教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

東京医療保健大学 目黒区共催の公開講座を国立病院機構キャンパスにて開催 『脳卒中で困らないために~「まさか」より「もしや」で受診~』

学校法人青葉学園

 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:木村哲、以下「本学」)は、目黒区と共催で公開講座『脳卒中で困らないために~「まさか」より「もしや」で受診~』を2019年12月7日(土)に国立病院機構キャンパスにて開催します。

 目黒区内に「国立病院機構キャンパス」を開設している東京医療保健大学は、隣接する国立病院機構 東京医療センターと密接な連携を図ることで、実践力の高い医療人を育てるとともに、保健医療福祉分野を中心に、地域との取組みを積極的に行っています。
 本講座は、血管系疾患の発症が多くなる冬を迎えるにあたり、「脳卒中」をテーマに初期症状から治療等について解説し、本学と診療看護師(以下「NP」)について理解を深めていただくことを目的として開催いたします。
 当日は、本学教員の浦中 桂一講師から、海外におけるNPの状況、国立病院機構の病院をはじめ全国で活躍しているNPについて、受けてきた教育内容、活躍の場、役割などの概要を説明いたします。また、国立病院機構 東京医療センターにて診療看護師(JNP※)として活躍する忠 雅之氏から、「脳卒中」に関する内容(原因・症状・治療・予防等)についてお話いただきます。
※JNP(Japanese Nurse Practitioner):国立病院機構におけるNPの独自呼称です。

 本学は、今後も連携病院と協働した社会貢献活動を通じ、地域の発展、課題解決に寄与することにより、地域の皆さまにも貢献できる取組みを展開してまいります。

■公開講座の概要
タイトル   :『脳卒中で困らないために~「まさか」より「もしや」で受診~』
日時     :2019年12月7日(土)10:00~12:00(受付時間9:30)
場所     :東京医療保健大学 国立病院機構キャンパス 東京医療センター敷地内
        (東京都目黒区東が丘2-5-1)
登壇者    :講師1. 東京医療保健大学 東が丘・立川看護学部看護学科
            大学院看護学研究科 講師 浦中 桂一
     講師2. 独立行政法人国立病院機構 東京医療センター
            脳神経外科医 診療看護師(JNP) 忠 雅之氏
お問い合わせ先:東京医療保健大学 公開講座係
        TEL:03-5421-7655    Email:kikaku@thcu.ac.jp
        受付時間:8:30~17:00(土日祝日を除く)

■講師情報


東京医療保健大学 東が丘・立川看護学部看護学科
大学院看護学研究科 講師 浦中 桂一

修士(看護学)/看護師。専門分野は、総合看護学。研究テーマは、「男性看護師」「診療看護師(NP)の配置による効果」「シミュレーション教育におけるデブリーフィングに関する研究」。現在は主に二次救急外来へのNPの配置に関する研究を進めており、チーム医療を支える高度専門看護職として活躍できる「常に感謝し、謙虚で、自律した」診療看護師育成に取り組んでいる。

■診療看護師(NP:Nurse Practitioner)とは
 診療看護師(NP)は、日本NP教育大学院協議会(以下、協議会)が認めるNP教育課程(大学院修士課程)を修了し、協議会が実施するNP資格認定試験に合格した者で、保健師助産師看護師法が定める特定行為を実施でき、医学的視点と看護学的視点を持ち合わせた高度実践看護師です。救急患者、周術期患者、ハイリスクな状況にある患者を対象に、医師と連携協働し、「チーム医療」のキーパーソンとして、安全・安心な医療をタイムリーかつ効果的に提供できる能力を期待されています。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会