医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

東大発クラウド処方箋読取サービス「mediLab AI」に関連の研究成果が、第54回日本薬剤師会学術大会に採択

株式会社mediLab
株式会社mediLab (東京都新宿区、代表取締役社長CEO:松田 悠希、以下 mediLab)が研究開発を進めているクラウド処方箋読み取りサービス「mediLab AI」に関連の研究開発成果が第54回日本薬剤師学術大会に採択されました。より薬局の皆さまにご活用頂けるシステムとすべく、本機会を通じ多くのご意見を頂戴して参ります。




1.mediLab AIについて
mediLab AIは東大発、AIを活用した処方箋入力支援システムです。薬局の皆さまの処方箋入力業務負荷を軽減し、より多くの時間、患者さまと向き合うためのサポートを致します。
mediLab AIはAIを活用した高精度な処方箋読取を実現するとともに、セキュアなクラウドサービスの構造とすることで、省コスト・省スペースな導入を実現致しました。また、このクラウド基盤を活用することにより、サービスの改善スピードを高速化しているのももう一つの特徴です。これにより、薬局の皆さまのお声を頂いてから数日単位でのサービス改善や、医療機関・医薬品マスタ情報更新の即日範囲、が可能となります。
※mediLab AIの詳細はこちら:
https://medilab.co.jp/medilabai/


2.学会概要
薬剤師には住民が住み慣れた地域で安全に安心して医薬品を使うことができるよう、すべての医薬品の使用状況を一元的・継続的に管理し、地域住民の薬物治療の責任を担うことが求められています。この社会的要求に向け、多くの薬剤師がいろいろな分野、領域で活躍しています。

そこで第54回日本薬剤師会学術大会福岡大会では、いろいろな分野、領域で活躍する薬剤師が一同に集い、ともに学ぶ場としたく、メインテーマを「多様性を可能性に」とし、サブテーマを「未来に広がる薬剤師」といたしました。全国から集まる皆さん(今回はコロナ感染拡大に伴いWeb開催に変更)と幅広い知識と多くの時間を共有し、未来に向けた薬剤師の可能性をイメージして様々な魅力あふれる大会となるよう準備を進めております。
... 第54回日本薬剤師会学術大会HP, 大会運営委員長挨拶, より

3.発表内容
▼演題
AIクラウド基盤を用いた低運用負荷・省コスト・省スペースな処方箋読取システムの開発と検証

▼研究内容

<目的>
薬局での調剤業務はレセプトコンピュータの入力作業と切り離して考えることはできず、その作業は極めて複雑で円滑に業務を行うために多くの時間をかける必要があります。この問題を解決すべく多くの処方箋OCRが開発されてきましたが様々な問題から広く普及するに至っていません。そこで本研究では「AIクラウド基盤を用いた処方箋読取システム」である「medilabai」を開発、評価いたしております。

<結果>
精度評価について、手元で作成の複数レイアウト処方箋を用いた精度試験結果は、各処方箋の構造を逐次登録することなく、医薬品名称取得精度は98%でした。また、複数薬局に本システムの仮設置した結果、3薬局のスタッフから機器サイズおよび使用感から「導入可能」なシステムであることが確認されました。学習データが少ないこともありいくつか不具合が発生しましたが、各項目十分な精度があることがわかる結果となりました。


4.mediLab AIのその他の学会発表
・2020年6月9日
人工知能学会第34回全国大会
「OCRとLINEインターフェースによる処方箋入力業務効率化の研究」

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社mediLab
問い合わせフォーム: https://medilab.co.jp/contact/
メール: medilab.team@gmail.com

<第54回日本薬剤師会学術大会の詳細>
https://jpa54.com/greeting.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)