その他 美容・健康

“話を聴くプロ”が東京都でSNSを活用したひきこもり相談を実施

一般社団法人全国心理業連合会
~東京都地域自殺対策強化補助事業に採択~

 日本で唯一の心理カウンセラーの業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(東京都渋谷区、代表理事:浮世 満理子、以下「全心連」)は、東京都が実施する「令和元年度東京都地域自殺対策強化補助事業」に採択され、2019年11月28日(木)~12月11日(水)の2週間、東京都内のひきこもり状態にある本人および家族を対象としたLINEでの相談窓口「ひきこもり生きづらさココロゴトSNS相談」を開設することになりましたのでお知らせします。


■背景・目的
 昨今、ひきこもりに関連するニュースが多く報じられています。内閣府による調査では、ひきこもり状態の15歳~39歳は推計54万1千人いることが明らかになっていますが(若者の生活に関する調査報告書、平成28年9月)、40歳~64歳を対象とした平成30年度の調査(生活状況に関する調査)では、それを上回る推計61万3千人であることがわかっています。また、悩み事に関して「誰にも相談しない」という回答が4割を超え、約3割が「死んでしまいたいと思うことがある」と回答しています。
 令和元年5月28日に川崎市で発生した通り魔殺傷事件、6月1に練馬区で発生した長男の殺害事件では、ひきこもりと事件との関係性が報じられました。ただ、内閣府による調査結果から見ても、ひきこもりは誰にでも起こることであり、特別なことではないことが示唆されます。悩みや苦しみを抱え込む前に、自分のタイミングで相談できる機会があることが大切であり、ひきこもり状態にある方々とご家族について、自殺リスクをキャッチするためにも、相談を促し、現状を把握することは社会的意義のあることと言えます。
 全心連では「話を聴くプロ」であるプロフェッショナル心理カウンセラーが、2014年6月から現在まで、全国で約450名の不登校・ひきこもりの中高校生に対する、訪問型の心理カウンセリングの提供を行って参りました。また、自殺予防を目的とした東日本大震災の心のケア活動においては、平成23年4月から延べ1,000人以上のカウンセラーが約250ヶ所以上の避難所を訪問、平成24年1月以降は自治体が主体となり、保健師・社会福祉協議会職員・精神科医等と連携した自殺予防を目的とした活動を展開してきました。SNS相談においては、平成30年3月、平成31年3月、令和元年度、厚生労働省のSNSを活用した自殺対策事業を受託しております。
 SNSを活用した相談対応は、相談に対するハードルを下げ、気軽に相談を促すことができることがわかっています。川崎市の事件から半年の節目に、東京都内のひきこもり状態のご本人とご家族を対象としたSNS相談および電話相談を試行的に行うことで、現状や対応に関する知見を得て、ひきこもりへの向き合い方を考える一助とすることを目的とします。
ひきこもり生きづらさココロゴトSNS相談
■LINEでの相談窓口「ひきこもり生きづらさココロゴトSNS相談」
 「ココロゴト」は、誰もが安心してカウンセリングを受けることができる空間として、全心連がプロデュース。一例である「ココロゴトcafe」では心理カウンセラーのいるカフェとして、お茶を飲むように誰もが気軽にカウンセリングやセラピーを受けることができます。「ココロゴトSNS相談」という名前には、匿名性の高さを活用したLINEでの相談において、誰でも、気軽に、なんでも話してほしい、という願いが込められています。
 実施に当たっては、LINE株式会社による実施協力のもと、トランスコスモス株式会社によるシステム提供、全心連が相談員提供という形で連携して行います。
実施体制図
(参考情報)
これまでのSNS相談においては、相談終了直後、相談者にアンケートにご協力いただき、満足度として7~8割以上という効果が出ています。

■「ひきこもり生きづらさココロゴトSNS相談」提供概要
期間:2019年11月28日(木)~12月11日(水)、毎日18時から22時(相談受付は21時30分まで)
対象:東京都
担当:話を聴くプロ(全心連公認プロフェッショナル心理カウンセラー)
方法:専用のLINEアカウントを使用し、SNSでの相談を行う。なお、セキュリティが確保されたシステムを使用し、安心してご相談いただける環境にて実施

■「話を聴くプロ」とは?
話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)
「話を聴くプロ」とは、全心連が公認する心理カウンセラーの全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー」の有資格者のことです。現場で役立つプロの心理カウンセラーは、相談者の心の声を丁寧にお聴きし、寄り添い、受け止め、対話を通して心のサポートを行っていきます。相談者を知識で判断することではなく、相談者を受容し、まず、すべてを聴くことが大切であることから、プロフェッショナル心理カウンセラーの愛称として、「話を聴くプロ」という名前をつけました。
 プロフェッショナル心理カウンセラーは各団体で認定を出す心理カウンセラー資格とは違い、プロの心理カウンセラーとして必要な要素を検討し、社会人が心の専門家をめざすことを応援する資格として構築されました。心理学の知識や各種スキル、現場実習実績に加え、社会経験や倫理観、カウンセラー自身の自己成長といったものが総合的に判断されて取得することができます。

■団体概要
一般社団法人全国心理業連合会(全心連)
一般社団法人全国心理業連合会
 心理業の健全な発展と誰もが安心して心のケアサービスを受けられる文化の創造をめざして2010年12月16日に発足した心理カウンセラーの業界団体です。産業・災害対策・福祉等幅広い分野の第一線で活躍している心理カウンセラーや、心理カウンセリング、メンタルトレーニングサービスを提供する企業・団体によって運営され、統一認定資格の制度構築、不適切な基準や表現を行っていると思われる企業への是正勧告等を行っています。
 また、2011年からは、東日本大震災の震災ケアのために「TeamJapan300」というボランティアプロジェクトを立ち上げ、2019年11月現在でも、被災地において自治体への協力のもと、被災者に対する心のケアボランティア活動を継続して行っています。

<活動内容>
◇全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー上級・一般」、「ストレスチェックコンサルタント」の制度構築と運営
◇不適切な基準や表現を行っている企業/団体への是正勧告
◇被災地支援等ボランティアプロジェクト

団体名 : 一般社団法人全国心理業連合会
代表理事: 浮世 満理子
所在地 : 東京都渋谷区渋谷1丁目11番3号3階
URL  : http://www.mhea.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会