医療・医薬・福祉 インテリア・雑貨

<自粛痛と睡眠に関する調査>コロナ禍の平均睡眠時間は6.5時間、睡眠不調は深刻に「睡眠の質」が下がり、眠りが浅くなったと3割が回答

ニチバン株式会社
~身体の痛みが増えた部位は「肩」 で、睡眠にも影響~

 ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、社長:高津敏明)は、新型コロナウイルスによる生活様式の変化により増加している体調不調を「自粛痛」と称し、実態調査や対策法を発信しています。この度、9月3日の「睡眠の日」に先駆け、「コロナ禍の睡眠不調」について2021年8月に20代から60代までの男女500名を対象に調査を実施しました。  その結果、感染拡大より1年半が経過した現在、約3割の人で睡眠の質が下がり、日常生活にも影響を及ぼしていることが明らかとなりました。


【調査概要】
新型コロナウイルスの感染拡大から1年半が経過し、国内では4度目の緊急事態宣言が発令され、長引く自粛生活に終息の兆しはまだ見えておりません。2021年6月に実施した当社の調査では、リモートワークなどの生活環境の変化により約4割がコロナ禍で不調を抱えており、そのうちの6割が慢性化していることが明らかになりました。 (ご参考:コロナ禍の健康状況の調査:https://www.nichiban.co.jp/news/2021/07_01/

先行きの見えない不安から精神的ストレスが身体の不調・痛みに与える影響は大きく、睡眠にも影響していると考えられます。そこで、9月3日の「睡眠の日」に先駆け、コロナ禍の睡眠の質・悩みに関する調査を実施しましたので、下記ご報告します。

【調査サマリー】
■コロナ禍の平均睡眠時間は6.5時間・「眠りが浅くなった」と回答した人は約3割
コロナ前後の自身の睡眠の質について、約3割が下がったと回答。

■コロナ禍で増えた睡眠の悩み、1位は…
コロナ禍の睡眠について、20代は4割近くが悩みを抱えていることが判明。
睡眠の悩み1位は「熟睡できない」「夜寝付けない」。
さらに「疲れや痛みが回復しない」「肩や腰の痛みで眠れない」など痛みによる睡眠障害も。
睡眠の悩みの原因は「ストレスや不安」 「運動不足」 「生活リズムの乱れ」が上位に。

■コロナ禍の“自粛痛”、最も多いのは「肩」の痛み。8割が睡眠にも影響
“デスクワークの増加で肩がこり、眠りにつきにくい”
“在宅になり、動くことが少なくなり腰、肩、首が痛くなることが増えた”などの意見も。

■“1年以上”睡眠の悩みが続いている人は5割以上/日常生活にも影響が出ている人は8割以上
睡眠で悩んでいる期間は、「1年以上」がトップになり、7割以上が悪化したと感じていることが判明。
さらに、睡眠の悩みの影響で、日常生活に影響がある人は8割以上で、
“疲れやすくなった” 、“不安感やネガティブな気持ちになる”など、身体・精神ともに影響が。

■睡眠に悩みがある方で、改善に取り組んでいる方は約6割
対策法は“ストレッチ”、“運動”が上位に。

【調査詳細】


コロナ禍の平均睡眠時間は6.5時間・「眠りが浅くなった」と回答した人は約3割


コロナ禍における平均睡眠時間は6.5時間でした。
「6時間以上7時間未満(34%)」との回答が最も多い結果となりましたが、20代は就寝時間が「早くなった(22%)」「遅くなった(17%)」「不規則になった(21%)」と、6割に変化が見られました。




睡眠の質に関しては、「少し質が下がった(23.6%)」「とても質が下がった(5.2%)」の合計28.8%の方が「睡眠の質が下がった」と回答しています。「コロナ禍が要因で眠れない・寝つきが浅くなったと感じますか?」という質問では、合計30.4%が感じていると回答し、睡眠不調が深刻であることがわかりました。




コロナ禍で増えた睡眠の悩み、1位は…

睡眠の課題は不眠だけではありません。
「コロナ禍で睡眠の質に悩んでいますか?」という質問に対し、27.6%が「はい」と回答し、特に20代は39%と平均と比べ高い結果となりました。

悩みを抱えていると回答した138名に具体的な悩みを伺ったところ、「熟睡できない(56.5%)」「夜寝付けない(51.4%)」が上位になりました。
また、「疲れや痛みが回復しない(38.4%)」「肩や腰の痛みで眠れない(24.6%)」など、痛みによる悩みを抱える方も一定数いることがわかりました。

さらに「睡眠の悩みの原因」を質問すると、「ストレスや不安(68.1%)」が最も多く、次いで「運動不足(52.2%)」や「生活リズムの乱れ(48.6%)」が多いことがわかり、やはりコロナ禍による精神的なストレス・在宅勤務の増加・慢性的な運動不足などの生活の変化が睡眠の質に大きく影響を及ぼしていると考えられます。





コロナ禍の“自粛痛”、最も多いのは「肩」の痛み。8割が睡眠にも影響

「コロナ禍で身体の痛みが増えた」と回答した人は29.6%と、自粛生活により起こった身体の不調や痛みである「自粛痛」を感じていることがわかりました。特に20代は46%と他の世代と比べ、身体の痛みを感じているようです。


具体的な痛みの箇所は「肩(62.8%)」が最も高く、次いで「腰(59.5%)」「首(57.4%)」という結果となり、若年層はコロナ禍の睡眠の質の悩みで4番目に多かった「スマートフォンの見過ぎ(40.6%)」が影響していることも考えられます。


「痛みが睡眠にも影響している」は合計81.1%と回答しており、痛みは精神的にも肉体的にも睡眠に与える影響が大きいことが伺えます。
睡眠に関する悩みの自由回答では、「在宅になり、動くことが少なくなり腰、肩、首が痛くなることが増えた。(24歳男性)」「向きを変える時に肩や首に痛みが走る。寝つきが悪い。(46歳女性)」などの悩みも散見されました。




“1年以上”睡眠の悩みが続いている人は5割以上で、76.8%が悪化

睡眠の悩みは「1年以上(52.2%)」と回答した人が最も多く、また「悪化したと感じる」と回答した人も合計76.8%と、長期化するコロナの影響により睡眠の悩みも慢性化しており、回復の兆しがなく悩んでいる人も多くいることが伺えます。








睡眠の悩みが原因で、日常生活にも影響がある人は8割、「疲れやすくなった」が6割以上



睡眠の悩みが原因で、日常生活にも影響がある人は8割、「疲れやすくなった」が6割以上睡眠に悩みがある人の中で、日常生活にも影響があると回答した人は83.3%と高く、「とても影響がある」は21.7%と、5人に1人が強く影響を感じている結果となりました。
「睡眠の悩みの影響で感じるもの」については、「疲れやすくなった(65.9%)」と身体的な負担が最も多い結果となりました。次いで「やる気が出ない、鬱々とする (47.%)」「不安感やネガティブな気持ちになる (43.9 %)」「集中力が低下した(43.2 %)」など精神面への影響が上位となりました。




睡眠に悩みがある方で、改善に取り組んでいる方は約6割



「睡眠の改善に取り組んでいる」と回答したのは62.3%という結果となりました。
具体的な改善策としては、「ストレッチをする(46.5 %)」「運動する(45.3%)」「マッサージをする(36%)」が上位となりました。また、「睡眠薬(27.9%)」を取り入れている人も一定数いることから、深刻さが伺えます。
 睡眠に関する悩みの自由回答では、「気持ちがピリピリしてるので寝付けない(60歳女性)」「常に不安感があり、寝る前に思い出すと悶々としてしまい、目が冴えてしまう。対策がない(50歳女性)」など先行きの見えない不安感による睡眠の悩みがありました。

【考察】
今回の調査では、コロナ禍での睡眠の質が低下しており、睡眠の悩みは悪化していることが明らかになりました。睡眠の質の低下の原因は、「ストレスや不安」などの精神的な影響だけでなく、「疲れや痛みが回復しない」「肩や腰の痛みで眠れない」と肉体的な悩みも大きいことがわかりました。
また、睡眠の質の低下から「首肩腰の痛みが増えた」という回答も多く、負のスパイラルに陥っていると考えられます。


2021年7月に実施した自粛痛の調査でも、コロナ禍での不調が慢性化している人が6割という結果となりましたが、今回の調査では睡眠悩みも1年以上悩んでいる方が5割以上と、慢性化していることがわかりました。引き続き先行きの見えない自粛生活でも、体調改善を図ることが重要です。
※2021年7月に実施した自粛痛調査結果: https://www.nichiban.co.jp/news/2021/07_01/


当社が昨年11月に発売した肩や腰のつらい痛みの緩和に着目し、優れた鎮痛消炎成分ロキソプロフェンナトリウム水和物を8.1%配合した温感タイプの外用鎮痛消炎剤「ロイヒ膏TMロキソプロフェン」(第2類医薬品)は、24時間効き目が持続することが特徴で、つらい患部の痛みに直接効きます。
無臭タイプなので、においが気になりません。

■ロイヒ膏TMロキソプロフェン :7枚入り/1,078円(税込)
■ロイヒ膏TMロキソプロフェン大判:7枚入り/1,738円(税込)
【効能・効果】
腰痛、肩こりに伴う肩の痛み、関節痛、筋肉痛
腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)打撲、捻挫

<おすすめの使用方法>
・ロイヒ膏TMロキソプロフェンは24時間効果が持続します。入浴後に汗が引く30分後を目安に貼り、
次の日の入浴30分前にはがしていただくことをおすすめします。
・1つの部位につき1日1枚、貼付してください。複数の部位に使用する場合、ロイヒ膏TMロキソプロフェン
は1日最大4枚、大判は2枚までです。


◆会社概要


社名 :ニチバン株式会社
本社所在地 :〒112-8663 東京都文京区関口2丁目3番3号
創業 :1918(大正7)年1月
代表 :高津敏明
HP :https://www.nichiban.co.jp/corp/

ぴったり技術で明日をつくる 粘着技術を活かして、快適な生活に貢献するニチバン
当社は1918年、絆創膏や軟膏等を製造・販売する「歌橋製薬所」として創業し、おかげさまで2018年に創業100周年を迎えました。
ニチバングループは70年以上前から、天然由来の素材を主原料としてセロテープ(R)の生産を行い、環境にやさしい製品づくりを進めてきました。2019年には、本業以外も含めたサステナビリティ重要テーマを設定し、これからの100年に向けた持続可能な取り組みを推進しています。

【消費者の方からのお問い合わせ窓口】
ニチバン株式会社 お客様相談室 Tel:0120-377-218
受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日除く)
https://www.nichiban.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)