル空間上の多様なデータを収集し、サイバー空間上で可視化や予測などの分析を行い、その結果をフィジカル空間にフィードバックすることにより、フィジカル空間の最適化を図るシステム。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)