教育・資格・人材 その他

【岡山大学】国連平和大学との協定締結式典を開催しました

国立大学法人岡山大学

2021(令和3)年 8月 29日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)と中米コスタリカの首都サンホセ市にある国連平和大学(University for Peace established by the General Assembly of the United Nations: UPEACE)は生態系と地球の健康(Planetary Health)に資するSDGsの達成に貢献するため、2021年7月20日、MoU(Memorandum of Understanding、包括連携協定)を締結し、8月19日、協定締結式典を開催しました。

 岡山大学からは、槇野博史学長、舟橋弘晃理事(教学担当)・総括副学長、横井篤文上席副学長(特命(グローバル・エンゲージメント戦略)担当)・ユネスコチェア「持続可能な開発のための研究と教育」チェアホルダー、地球憲章国際審議会委員(在、国連平和大学)および鈴木孝義副学長(国際担当)らが出席。UPEACEからはFrancisco Rojas Aravena(フランシスコ・ロハス・アラベナ)学長、Juan Carlos Sainz-Borgo(フアン・カルロス・サインズボルゴ)副学長らが出席しました。また、来賓として、白方信行在コスタリカ日本国大使館臨時代理大使、那須正己岡山市副市長、ミリアン・ビレラ地球憲章国際本部(在、国連平和大学)代表理事・ユネスコチェア「持続可能な開発のための教育と地球憲章」チェアホルダーらが出席、協定の締結を祝福しました。

協定書を掲げる槇野学長(写真右)とアラベナ学長
白方臨時代理大使からの祝辞
本学学生によるスピーチ

 両大学の所在地である岡山市とコスタリカのサンホセ市は、国際友好交流都市であり、平成31年に姉妹都市締結50周年を迎えています。50周年を記念して、大森雅夫岡山市長がサンホセ市を訪問したことを契機に、同年12月、本学槇野学長と横井副学長が国連平和大学および地球憲章国際本部を訪問し、今回の協定締結につながりました。

 今回の協定締結をきっかけに、SDGs達成に向けて、持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development: ESD)と地球市民教育(Global Citizenship Education: GCED)ならびに地球憲章(Earth Charter)の3つを統合した取組を行うとともに、岡山市とサンホセ市を交えた包括的な人材育成および社会貢献事業等を推進してまいります。

集合写真(槇野学長(中央)、那須副市長(右から3番目))


◆参考情報
・槇野学長、横井副学長・ユネスコチェアホルダーが国連平和大学を訪問 地球憲章とESDの連携を強化
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id8993.html


◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 国際部 国際企画課
 TEL:086-251-7036

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年8月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000197.000072793.html

 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html
 岡山大学「THEインパクトランキング2021」総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)