スポーツ・アウトドア

女子サッカー・大和シルフィードが「かながわSDGsアクションファンド」を募集開始

大和シルフィード株式会社
女性アスリートのヘルスケア改革を通じて、ジェンダー平等の実現や、働く女性の健康課題の解決といったSDGsインパクトを創出し、社会的リターンと経済的リターンの両立を目指す


大和シルフィード株式会社(なでしこリーグ1部所属/大和シルフィード)は、ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」において、8月24日から「かながわSDGsアクションファンド」の第1号案件である「女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド」の募集を開始いたしました。

「かながわSDGsアクションファンド」特設サイト(https://www.securite.jp/kanagawa

大和シルフィードトップチーム

大和シルフィード株式会社では、2020年11月より神奈川県が実施している「SDGs社会的インパクト評価実証事業」の実践研修に参加し、女子サッカー選手、女性アスリートのヘルスケア改革やチーム強化を土台とした、働く女性の健康課題の解決や、10代女性のスポーツ実施率向上といったSDGs社会的インパクトを生み出すロジックモデルの作成を進めてまいりました。





今後は、チームの勝敗や、スポンサー企業の広告露出量の大小といった既存の価値だけではなく、女子サッカーや女性アスリートの環境改善、ヘルスケアサポートの充実等を通じて創出し得るSDGs社会的インパクトをクラブの成長へと繋げ、今年9月に開幕する、国内で初となる女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」への参入を目指していきます。

『女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド』
URL: https://www.securite.jp/fund/detail/7127
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)