医療・医薬・福祉 美容・健康

【岡山大学】機能性色素NK-4の網膜視細胞の保護効果を発見!

国立大学法人岡山大学

2021(令和3)年 8月 31日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/



<発表のポイント>


岡山市の株式会社林原(NAGASE グループ)が製造する機能性色素NK-4は、生理機能を有するシアニン色素で、一般用医薬品(第3類医薬品)「錠剤ルミン(R)A」の有効成分クリプトシアニンO.A.コンプレックスの主成分として知られています。
網膜色素変性のモデルラット(RCSラット)でアポトーシスによる網膜視細胞死を抑制する神経保護作用がNK-4にはあることを見出しました。
メッセンジャーRNA(mRNA)の網羅的発現解析(RNA-Seq)の結果、NK-4の視細胞保護作用には過酸化を抑制する金属イオンの代謝経路などが関与することが明らかになりました。



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)の学術研究院ヘルスシステム統合科学学域(医)生体機能再生再建医学分野(眼科)の松尾俊彦教授、同大学院ヘルスシステム統合科学研究科の劉詩卉研究員、同学術研究院医歯薬学域(医)脳神経機構学分野の宮地まり助教および細谷修助教は、岡山市の株式会社林原が製造するNK-4の視細胞保護作用を調べました。NK-4を網膜色素変性のモデルラット(RCSラット)の眼球の硝子体内に注射すると、本来なら死滅する網膜の視細胞が死なないことを見つけました。

 その分子機構を明らかにするため、NK-4を眼球に注射した網膜組織と対照液を注射した網膜組織のメッセンジャーRNA(mRNA)の発現を網羅的に調べました。その結果、金属イオンの代謝経路などが視細胞死の抑制効果に関与していることが分かりました。

 この研究成果は、2021年7月19日、スイスの薬学誌「Pharmaceuticals」に掲載されました。

 NK-4は、一般用医薬品「錠剤ルミン(R)A」の有効成分クリプトシアニンO.A.コンプレックスの主成分で安全が確認されており、長年使用されてきました(1951年発売)。網膜色素変性など変性疾患には治療薬がなく、NK-4は疾患の進行を遅らせて視力を維持する医薬品の候補になると期待されます。

A. NK-4の化学構造  B. ラット眼球へのNK-4硝子体内注射  C. 対照(control)ではアポトーシス死細胞(緑)が多いが、NK-4注入眼では死細胞がない  D. NK-4投与で活性化される代謝経路


◆松尾俊彦教授からのひとこと
 劉詩卉さんが医学系の宮地まり先生、細谷修先生に組織染色やメッセンジャーRNAの網羅的発現解析などを教えてもらいながら完成した研究です。
 2018年~2020年の3年間、学術研究院自然科学学域の内田哲也准教授が代表を務めた「特別電源所在県科学技術振興事業補助金(岡山県)」の分担研究の成果です。
 岡山の地の利を活かして、多くの研究者の協力で網膜神経変性を遅らせる治療薬を実現していきたいと思います。
松尾俊彦教授と劉詩卉研究員(右)

◆論文情報
 論 文 名:The effect of cyanine dye NK-4 on photoreceptor degeneration in a rat model of early-stage retinitis pigmentosa.
 掲 載 紙:Pharmaceuticals
 著  者:Shihui Liu, Toshihiko Matsuo, Mary Miyaji, Osamu Hosoya
 D O I:https://doi.org/10.3390/ph14070694
 https://www.mdpi.com/1424-8247/14/7/694


◆詳しいプレスリリースについて
 機能性色素NK-4の網膜視細胞の保護効果を発見!
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r3/press20210831-4.pdf


◆参 考
・岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科(岡山大学病院眼科)
 http://okayama-u-opth.jp/
・岡山大学病院
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/
・株式会社林原(NAGASE グループ)
 https://www.hayashibara.co.jp/




◆本件お問い合わせ先
<研究開発に関するお問い合わせ先>
 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科(岡山大学病院眼科) 教授 松尾俊彦
 TEL:086-235-7297(眼科医局)
 E-mail:matsuot◎cc.okayama-u.ac.jp
  ※◎を@に置き換えて下さい。

<岡山大学の産学連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学連携・知的財産本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
  ※◎を@に置き換えて下さい。
 TEL: 086-251-8463
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年9月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000237.000072793.html

 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html
 岡山大学「THEインパクトランキング2021」総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)