医療・医薬・福祉

日本ストライカー「AXS Offset デリバリー アシスト カテーテル」をC1(新機能)区分として保険収載

日本ストライカー株式会社
日本ストライカー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:水澤 聡)は、脳卒中などの血管内手術で使用するカテーテルを標的部位へスムーズに到達させる「AXS Offset(アクセス オフセット) デリバリー アシスト カテーテル」が2021年9月1日に区分C1(新機能)にて保険収載されたことを受け、順次販売を開始します。





脳血管内の治療にはアクセス製品と呼ばれる様々なカテーテルが用いられます。「AXS Offset デリバリー アシスト カテーテル」の先端部は、段階的に太さや硬度が異なるしなやかな紡錘状のシャフト(バルブ構造)になっており、これが大口径カテーテルと接することで段差(レッジエフェクト)を軽減します。血管内の屈曲部ならびに分岐部においても、アクセス製品をスムーズに挿入できるようにサポートする機能が評価され、保険医療材料の区分において「新機能」にあたるC1として保健収載されました。

当社では「AXS Offset デリバリー アシスト カテーテル」を含む各種アクセス製品を通じて脳血管内疾患に対するソリューションを提供しています。今後も幅広い医療機器の提供を通じて医療の向上に貢献してまいります。


■日本ストライカー株式会社について
整形外科、外科、脳神経外科、脳血管内科、耳鼻科、口腔外科、形成外科、泌尿器科等、様々な診療科目で使用される医療機器を取り扱うグローバル企業、ストライカーコーポレーションの日本法人です。ストライカー社は米国ミシガン州に本拠地を置き、世界75カ国以上で事業を展開しています。当社製品は、人工膝関節や人工股関節、骨折治療や脊椎用のインプラント製品をはじめ、脳血管内治療用の製品、内視鏡、手術器械、無影灯や画像統合システム等の手術室関連製品、ベッドやストレッチャー、体外式除細動器、自動心臓マッサージシステムなどの循環器救急医療領域の製品など多岐にわたります。詳しくはwww.stryker.com/jpをご覧ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
販売名: AXS Offset デリバリー アシスト カテーテル
一般的名称: 中心循環系ガイディング用血管内カテーテル
医療機器承認番号: 30300BZX00043000
高度管理医療機器
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)