アパレル・ファッション 美容・健康

「海洋プラスチック問題」を考慮したアップサイクル素材で作るサステナブルな美脚レギンス

株式会社ヨギー
国産ヨガウェアブランド “ヨギー・サンクチュアリ”より発売

全国展開のヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」をはじめ、ヨガのあるライフスタイルを総合的に展開している株式会社ヨギー(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:太夫 佐和子)は、オリジナルヨガウェアブランド「yoggy sanctuary(ヨギー・サンクチュアリ)」より、海洋廃棄物由来の新素材を使用したヨガレギンスを発売いたしました。 このレギンスは、プラスチックゴミによる海洋汚染や、CO2の排出などの環境への課題に対し、海で回収されたプラスチックや漁網などの廃棄物から再生されたサステナブルなナイロン糸を使用しています。また、ヨガをする多くの女性たちに『究極の美脚・美尻レギンス』として支持された「コンフィーレギンス」のパターンを採用し、ヨギー・サンクチュアリがブランド創設以来持ち続けている社会や環境への深い想いと共に、快適な履き心地と美脚へのノウハウを反映させた渾身の一枚です。 公式オンラインショップ「スタイル・ヨギー」、ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」一部店舗にてご購入いただけます。 商品詳細:http://yoggy-sanctuary.com/recycle-comfyleggings/



■サステナブルな新素材を使ったヨガレギンス
海洋プラスチック問題やCO2の排出など、世界規模で問われる課題に対し、イタリアのテキスタイルメーカーAquafil社の開発により生まれた「ECONYL(R)(エコニール)」は、廃棄された漁網などを回収し作られる再生ナイロン糸です。1万トン分のECONYL(R)の製造に つき、通常製造されるナイロンと比べ、石油を約8割減となる7万バレルも節約でき、二酸化酸素の放出を57,100トン抑制。また、石油素材の場合と比較して、地球温暖化の影響を最大80%低減できるため、廃棄物の回収とCO2の排出による問題を同時に解消し、また繰り返し再生することが可能なことから、サステナブルな新素材として注目を集めています。

また、ECONYL(R)は伸縮性に富んだしなやかで丈夫な素材です。軽く、速乾性にも優れているため、ヨガのようにダイナミックかつ微細な動きが必要となるウェアの素材として、大変適しています。




■美脚へのノウハウを集積させた5つの工夫


地球環境への配慮だけではなく、これまで40型以上のレギンスを生み出してきたノウハウを活かし、脚を長く、ほっそりと見せる工夫も施しています。

POINT1:お腹をフラットに見せる仕掛け
下腹の一番出ている部分にステッチを合わせることで、適度な着圧がかかり、気になるお腹をフラット見せる

POINT 2:ヒップラインを高く見せるウエスト切り替え
仙骨の一番高い部分にウエストラインのステッチが沿う設計により、ヒップラインを高く見せる

POINT 3:身体を立体的に見せる微光沢仕上げ
ナイロン特有の光沢にマット加工を施し、微光沢に仕上げることで、肌触りをよく、身体を立体的に見せる

POINT 4:深い履き込みでまるいヒップを作る
ヨギー・サンクチュアリ独自のパターン(カッティング)で、後ろ身頃に角度をつけヒップを立体的に見せる構造

POINT 5:足首がスッキリ見えるアンクル丈
足首の一番細い部分を見せる長さにすることで、ひざ下が長く見え足長効果につながります

■商品詳細
商品名:リサイクルスタープリントコンフィーヨガレギンス
価格:13,200円(税込)
カラー:グレー/ココア
サイズ:S/M/L
販売先:
・公式オンラインサイト「スタイル・ヨギー」 https://www.style-yoggy.com
・ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」一部店舗

商品詳細:http://yoggy-sanctuary.com/recycle-comfyleggings/

街に溶け込むヨガウェアブランド「ヨギー・サンクチュアリ」


ヨギー・サンクチュアリは、2004年に設立されたヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」を運営する株式会社ヨギーのオリジナルブランドとして2007年に東京で生まれた国産ヨガウエアのパイオニアブランド。
「凛々しい人へ」をコンセプトに、ヨガをライフスタイルに取り入れる女性たちが、どんなときも自分らしくいられるヨガウェアブランドとして、ヨガを行う上での機能性をはじめ、着心地のよさ、シルエットの美しさを兼ね備えた、メイドインジャパンの品質にこだわっています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)