医療・医薬・福祉

8月27日から妊産婦専用のコロナ病床として3床(妊産婦2室、新生児1室)の運用を開始

国立大学法人千葉大学
千葉大学病院(病院長 横手幸太郎)は、妊産婦のコロナ専用病床として、MFICU(母体胎児集中治療室:Maternal Fetal Intensive Care Unit)6床のうち3床(妊産婦2室、新生児1室)を確保し、8月27日から運用をスタートします。


MFICUは、平時からリスクの高い妊産婦を受け入れていますが、今後、コロナに感染した妊産婦の受け入れが増加した場合は、6床すべてをコロナ専用病床とする予定です。その際は、妊産婦3室、新生児3室となります。
また、MFICUで受け入れた妊産婦のコロナの病状が重症化した場合、人工呼吸器やネーザルハイフロー(鼻に管を入れて高流量の酸素を流す治療法)が使用できるICU(10床)やコロナ専用病棟(2フロアで36床)と連携して治療に当たります。さらに、早産など新生児に集中治療が必要な場合はNICU(新生児集中治療室)や近隣の医療機関と連携することになっています。
現在、医療の現場は「災害」時の状況にあると考えています。当院では、今後もさまざまな課題に柔軟に対応し、高度医療を担う大学病院として、地域医療に貢献してまいります。




MFICU


MFICUの隣室に新生児用の部屋を確保

【生水(しょうず)真紀夫 周産期母性科 科長のコメント】



千葉大学病院としてできることは何か、院内で話し合い、当科の医師、助産師の前向きな意見に力をもらいました。近隣の連携病院やかかりつけ医の皆さんとの調整も行い、それぞれの役割を果たしながら、今回の柏市のような悲しいことが起きないよう、協力体制を作っていきたいと考えています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)