デジタル製品・家電 美容・健康

約4割が電動歯ブラシを使用、小学6年生以下も1割/「電動歯ブラシ」ランキング 利用率第1位は「パナソニック」、総合満足度第1位は「フィリップス」製品が受賞

株式会社こどもりびんぐ
シルミル研究所のWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」が実施した「電動歯ブラシ」に関する調査

園児とママの情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)は、 「シルミル研究所」としてリサーチ事業を展開しています。「シルミル研究所」では、女性を対象にした調査「ウーマンリサーチ」を実施し、 女性が選ぶおすすめの商品やサービスをランキング形式で、Webコンテンツとして発信しています。今回は2021年7月に実施した「電動歯ブラシについての調査」の結果を発表いたします。 【詳細はこちら】  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/870597/






今回のテーマは女性が選ぶ「電動歯ブラシ」のランキング

2021年7月に実施した調査において、「パナソニック 音波振動ハブラシ ドルツ EW-DT51」が利用率第1位、「フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」が総合満足度第1位となりました。パナソニックは、メーカー別利用率第1位も受賞しています。
「パナソニック 音波振動ハブラシ ドルツ EW-DT51」  https://panasonic.jp/teeth/products/EW-DT51.html
「フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」
https://www.philips.co.jp/c-p/HX9964_55/sonicare-diamondclean-smart-sonic-electric-toothbrush-with-app


オーラルケアに気を使う人は85.3%、電動歯ブラシ使用は約4割

ウーマンリサーチでは、全国のWeb会員を対象に「電動歯ブラシ」についての調査を実施。回答者841人中、オーラルケアに「気を使っている」人は85.3%という結果に。1日の歯磨きの回数は「2回」の人が45.7%と最も多く、「3回」は35.8%、「4回以上」という人も6.5%いました。1回の歯磨きにかける時間は「3分」が32.1%と最も多く、以降は「5分以上」(31.2%)、「2分」(19.8%)と続きました。電動歯ブラシを「持っている」人は41.7%。今回は電動歯ブラシについて、使用している理由や購入時に重視したポイントなど、詳しく聞きました。


女性が選ぶ電動歯ブラシ、利用率第1位は「パナソニック」、総合満足度第1位は「フィリップス」製品が受賞

利用率第1位(表1)を受賞した「パナソニック 音波振動ハブラシ ドルツ EW-DT51」利用者からは、「コンパクトでスッキリとしたおしゃれなデザイン。振動も少ないのが良い」(30代・大阪府)という声が寄せられました。総合満足度第1位(表2)を受賞した「フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」利用者からは、「歯垢除去力が素晴らしい。目的に応じて、ホワイトニングなどさまざまなモードを選べるのも利点」(30代・北海道)と、支持が集まりました。また、メーカー別利用率は(表3)の通りとなりました。







電動歯ブラシ使用理由は「細かいところまでしっかり磨きたかった」、重視したポイントは「使いやすさ・手軽さ」

電動歯ブラシを使用しようと思った理由は「細かいところまでしっかり磨きたかった」が45.6%と最も多く、次いで「歯磨きが楽になりそうだったから」(35.3%)、「磨き残しが心配になった」(29.3%)と続きました(複数回答)。「手磨きでは難しい細かい動きができるので、一本一本きれいに磨けるようになった。ゆっくり歯ブラシを移動するだけで磨けるのでラク」(40代・東京都)や、「手磨きだと無意識で強く磨いてしまうが、電動だとその心配がなく、歯の表面がツルツルになる」(40代・東京都)など、細部まで届き、磨き残しの防止や力加減の調整など、電動ならではの魅力があるようです。「定期検診で磨き残しがないと褒められるようになった」(30代・愛知県)という声も。
購入の際に最も重視したポイントは、「使いやすさ・手軽さ」が19.7%と最も多く、「本体価格の安さ」、「ブランド・メーカー」が重視されているという結果になりました(グラフ1)





小学6年生以下の電動歯ブラシ使用は1割。「ブラウン」が利用率1位、「シースター」が満足度1位に

小学6年生以下の子どものいる人に、子どもの電動歯ブラシの使用状況について聞いたところ、「使用している」は10.8%でした。子どもの電動歯ブラシ利用率第1位は「ブラウン オーラルB すみずみクリーンキッズ」(表4)、満足度第1位は「シースター BabySmile Rainbow」(表5)となりました。





子どもに電動歯ブラシを使用させて良かった点は、「一人でしっかりと磨けるし、本人も楽しんでいる」(東京都・8歳ママ)、「歯磨きを面倒くさがらなくなった」(東京都・11歳ママ)、「歯に当てるだけで良いので子どもでも楽に使える。仕上げも楽」(宮城県・10歳ママ)など、子どもの歯磨きに対する意欲の向上と、親の負担減につながっている面も見られました。


株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等女性やママ・パパ、保育士を対象とした「リサーチ事業」を展開するメディア事業者です。今後もウーマンリサーチでは、さまざまなテーマで調査を実施、報告してまいります。第1位を受賞された企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴ・ナンバーワン表記は広告・店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・SEO対策等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

【ウーマンリサーチ 過去のランキング】
・加湿空気清浄機 https://enfant.living.jp/mama/woman_research/864965/
・ホットプレート https://enfant.living.jp/mama/woman_research/866310/
・洗濯乾燥機 https://enfant.living.jp/mama/woman_research/866404/
・だしパック https://enfant.living.jp/mama/woman_research/869210/
・スマホの通信事業者/新料金プラン https://enfant.living.jp/mama/woman_research/869850/

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社こどもりびんぐ 事業本部 メディアビジネス部 事業開発チーム
E-mail:woman.research@kodomoliving.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)