ネットサービス・アプリ 美容・健康

北海道厚真町からローカルスタートアップ!地域発MaaSでありながら本質をコミュニティを軸として地方創生を推進する「Mobility meets Community」を運営する「ミーツ株式会社」の挑戦

ミーツ株式会社
過疎地特化生活支援一式サービス「Mobility meets Community」をマドラー株式会社から事業譲渡し、ミーツ株式会社を創業

地域に必要なのは「高度なテクノロジー」だけでなく血が通った「温もりあるコミュニティ」。 人が生きる上で大事なのは、「人との出会い」から刺激や挑戦、やる気をもらい、元気が連鎖していく仕組み。 その上で、地域で生きる上で必要な「移動」を「出会いの場」に変えて、モビリティから元気な地域のコミュニティを育む、「Mobility meets Community」(以下、ミーツ)の事業を企画・開発・運営を目的とした、「ミーツ株式会社(本社:北海道厚真町 代表取締役:成田智哉)」を、同代表が務める「マドラー株式会社(本社:北海道厚真町 代表取締役:成田智哉)」から事業譲渡し創業したことをお知らせします。



ミーツ事業概要

ユーザーとパートナーのマッチングを通じて出会いの場を提供して、買い物代行をはじめ日常のお手伝いや提携店舗の活用や各イベントへの参加ができる会員制のサービスを提供。 地域全体にコミュニティが拡大することで擬似的に「厚真家」のように、家族やご近所付き合いのサポートの限界をシステム的に解決し共助・互助の精神を持ちながら、経済活動も通じて、持続的なサービス構築を目指します。今後47都道府県、1741の基礎自治体のうち過疎化が進行するエリアについても展開していきたいと思います。

そこで形成される超ローカル情報を通じて構成される、リアルソーシャルネットワークシステムを活かしつつ、GAFAを代表されるテクノロジー企業が届かない、超ローカル情報と世代間や最先端な領域の掛け算からさらなる世界のアップデートを図ります。




サービスが求められる背景

経済とは「経世済民」。
現在日本が抱える、「高齢化」「少子化」「過疎化」「医療費増加」「独居老人」「公共交通の限界」「免許返納問題」「買い物難民」など、様々な課題に直面している状況がある中で、実際に人口約4400人の厚真町で活動する中で、日々実感をしております。そしてそれらの課題をそれぞれが必死に解決しようとしていても難しい状況です。複雑化した課題に対しては、様々なセクターのプレイヤーが有機的に連携することが必要であり、こうした課題に真正面に現地でぶつかりながら、経済活動を通じてポジティブな状況にすることこそが、ベンチャー企業に求められていると感じ創業にいたりました。日本全国で課題が進行するエリアが増えていくことが見込まれているからこそ、やらなければいけないサービスだと感じてます。

また一方で、課題解決を行いつつも、金融資本主義が行き過ぎたと感じている方が増えてきたこの時代だからこそ、むしろ経済を利用しつつも互助互恵の関係を活かしながら多様な人々の個性や感性を共有できる豊かなネイバーフッドを大事にする新たな価値観に移ることを、課題ドリブンではなくワクワクドリブンから実現していければと考えてます。




新会社を設立し事業譲渡に至るまで

本事業に取り組むにあたり、大切にしたい考え方として、「境界を超えて世界をかき混ぜる」をコンセプトにしたマドラー株式会社で取り組んでいたように、新たな価値観の融合です。

その中で、本サービスの実証実験を解像度高く現地で土着で取り組んできました。そしてさらにアップグレードを図る上で、「温もり」にも「テクノロジー」の要素を「スピード感」を持ちながら融合する必要を感じており、今回ビジョンに共感していただけるパートナーの方々と連携させていただき、ローカルからのスタートアップとして創業することにいたしました。そして一方で、スタートアップ・ベンチャー業界としても、過疎地でも課題解決に向けてチャレンジが行われることを推進していきたく、取り組んでいきます。


代表経歴



1988年北海道千歳市出身。東京大学文学部卒業後、トヨタ自動車人事部入社。会社役員サポートや様々なバックグラウンドな8万人の従業員をまとめる業務等を経て、6年間の勤務後ブラジルにて海外駐在を経験後独立。帰国後、様々な人に出会う中で、世界の広さを感じ、様々な立場をリスペクトを通じつなぐ(かき混ぜる)ことの重要性を感じ、世界をつなげる取り組みを推進し、「境界を越えて世界をかき混ぜる」をコンセプトのマドラー株式会社を北海道厚真町に設立、「Mobility meets Community」や「ほっとけないどう」などを企画運営。北海道を盛り上げるべくした産官学連携した北海道経済コミュニティ「えぞ財団」団長。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)