ネットサービス・アプリ

メンタルヘルス・ケアを、もっと多くの人に。音声チャットによるセルフケア・サービス「eau」β版が事前エントリーの受付を開始

かいじゅうカンパニー
株式会社かいじゅうカンパニー(所在地:東京都品川区、代表取締役:東藤泰宏)は、セルフケアのための音声コミュニケーション・サービス「eau」(オー)β版のサイトを公開しました。現在、事前エントリーを募集しています。



eau β版サイトURL:
https://eau-app.com

背景:新型コロナウイルスの影響と、サービス・ギャップ
OECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本でうつ病やうつ状態の人の割合は、新型コロナウイルスの流行前は7.9%だったのに対し、流行後は、17.3%と、およそ2倍になっています(注1)。新型コロナウイルスの影響により、メンタルヘルスの課題の重要性は、これまで以上に高まっています。
また日本では、うつ症状などを持つ人が、専門機関へのアクセスを求めようと思わない、「サービス・ギャップ」と言われる課題が指摘されてきました。研究によると、軽度のうつなどの症状を持つ方のうち、専門機関にかかろうとする人は、18~32%しかいないとされています(注2)。新型コロナウイルスの影響が大きくなっていく一方で、多くの方は、専門機関のサービスを利用することが少ないと予想されます。

eauの目的
心療内科の受診や、カウンセリングに申し込むことは、メンタルヘルス・ケアの最初のステップとしては、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。また、ひとりでやるワークブック形式の書籍は、気軽にはじめられる反面、継続が難しいという声もあります。
これらの課題意識から、かいじゅうカンパニーは、予防フェーズの方を対象とした、「eau」(オー)β版のサイトを公開しました。eauは、よりアクセスのしやすいウェブサービスによる、顔を出さない音声のみでの、セルフケア・サービスです。専門家のファシリテートによって安心感や継続意欲を提供します。「自分のメンタル・ヘルス・ケアの仕方に課題を感じているが、病院を受診するほどではない」そんな方に向けたサービスです(注3)。

eauの特徴
eauはセルフケアの方法を身につけるための音声コミュニケーション・アプリです。認知行動療法に基づいた少人数のボイスセッションにより、自己理解に根ざしたセルフケア・スキルを育みます。
1.専門家がファシリテーションを行います。


セッションは、臨床心理士や公認心理師などの資格を持った専門家がファシリテート。音声を使った効率的なグループワークを行います。

2.認知行動療法を基にしたプログラムに沿って行います。



臨床心理士や公認心理師などの資格を持った専門家とともに、認知行動療法(※1)を基にしたプログラムを作成。セルフケア・スキルを育む多様なプログラムを開発予定です。

3.少人数の音声によるグループ・セッションを行います。


自分が抱える課題について、仲間に話したり、気づきを得たりすることができます。セッションには匿名形式で
顔を出さずに音声のみで、参加します。

専門家による監修
eauは臨床心理学の専門家監修のもとで開発されています。

中島 美鈴:臨床心理士・公認心理師。九州大学人間環境学研究院/肥前精神医療センター。九州大学大学院人間環境学府博士後期課程修了。 肥前精神医療センターなど精神科医療に従事した後、東京大学や福岡大学などの勤務を経て、現在は九州大学人間環境学研究院学術研究協力員として認知行動療法の研究に従事する。

竹林 由武 :臨床心理士・公認心理師。福島県立医科大学医学部健康リスクコミュニケーション学講座助教。国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター客員研究員。アメリカ心理学会の遠隔心理支援のガイドラインの翻訳をはじめとし、災害時や感染症流行時のコロナ禍でのメンタルヘルス対策、エビデンスに基づく心理支援サービスの社会実装の普及啓発に努めている。

私たちがeauをつくろうとした理由
私たちは、およそ10年前に、うつの当事者の方々が前に進むためのオンライン・コミュニティ「U2plus」を開発しました。孤独を感じるうつだからこそ、安心できるコミュニティが必要だと思ったのです。今日もU2plusでは、多くの方々が、日々のポジティブな出来事を共有しています。
私はこれまで、自分自身が運営してきたスタートアップや、従業員として参加した会社、そして普段の生活を通じて、多くの方との出会いがありました。そこで感じたのは、「メンタルヘルス・ケアは一部の人だけに必要なのでない」ということです。誰しもが、ひとりひとり固有の課題を抱えており、周囲には言いにくい悩みを抱えています。そして、皆どこかで孤独を感じています。医療機関を必要とするほどではない。あるいは治療はすでに終了している。しかし自分のメンタル・ヘルス・ケアの仕方に課題を抱えているという自覚がある人たち。そういう方々に届けるサービスが必要だと感じていました。つまり、気軽に、自分をニュートラルな状態に戻すために、セルフケアの方法を身につけられるサービスです。
そこで私たちはeau [オー]をつくりました。U2plusを世にだしてから、約10年が経ちます。これまでの経験を詰め込んだ私たちの新しいプロダクト「eau」が、あなたの人生に穏やかな時間を増やせることを願っています。
(かいじゅうカンパニー代表:東藤泰宏)

事前エントリーの仕方
eauβ版は、完全招待制となっています。現在サービスサイトにて、事前エントリーを募集しています。参加をご希望される方は、サービスサイトのエントリー・フォームからお申し込みいただけます。お申し込み確認後、順次、メールにて招待いたします。
「eau」β版サイトURL
https://eau-app.com

会社情報
株式会社かいじゅうカンパニー
代表取締役社長:東藤泰宏
https://kaiju.company/
設立:2020/4/3
所在地:東京都品川区西五反田1-13-7 マルキビル503
連絡先:pr@kaiju.company
広報担当:東藤、岡崎

注1.
OECDの新報告書「精神医療制度のための新たなベンチマーク:精神疾患の社会経済的コストへの取り組み」
注2.
石川華子、川上憲人:精神科治療学 34(1):5-9,2019
注3.
eau β版は、セルフケアのためのサービスです。診断や処方などの医療行為、セラピストによる心理療法を提供するものではありません。メンタルヘルスに関する専門機関にかかっていない方、診断レベルの精神科的な症状が現在ない方を対象としています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)