医療・医薬・福祉

当社のクラウド技術が大賀薬局の新規薬歴システムとして採用 

株式会社アクシス
調剤薬局全店舗で導入、薬歴記入時間は1/2に

株式会社アクシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:近藤 一馬)は、同社が開発・運用するクラウド型電子薬歴MEDIXS(読み:メディクス )が株式会社大賀薬局(本社:福岡県福岡市、代表取締役:大賀 崇浩)の新規薬歴システムに採用され、調剤薬局全店舗で導入されたことを本日お知らせいたします。 大賀薬局は九州で福岡県を中心に事業展開し、経営理念のひとつに「地域奉仕」を掲げて地域に貢献することを目指す薬局チェーンです。 アクシスは、大賀薬局が目指す地域の患者さまへの安全で質の高い服薬指導の取り組みをICTで支援します。



【業界の背景】
調剤薬局は、「かかりつけ薬局」として患者の服薬情報を一元的かつ継続的に把握し、それに基づいて適切に薬学的管理・指導を行うよう、薬歴の記録を含めて取り組むことを求められています。
医療費の適正化の観点からも、多剤・重複投薬の防止や家庭内の残薬解消など多くの役割を求められており、今後は、これまで以上に地域に根ざし、「対人業務」に重点を置いて医療提供施設と相互に連携していくことが必要です。

 参考:厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」
  https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/gaiyou_8.pdf

【大賀薬局の課題】
アクシスから大賀薬局へのヒアリングの過程で、「地域で薬剤師に求められる役割の重要性が増す中で、日々の業務の質を向上させながら患者さまと向き合う時間を確保する必要がある」という課題があることがわかりました。

【課題への対応】
課題の解決に向けて、アクシスはクラウド型電子薬歴MEDIXS(メディクス)の導入提案をおこない、提供を開始しました。
その結果、薬歴入力などの作業時間を半減させることが可能となり、薬剤師が「対人業務」の時間を確保することに貢献しています。


アクシスは、今後も薬剤師が患者さまと向き合う時間を増やし、一人ひとりに適切な薬物療法を提供できる環境を整えることができるよう、システムを通じて支援していきます。

また、業務の効率化を推進し、調剤薬局と薬剤師の皆さまを全力で支えることで、日本の医療費削減の一翼を担って参ります。

アクシスは、地域の患者さまに寄り添う調剤薬局のよきパートナーでありたいと願っています。


参考資料

※引用マーク(“ “ )内の情報は、2021年7月に行われた大賀薬局へのインタビューおよびヒアリングでのMEDIXSに対する評価・コメントです。文字起こしより抜粋し、一部編集しています。

【MEDIXS (メディクス)導入に至る過程】
薬歴は正式には「薬剤服用歴」と言い、電子薬歴は患者さまの服薬情報を記録して服薬情報の一元管理と継続的な把握、それにもとづく適切な薬学的管理を進める上で非常に重要なツール(ソフトウェア)です。
この電子薬歴等のソフトウェアの選定にあたり、大賀薬局はプロジェクトチームを結成して検討を重ねていました。

【MEDIXS 導入の決め手】
テスト導入した店舗での評価は以下の通りです。 MEDIXSを実際に使ってみた薬剤師の評価が良かったことが決め手でした。

“使い勝手の良さと、価格と性能のバランス”

“システムのレスポンスや操作スピードが速い。テスト導入店舗で薬歴作成時間を計測してみたところ、約3分から1分半になり、薬歴記入に要する時間が約2分の1に短縮された”

“在宅の訪問先でiPadを利用して処方医への報告書が簡単に作成できるようになった。薬局に戻ってからの作業がほとんど不要になった”

“特別な研修等なしで使ってすぐに慣れることができた”

アクシスでは「特別な研修なしに使うことができた」理由は、MEDIXSの特長である直感的な操作性と一覧性にあると考えています。

【実際にMEDIXS を導入して】
“薬歴の入力時間を短縮できたことで、患者さまと向き合う時間をこれまでより多く確保できるようになった。余裕ができたことで、より一層的確で丁寧な服薬指導が可能になった”

“業務軽減のためにはクリックの回数をひとつでも減らしたい、グループ経営を効率化するためのこういう機能が欲しい、など毎週のように要望を出していた”  

アクシスでは、要望をきめ細かく精査した上で、定期的な機能アップデートとしてMEDIXSに反映しました。
結果として患者さまにとって安心できる、より良い店舗サービスの支援が可能であったと考えています。

【今後について】
大賀薬局での調剤薬局全店舗へのMEDIXS導入は2021年10月に終了する予定です。


※ 本件は大賀薬局・アクシス間での調査を元に作成しています
※ iPadはApple inc.の登録商標です。

以上

◆大賀薬局について https://www.ohga-ph.com/
大賀薬局は1902年創業の大賀商店にはじまる老舗薬局で、現在は福岡を中心に九州で113店舗(2021年8月現在)を展開する、先進的な技術を取り入れた薬局チェーンです。
地域に根ざした活動のみならず、病気の予防に関する情報を提供したり、残薬問題に取り組んだりするなど、誰もが安心して頼ることができる薬局を目指しています。

 ・大賀薬局 コーポレートヒーロー薬剤戦師オーガマン特設サイト
 (残薬問題に取り組む「子供に向けた薬育」「大人に向けた薬育」について記載) 
  https://www.ohga-ph.com/ohga-man/

・僕がオーガマンを作った訳
(大賀代表取締役が戦隊ヒーローを通じて実現したかった社会問題についてのYouTube) 
 https://www.youtube.com/watch?v=oX4q0xEtIZY

・『薬剤戦師オーガマン』は株式会社大賀薬局の登録商標です

■ クラウド型電子薬歴『MEDIXS(読み:メディクス)』について https://medixs.jp/
薬歴情報をクラウドサーバー上に保存し、インターネットブラウザ経由でアクセスする、新しいタイプの電子薬歴です。
PCやタブレットで利用ができるため、訪問先や自宅からでも薬歴の記入や確認が可能です。システムのアップデートも自動で行われ、現場での更新メンテナンスやバックアップは不要です。
また、訪問調剤および訪問薬剤管理指導の計画書・報告書・服薬情報等提供書の作成機能も標準で提供されています。
遠隔・オンライン服薬指導にも対応し、患者さんと調剤薬局で働く方の新型コロナ感染リスク低減に役立ちます。 『MEDIXS』は、クラウド型薬歴サービスとして日本で初めて開発・提供され、導入実績が日本で最大級といわれています。※   ※いずれも当社調べ 2021年6月現在
 
□ 株式会社アクシスについて https://mediaxis.jp/
株式会社アクシスは、医療現場をITで繋ぐ、クラウド型電子薬歴のリーディングカンパニーです。クラウド型電子薬歴『MEDIXS』や、コロナ禍で「3密」削減に貢献する処方箋送付システム『スマホよ薬』を提供中です。
アクシスは先端のITにより、調剤薬局の服薬指導の効率化と品質向上を推進しています。
 ・『MEDIXS』『スマホよ薬』 は、株式会社アクシスの登録商標です
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)