広告・マーケティング その他

シニア女性は見た目維持に「食事が大切」という強い意識~プレシニア・シニア層の見た目への意識調査~

株式会社アスマーク
年を重ねるほど、若くみられるのが一番嬉しい

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、55~79歳男女を中心(比較対象で30代・40代男女を回収)に「プレシニア・シニア層の見た目への意識調査」を実施し、その結果を11月18日に公開しました。 ※調査日は2019年10月28日(月)~2019年10月29日(火)です。


【 調査結果 】
外見・見た目は、いくつ歳を重ねても多くの方が気にするもの。年齢とともに見た目・外見が崩れやすくなる中で、プレシニア・シニアはどのように「外見・見た目」を維持しているのでしょうか。そこで今回は、「運動」「ファッション」「食」「悩み」など様々な視点で見た目・外見を維持するための行動や意識を明らかにすべく、以下の調査を実施しました。
※本調査では、55~64歳をプレシニア、65~79歳をシニアと定義づけています。

< トピックス >


年を重ねるほど、若くみられるのが一番嬉しい
65歳以上の女性は、見た目維持に食事が大切という強い意識を持つ
女性55歳以上は「オーガニック」に強い関心を示す


< 理想の自分 >
■年を重ねるほど、若くみられるのが一番嬉しい

男女とも65歳後半~79歳は「若々しく気品がある」と思われることに喜びを感じる。
また、男性より女性の方が求める自分像を持っている。

Q.あなたが他の人に言われたい言葉・思われたいことについて、以下の中からあてはまるものをひとつお知らせください。(1つ選択)

理想の自分


< 見た目への志向性 >
■65歳以上の女性は、見た目維持に食事が大切という強い意識を持つ

全体的に女性の方が見た目への意識が高い。特に65歳以上の女性は「見た目を保つために食事も大切」と考える人が多数を占め、「憧れの存在でいたい」「お金投資でできる限り若くいたい」という想いも強い。

Q.見た目への意識について、あなたのお考えや行動にあてはまるものを以下の中からそれぞれお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

見た目への志向性


< 食に関するキーワードへの認知・興味 >
■女性55歳以上は「オーガニック」に強い関心を示す

女性は多くの食材の認知・興味が高く、その中でも55歳以上の女性は「オーガニック」に対して好反応。また、55歳以上女性は「大豆ミート」が高く、低脂質・低カロリー・たんぱく質をおいしく摂取したいという意向がみられる。

Q.「食」についておうかがいします。以下の中から、名前は聞いたことがあるもの、どのようなものか知っている、興味があるものをそれぞれお知らせください。(それぞれ複数選択可)


食に関するキーワードへの認知・興味(認知).png


食に関するキーワードへの認知・興味(興味)


【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/examine/ex201911senior-look.html
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・基本属性(性別、年代、居住地、婚姻状況、職業)
・外見・見た目への気遣い度
・見た目への悩み・気になっていること
・見た目への意識・志向性
・生活の充実度
・見た目のために行っている運動(習慣的に行っている運動、使用金額)
・ファッション(購入頻度、ファッション選択時の好み、使用金額)
・見た目のために食分野で行っていること
(見た目のためにお金をかけて行っていること、使用金額、食分野キーワード興味)

【 調査概要 】
調査名  :プレシニア・シニア層の見た目への意識調査
調査対象者:55~79歳男女を中心として、比較対象で30代・40代男女を回収
      ※この調査では55歳~64歳をプレシニア、65歳~79歳をシニアと定義づけています。
有効回答数:900ss
割付   :性別年代均等
調査期間 :2019年10月28日(月)~2019年10月29日(火)
調査方法 :インターネット調査
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会