自然・環境 その他

沖縄県内初「アイシティecoプロジェクト」 沖縄県中頭郡中城村と協定を締結

HOYA株式会社
使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収活動を開始

 コンタクトレンズ専門店「コンタクトのアイシティ」を事業展開するHOYA株式会社 アイケアカンパニー(事業所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス6F)は、2021年9月1日(水)に、沖縄県中頭郡中城村との『使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収に関する協定』を締結いたします。



https://www.eyecity.jp/eco/

 本件は、SDGsの達成に向けた取組を推進し、住民のみなさんと一緒に、「持続可能な社会」の実現に向け地球にやさしいまちづくりに積極的に取り組んでいる沖縄県中頭郡中城村と、さらなる“循環型社会(リデュース・リユース・リサイクル)の構築”を目指す「アイシティecoプロジェクト」の目的とが相まって締結されました。

 この協定内容は、HOYA株式会社 アイケアカンパニーが行う使い捨てコンタクトレンズ空ケース回収の取組を、中城村が情報発信・回収活動を行い、住民の皆さんに広くプラスチックごみ削減と資源再生の意識を啓発していくというものです。世界で広がっている持続可能なSDGs社会の実現への取り組みに、アイケアカンパニーが少しでも貢献できるよう、これからも「アイシティecoプロジェクト」を推進していきます。

<アイシティecoプロジェクトについて>
 「アイシティecoプロジェクト」は、リサイクルが可能な使い捨てコンタクトレンズの空ケースを対象に、全国のアイシティ店舗に専用ボックスを設置して回収するリサイクル活動です。3つの社会貢献(1.空ケースの再資源化による環境保全、2.障がい者の自立・就労支援、3.日本アイバンク協会への寄付)へとつないでいくことを目的として、2010年より業界初のこの活動をスタートし、今年で活動期間は11年目を迎えました。
 活動開始以来、多くの団体様、自治体様、お客様にご賛同とご協力をいただきながら、幅広く回収活動を行っています。購入店舗やメーカー問わず回収した後はリサイクルメーカーに売却。その収益を公益法人日本アイバンク協会に寄付し、視力を再び取り戻したいと願う方々のために役立てています。しかし、年間約5,000トンが未だゴミとして処分されているのが現状です。その為、今後も、より多くの方々にご協力いただきながら、社会貢献活動の輪を広げていけるよう、取り組んでまいります。

現在の参加団体数】※回収活動にご協力いただける団体様を随時募集しております。
学校1,776校(小・中・高・大学・専門含む) 企業742社2,025拠点(事業所・支店含む) 自治体93拠点(公共施設含む)
※2021年7月時点

【回収量と寄付金額】
累計409.47 t(コンタクトレンズ空ケース約4億9百万個分) ※2021年7月時点
累計1134.25 t-co2(東京ドーム67.9個分)の二酸化炭素の削減に貢献 ※2021年7月時点
累計寄付金額9,741,238円 ※2021年7月時点

以下のとおり協定を締結し、使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収活動を推進いたします。

【概要】
1. 協定の名称   
『使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収に関する協定』

2. 協定締結日   
2021年9月1日(水)
※新型コロナウイルス感染拡大防止を鑑み、締結式は実施しておりません。

3. 回収拠点   
中城村役場1F


4. 役割分担
・沖縄県中頭郡中城村
 ⇒事業の周知・適正排出の広報
 ⇒回収した空ケースの収集・運搬(郵送)

・HOYA株式会社 アイケアカンパニー
 ⇒回収資源の管理

■HOYA株式会社 アイケアカンパニーについて

「ライフケア」「情報・通信」の分野で、国内外トップクラスのシェアを多数持つHOYA株式会社の中心事業のひとつでコンタクトレンズ専門店「コンタクトのアイシティ」を展開しています。世界有数の企業であるHOYA株式会社の強固な経営基盤をもとに、アイケアカンパニーは着実な成長と大きなチャレンジの両方を成し遂げています。

■会社概要
会社名/事業部名 : HOYA株式会社 アイケアカンパニー
事業部所在地 : 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス6F
事業内容 : コンタクトレンズおよびコンタクトレンズ付属品の販売
アイシティ店舗数 : 345店舗(2021年9月1日現在)
URL : https://www.eyecity.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)