美容・健康

国内外180店舗突破のストレッチ専門店「Dr.stretch」を運営する株式会社FUBICは「株式会社nobitel」へ社名変更へ。第三創業期のブランド戦略及び事業戦略を発表

株式会社フュービック
健康産業のリーディングカンパニーとしてブランディングを強化

株式会社フュービック(本社:東京都新宿区、代表取締役:黒川 将大)は、2021年9月1日より「株式会社nobitel(ノビテル)」へ社名変更することをお知らせいたします。



健康産業に参画して、20年。新しい健康価値観を求められる今、更なるミッションを掲げて業界をリードし、健康産業のプラットフォーマーとして業界を牽引していくため新たな事業戦略および新規事業を発表しました。

来年30周年を迎える当社では、この社名変更を皮切りに、ストレッチ業界のリーディングカンパニーとして更なるブランドを確立・強化いたします。また健康やウェルネスをテーマに生活者の問題解決に取り組む私たちnobitelは、独自技術・創造力・ホスピタリティを通して、顧客基盤と収益の拡大を図るため「ブランド」「IT」における戦略を発表いたしました。nobitelは、これからもひとりひとりの健康の実現を目指していくために展開してまいります。

■ブランド
社名の由来は、「伸びる」「テレコミュニケーション」の造語です。私たちnobitel(ノビテル)は、成長するへルスケア産業の中でストレッチ業界のリーディングカンパニーとして「カラダを伸ばし柔らかくすることで、若々しさを保ち豊かなココロや創造性を育む」 そんな新しい健康価値観(健康習慣)を社会に根付かせたいと願っています。その実現に向けて、私たちはウェルネス×DXを成長戦略の柱に掲げ、 全社一丸となって更なる成長を目指します。これまで培ってきたコアバランスストレッチという独自技術を活かした店舗サービスに加えて、 より多くの顧客接点を創出するために立ち上げた新たなブランド戦略を通して、健康の課題解決に取り組んでまいります。店舗ビジネスからオンライン、DXを中心にサービスを強化・発展を目指していきます。


VISION / MISSION




NEW バリュー「カラダ柔軟・ココロ柔軟 Stretch Well」




■DX推進

当社におけるDXの定義は「顧客体験・満足度の向上」に重きを置き、ITを通じお客様の健康体験を豊かにしていきます。まずは我々の店舗をご利用いただいているお客様に共通IDを発行し、提携サービスを利用可能にします。また健康データ(資産)の蓄積をし、個人に合わせた提案ができるヘルスケアスーパーアプリの開発を進行しています。 具体的には、食事管理機能アプリ「カロミル」を提供するライフログテクノロジー株式会社、またAIによるサイズ測定アプリを提供するBodygram Japan株式会社と資本業務提携を締結。今後は我々のプラットフォームをご利用いただくと、これらの機能がご利用いただけるようになります。

このDX化を皮切りに、自社でシステムを作り直し顧客体験・満足度を向上するための器を用意しました。ストレッチをして帰っていただくだけでなく、よりお客様個人に合った提案、体と心が前向きになるきっかけづくりなどのコンテンツを発信していきます。

このように組織、プロセス、企業文化・風土をも変革しながら、ヘルスケアのリーディングカンパニーとして更なるブランド確立に力をいれていきます。また顧客体験のより一層の価値を高めるために、これらを軸に健康なライフスタイルの実現に向けて、当社の事業戦略にご賛同いただける企業との取り組みを強化・推進していきます。

■新規事業について
・物販事業(2021年秋ごろを予定)
自社ECサイトにてフォローアップ商品の開発・販売をいたします。また、先日資本業務提携をした伊藤忠様との協業を加速させていきます。

・トラベル事業(2021年秋ごろを予定)
国内旅行業を取得し、ウェルネス体験ができるホテル・旅館の送客をしていきます。5年間「健康」をテーマにリゾートホテルを運営してきた経験から、旅の企画も行います。体だけでなく、心の健康も私たちは応援していきます。ネイチャークレンズのブランディングを強化するとともに、従来の観光から「健康」や「ウェルネス」をテーマに新しい旅行のスタイルを提案・実現します。

■代表取締役社長 黒川 将大コメント



新型コロナウイルス感染拡大を機に、世界中で起きたパラダイムシフト。我々ができる社会貢献とは何かを考えたとき、ひとりひとりの健康の問題解決をしている我々だからこそ今、このタイミングで更なる加速をしていくべきだと考えました。そのなかで、我々健康産業ではお客様のニーズの高まりを感じています。第二創業期である株式会社フュービックの期間に健康産業に参入しストレッチ専門店「Dr.stretch」を展開。今では国内外180店舗を超え、コロナ禍でも昨年対比で156%の集客増加をしています。また大都市だけでなく、郊外の商業施設でも過去最大の集客を実現してきました。

そしてこの度の株式会社nobitelとして第三創業期を迎える今、世の中の新たな健康価値観に寄り添うべく今回の事業戦略を発表しました。ヘルスケア業界でのリーディングカンパニーとして、お客様体験の創造をDX推進強化を軸に注力してまいります。28年間培ってきた我々のもつ独自技術と創造力、そしてホスピタリティ精神に溢れた接客を通して、新たな価値創出のため更なる事業拡大を目指します。

■株式会社nobitel について
代表者:代表取締役社長 黒川 将大
所在地:東京都新宿区大京町22−1 グランファースト新宿御苑2F
設立:1993年10月
資本金(資本準備金を含む):4億8千15万6595円
社員数:1308名(アルバイト含)
事業内容:フィジカルフィットネス(Dr.stretch/WECLE)/EC・スポーツメディア/トラベル・ホテル/トレーナー育成スクール/デジタルソリューション/マーケティング
公式サイトURL:https://fubic.com/
※9月1日からURLが変更となります https://corporate.nobitel.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)