美容・健康 アパレル・ファッション

【アフター6で輝くために…】仕事中に仕込むのがパフォーマンスアップの裏技

超テロメア企画株式会社
疲れの大敵 ”肩こり”に終止符を


11月23日は勤労感謝の日。

勤労感謝の日を前に、女性が気分良く働ける環境を考えてみませんか?
働く女性って何にアガって、何に向けて準備しているんでしょう。

アフター6の合コンに向けて、「勝負下着!」は最近ではもう聞かなくなりましたね。では、食事?癒やし?雰囲気…?なにが正しいのかわかりませんよね。

そこで今回、超テロメア企画株式会社https://extelimits.co.jp/)は20代後半~30代後半の正社員で働く女性を対象に「働く女性の本音に関するアンケート」を実施しました。

女性のモチベーションコンディションテンション"3つのキーファクター"に焦点を当てて徹底解明していきたいと思います。

仕事中も仕事後も全力で楽しみたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

調査概要 : 働く女性の本音に関するアンケート
【調査期間】 2019年11月12日(火)~2019年11月13日(水)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,006人
【調査対象】 20代後半~30代後半の正社員で働いている女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


一日のモチベーションに影響するのは●●と判明…!




まず、「一日のモチベーションに影響するものを教えてください」と質問したところ、『メイク(34.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『服装(26.5%)』『ランチ(20.8%)』と続きました。

メイクが上手くいけばモチベーション高く仕事を頑張れる女性が多いようです。メイクとモチベーションは相互関係があると判明しました。

■働く女性のモチベーションとは…?


「すっぴんだと一日が始まる気がしない 」(宮城県/20代後半)
「好きな服を着ることでその日のモチベーションは変わります」(福岡県/20代後半)
「メイクがうまくいかないとその日がどうでもよくなり、上手く行けばもう最高!」(山口県/30代前半)
「オシャレなランチできる店を開拓するために仕事へ行く!」(東京都/30代前半)




コンディションに影響するものは何なのか…?




続いて、「一日のコンディションに影響するものを教えてください」と質問したところ、『睡眠時間(83.0%)』と回答した方が最も多く、次いで、『食事(12.2%)』『運動(2.0%)』という結果が出ました。

睡眠時間がしっかりと確保できれいれば、その日のコンディションは良くなるようです。お肌への影響で、メイクノリも変わってくるかも…?
女性の多くは、睡眠時間の重要性を理解していると判明しました。

■コンディションを上げるために取り入れていることとは?


「睡眠時間が少なすぎると、仕事中眠くて集中できない…」(愛知県/20代後半)
「7、8時間寝られれば、その日は調子が良い」(東京都/20代後半)
「昼、夜と何を食べたいか考え、外食するときはそれを励みに頑張る」(東京都/20代後半)
「睡眠時間が足りないと頭の回転が悪く、仕事のミスも増える」(埼玉県/30代前半)




一日のテンションは●●で決まる?




次に、「一日のテンションに影響するものを教えてください」と質問したところ、『夜の予定(33.0%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで、『美味しいランチ(25.9%)』『仕事の量(24.0%)』と続きました。

夜の予定があれば女性はテンションが上がるようです。ここで意外に感じられたのが『イケメンと仕事』が働く女性にとってはさほどテンションに影響しないということです。

夜の予定に向けてコンディション調整も必須かも…?

■テンション爆アゲになったエピソードとは…?


「好きな人との食事の予定があった日の仕事は一瞬で終わりました」(三重県/20代後半)
「残業をしなくていいように仕事中に頭を使って処理するのが快感」(東京都/20代後半)
「美味しいランチを友達と楽しい話をしながら食べれば、嫌な事も発散できる」(大阪府/20代後半)
「夜キラキラした予定があるとテンション上がるから」(東京都/30代後半)




残業時間はパフォーマンスに大きく関係すると判明!


ここまで、女性の3つのキーファクターに関して調査をしてきました。

そして、この3つのキーファクターともう一つ重要なのが、パフォーマンスではないでしょうか?特に、残業時間は3つのキーファクターを上げる際に、関係して来ることでしょう。


そこで、「残業時間は一日のパフォーマンスに影響しますか?」と質問したところ、8割近くの女性が『はい』と回答しました。


残業を続けてしまうと、仕事のパフォーマンスに影響が出てしまい、心身の不調に繋がってしまうことも考えられます。

■残業でパフォーマンスに影響が出た?


「残業が少ないときはプライベートが充実する」(大阪府/30代後半)
「残業すると、翌日疲れを引きずってしまう」(埼玉県/30代前半)
「残業が長くなりその後の予定をキャンセルせざるをえなくなった…ショック…」(岐阜県/30代前半)
「以前、残業続きで終始身体がダルくてしょうがなかった」(神奈川県/30代後半)



せっかく3つのキーファクターが整ったとしても、残業時間のせいで、最高のパフォーマンスが発揮できないかもしれませんね。



日々の疲れの蓄積はプライベートに影響を与えます!男性の皆さんわかってあげてくださいね!

3つのキーファクターやパフォーマンスは、仕事でもプライベートでも落ちると良いことはありません。
では、働く女性は日々の疲労がプライベートに影響を与えるのでしょうか?


そこで、「日々の疲れの蓄積はプライベートの充実に影響を与えていますか?」と質問したところ、8割以上の女性が『ある』と回答しました。

首・肩のこりや、目の疲れなどが蓄積してしまい、プライベートが充実していない女性も多いのではないでしょうか。

同じ会社で働く男性もわかってあげてくださいね。女性を上げる3つのキーファクターについて判明したため、これから意識すると女性との距離が"グッ"と縮まるかもしれませんね。

女性にとって、やはり充実させたいのは、アフター6や自分のご褒美など、プライベートな時間ではないでしょうか?
18時~22時を働く女性のゴールデンタイムだとしたら、そこに向けて日中から準備をしておきたいはずです。


寝てから仕事終わりまでの仕込み時に……コリストップ



「でも…面倒くさいことはしたくない…」

そんな女性にとっては、寝てから仕事終わりまでがまさに仕込みどきなのではないでしょうか?
そんな働く女性にオススメしたいのが、超テロメア企画株式会社https://extelimits.co.jp/)が販売する『コリストップhttps://coristop.jp/)』です。

”からだが楽だと楽しい”というコンセプトに基づき、もはや日本人の国民病とも呼ばれる肩こりを、国内外で特許取得の科学的技術によって原因から根本治療する一般医療機器です。

効果は肩こりだけでなく、虚血性症状による神経痛の改善事例も報告されています。磁気治療器ではないため、顔にも使用可能。むくみ改善による小顔効果、ニキビ改善などの美肌効果が期待されます。

■仕事中からコリストップで準備を!働く女性の一日に密着

09:00:出勤 元気に「おはようございます」と出勤しているが実は就寝前につけたコリストップが首に…!!


10:00:資料作成中 デスクでパソコンを使って明日の資料の作成!でもよく見ると首にコリストップが…!!


13:00:会議中 真剣に会議しているけど実はコリストップつけちゃってます…!!


15:00:プチ休憩 あ~ちょっと疲れたなあ…でも私コリストップつけてるから大丈夫!!


18:00:退社 18時ちょうどになったので「お先に失礼します」アフター6楽しんできま~す!


仕事中は常に準備時間…仕事も休憩も全てはアフター6のパフォーマンスのために…!
コリストップを使って最高のアフター6を楽しみましょう!

【使い方】
使い方はとても簡単で、直径7.5mmの粒を「コリや痛みを感じる場所」に貼り付けるだけ。
匂い0、刺激0。仕事中も安心して使用できます。血流が流れやすい「睡眠中の使用」がより効果を発揮します。

磁気パッチと見た目は似ていますが、その仕組みは全く異なり、皮膚に直接接触させることによって体内イオンが受容器を刺激し、血流を向上させ、人体が本来持っている回復機能で肩こりの解消を手助けするようです。

日中からコリストップで『モチベーション』『コンディション』『テンション』を整えて、プライベートタイムに最高の『パフォーマンス』を発揮しましょう!



超テロメア企画株式会社



■超テロメア企画株式会社:https://extelimits.co.jp
■MAIL:info@extelimits.co.jp
■TEL:03-6276-5139
■コリストップ:https://coristop.jp/
■お問い合わせ先:超テロメア企画株式会社 コリストップ事業部
■MAIL:info@coristop.jp
■TEL:0798-34-3241
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会