美容・健康 流通

わずか1ヶ月で完売!肌を守りながらくすみをカバーするアンプルールの進化系トーンアップUVが待望の追加販売を開始

株式会社ハイサイド
美容・健康・医療を掲げる株式会社ハイサイド(本社:東京都目黒区、代表取締役会長兼CEO:高瀬 武英)が展開するドクターズコスメ「AMPLEUR(アンプルール)」より、発売からわずか1か月で限定数が完売となった「ラグジュアリーホワイト WプロテクトUV トーンアップ」が復活。本日8月30日(月)から公式サイトにて数量限定で再販売を開始しました。






ピンクの美肌バリアで透光素肌を守り抜く進化系トーアンアップUV

国内最高レベル※1の紫外線カット効果、ブルーライトや環境ストレスからのプロテクト効果に加え、肌荒れを防いで健やかな肌を育むスキンケア効果、くすみや肌不調を自然にカバーするトーンアップ効果を兼ね備えた多機能な日焼け止め美容液「ラグジュアリーホワイト WプロテクトUV トーンアップ」。
肌不調と外敵の両方から肌を守り、1本で肌色補正までかなえます。

※1紫外線防御効果の指標表示(SPF/PA)において国内最高基準値の日焼け止めであること


●1本でライトメイク完了。くすみや肌不調を自然にカバーし※2透光素肌をキープ
花びら状のパウダーが光を乱反射して肌を明るく見せ、皮脂を吸着することで崩れを防ぎ、朝の仕上がりを一日中キープ。
繊細光沢パールをブレンドしたピンクベージュのクリームがくすみを払拭※2して透明感と血色感、自然なツヤを与えます。休日やテレワーク時のライトメイクはもちろん、化粧下地としてもお使いいただけます。

※2 メイクアップ効果による

●肌荒れを防ぐスキンケア成分でバリア機能を支えて、強くゆらがない肌に
近年人気の成分CICA(ツボクサエキス)をはじめ、マスク荒れなど昨今の肌悩みに対応するスキンケア成分を配合。バリア機能を支えてゆらがない肌に導きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【乾燥ケア】ハトムギ種子発酵液、モイストバリアコンプレックス
【肌荒れ予防】CICA(ツボクサエキス)
【ハリケア】浸透型コラーゲン、プラセンタエキス
【ブライトニング】メマツヨイグサ種子エキス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●環境ストレス※3などの外的ダメージから透光素肌を守り抜くマルチプロテクト処方
光老化の原因となるUV-A、UV-B を徹底ブロックするとともに、ブルーライトによる乾燥、PM2.5・花粉・ほこりなどの大気汚染物質による環境ストレスから肌を守り抜くマルチプロテクト処方です。

※3 乾燥などによる



●荒れがちな肌にもなめらかにのびて密着。ノンケミカル処方のやさしいUV
のびが良く、軽やかでストレスフリーなつけ心地。肌が弱っている時でも使いやすいノンケミカル処方で、いつもの洗顔料で簡単にオフできます。


発売からわずか1ヶ月で限定数が完売。この度、お客様からのご要望にお応えして数量限定での追加販売が決定しました。販売は公式サイトにて8月30日(月)から。


【商品概要】
品名:ラグジュアリーホワイト WプロテクトUV トーンアップ[日焼け止め・日中用美容液]
容量:30g
価格:4,620円(税込)
概要URL:https://www.ampleur.jp/skincare/lw/1145.html

■ アンプルール公式サイト
https://www.ampleur.jp/

■肌の悩みを美しく解決するClinical Solution Cosmetics AMPLEUR(アンプルール)
アンプルールは、美容皮膚の知識を持つさまざまな専門家たちの英知を結集した先進のクリニカルソリューションコスメティクスです。
皮膚科学とバイオロジー研究にもとづくクリニカルアプローチであらゆる未解決の肌問題を解決へ導き、その人自身の美しさをより引き出していきます。

■アンプルール公式SNS
アンプルール公式Twitter
https://twitter.com/AMPLEURofficial
アンプルール公式Facebook
https://www.facebook.com/ampleur
アンプルール公式Instagram
https://www.instagram.com/ampleur_official

■株式会社ハイサイドについて
商号 :株式会社ハイサイド
本社 :東京都目黒区中目黒1-8-1 VORT中目黒I 4F
代表 :代表取締役会長兼CEO 高瀬 武英
創業 :2003年3月14日
事業内容:化粧品、医薬部外品の企画・開発・販売、美容サロンの経営コンサルティング、オウンドメディアの運営
HP   :https://www.hsco.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)