医療・医薬・福祉

日本財団18歳意識調査を実施 第40回 テーマ:「新型コロナワクチン」

公益財団法人 日本財団

<調査結果の概要>
▼ワクチン接種意向:
接種済/接種意向56.2%、未定22.5%、意向なし21.3%

▼未定・意向なしの理由上位5つ:
1. 短期・軽度副作用32.2%
2. 長期・重度副作用31.3%
3. 情報不足30.6%、
4. 特に理由なし23.1%
5. 注射への苦手意識20.8%

▼ワクチンの様々な誤情報:
「間違っている」と判断できたのは非意向者の約15-32%に留まる

▼若者が選ぶワクチン接種が優先されるべきグループ上位5つ:
1. 病院・医療機関で働く人
2. 基礎疾患を持つ人
3. 高齢者関連施設で働く人
4. 公共交通機関で働く人
5. 障害者関連施設で働く人

▼ワクチンパスポートによる特典付与:
接種意向者の57.1%が支持、接種非意向者では26.3%

日本財団(東京都港区 会長 笹川陽平)は7月、「新型コロナワクチン」をテーマに40回目の18歳意識調査を実施しました。調査は全国の17歳~19歳の男女1,000人を対象にインターネットで行い、接種意向があるのに予約等が取れていない若者が4割近くに及ぶことが明らかになった一方で、若者に対し正しい情報を届ける難しさ、また根強い副反応への不安や注射への苦手意識なども浮き彫りとなりました。
また、若者が選ぶワクチン接種の優先度では、公共交通機関や福祉施設などエッセンシャルワーカーが上位に入るなど、国が示した優先順位とは大きく異なる結果となっています。そのほか、経済団体などから提案されている国内でのワクチンパスポート及びその活用方法についても、若者の意見を聴取しています。



※以下、「接種するかどうか決めていない」と「接種するつもりはない」の合計を「接種非意向者」、それ以外を「接種意向者」と呼ぶ。

●ワクチン接種を受けない理由(接種非意向者のみ、n=438)(複数回答3つまで)


●接種非意向者の間でのワクチンに関する誤情報の広がり(接種非意向者、n=438)



上記は間違った情報。「間違っていると思う」が、誤情報を誤情報と見抜けた人の割合
※「多分正しいと思う」、「多分間違っていると思う」を含む。内訳は詳細版を参照
※掲載情報は厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/)」に基づいて日本財団が設定。調査実施時点で公的接種が行われていたワクチンに限定した質問

●ワクチン接種の優先順位(n=1,000)(10段階で優先度設定、平均値の高い順)




●ワクチンパスポート所持者への特典付与への賛否(接種意向者:n=562、接種非意向者:n=438)




●ワクチンパスポート所持者の特典の内容への賛否(全員、n=1,000)


■調査概要
調査対象:全国の17歳~19歳男女、1,000名
調査除外:印刷業・出版業/マスコミ・メディア関連/情報提供サービス・調査業/広告業
実施期間:2021年7月16日(金)~7月20日(火)
調査手法:インターネット調査
調査結果の詳細は、「第40回18歳意識調査「テーマ:新型コロナワクチン」調査報告書」をご覧下さい。
https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2021/20210826-60969.html

■18歳意識調査とは
選挙権年齢に続き、民法の改正に伴い2022年4月には成人年齢も18歳に変わります。そこで日本財団では、18歳の若者が何を考え、何を思っているのか、継続して調べる意識調査を2018年10月からスタートさせました。次代を担う18歳の意識を幅広く知り、社会づくりに役立てたいと考えています。
過去の調査結果など、18歳意識調査の詳細は以下をご参照ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/eighteen_survey

■日本財団について
日本財団は、1962年の創立以来、国境や分野を超えて公益事業をサポートする、日本最大の社会貢献財団です。「みんなが、みんなを支える社会」を実現するため、子ども・障害・災害・海洋・国際協力などの分野に取り組んでいます。
https://www.nippon-foundation.or.jp/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)