医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

COVID-19 自宅療養患者用状態報告・管理システムを無料提供開始

エミュイン
セキュア問診票システムを利用した COVID-19 診療アシストシステムを無料提供します。スマホからの定時入力により病状の悪化に迅速に対応できます。診療所、往診、訪問看護などで広くお使いいただけます。

医療機関向けウェブサービス開発を手掛ける、エミュイン合同会社(所在地:東京都杉並区、代表社員:梅谷由子)は、COVID-19 自宅療養患者用状態報告・管理システム を、2021年08月23日(月)より提供開始しました。 患者さんの個人データに運営会社(エミュイン合同会社)が一切アクセスしない (できない) という点が最大の特徴である「セキュア問診票」において、COVID-19診療に関わる問診票の利用を全て無料とし、専用の問診票をご提供することで実現しました。


【背景】

新型コロナの爆発的感染拡大を鑑み、エミュイン合同会社が提供する「セキュア問診票」において、新型コロナにかかわる問診票を緊急リリースするとともに、そのご利用を無料といたしました。

既存のシステムでは、入力するだけでも大変なので、状態が悪くなった患者を効率よく見出せないとの現場の声がありました。そこで、患者さんが簡単に入力でき、医療機関側では、コンソール画面上で患者さんの状態を把握でき、迅速な対応が必要かどうかを容易に判断できるシステムが必要と考え開発に至りました。

なお、通常の問診票サービスは運営会社が患者情報にアクセスできてしまいますが、エミュインの提供するセキュア問診票では患者情報はの解読は医療機関でのみ可能であり、情報の窃取の可能性がありませんので、COVID-19診療においても安心してご利用いただけます。

【特長】

1:実際に新型コロナの診療に従事する医師が中心となって作りあげました。

 医療現場で何が必要とされているのかを熟知したメンバーが医療者目線で開発しましたので、効率的に利用することができます。

2:あらかじめ自宅療養の患者さんの状態を把握するための問診票が準備してありますので、すぐにご活用いただけます。質問内容やアラートレベルの設定はは自由に変更可能です。

 例えば呼吸状態の悪化を適切に把握するためには、酸素飽和濃度が測れれば数値が使えますが、大半は自宅に装置をお持ちでなく、そのような患者さんの病状を自覚症状から的確に把握するためには、問診内容の設定が非常に重要です。そこで、エキスパートの指導の下にわかりやすく答えやすい問診票を作り上げました。もちろん、利用者は状況に応じて自由にその内容を修正したり全く新しい問診票を作ることもできますし、病状から自動判定するアラート機能の閾値も自由に設定できます。

3:患者さんには事前にQRコードを渡しておき、定期的に状態を入力して送信していただきますが、アプリ起動から入力し送信完了までにかかる時間は20秒程度ですので、体調が悪くても利用しやすく設計されています。

 目的は状態の悪化した患者さんをいかに拾い上げて効率的に医療資源を活用するかということですので、具合が悪くなったときに患者さんが入力できないのでは有用とはいえません。もちろん、急速に悪化し意識障害などが生じて回答を送信できない事態になった場合は、一定時間以上無回答である患者さんを検出し表示する機能がありますので迅速に対応できます。膨大な数の自宅療養者に定期的に電話して状態を確認することが非現実的となった現在、無くてはならない機能です。

【利用イメージ】
コンソールアプリの画面と患者さんの利用する問診アプリの画面


【お願い】
すでに医療崩壊は始まっています。急いで手を打たねばなりません。いくつかの既存のシステムは存在しますが、それに加えて本システムも医療機関様にご検討いただきたく、よろしくお願いします。

「セキュア問診票」はウェブアプリであり、下のアドレスからPCのブラウザにて起動できます。インストールは不要です。COVID-19診療に関わる問診票は全て無料ですので、ぜひお試しいただきたいと思います。
 https://q4cl-console.web.app

なお、エミュイン合同会社のサイトは
 https://www.emuyn.net
になりますが、ここに本システムの詳細な説明がございますのでご参照ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)