企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

ライフログデータをもとに栄養・運動指導ができるスマートフォンアプリサービス「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」をリリース

avivo株式会社
―治療中断者の抑制に。医療機関や薬局などでも活用される、ハイブリッド型指導者向けサービス―

医療サポートや健康経営の支援サービス・コンサルティング事業を展開するavivo株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:降籏大祐、以下「avivo」)は、食事・運動・体重管理アプリケーション「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジー株式会社(東京都中央区、代表取締役:棚橋繁行、以下「ライフログテクノロジー」)と、「kickake(R)(キッカケ)カロミル」に医療機関・薬局・ジム・特定保健指導などの指導者向け機能を追加したオリジナルコンテンツ「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」をリリースしたことをお知らせします。





栄養価計算にかかる工数を99%削減!

「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」は、医療機関、薬局、ジム、企業の特定保健指導や食事指導など、指導者の負担を軽減できるさまざまな機能が搭載されています。
これまで食事・運動などの指導に対して、正しい聞き取りが難しい、継続してもらえない、面談の時間が取りづらいなどの課題がありました。「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」を利用することで、これらの課題を解決。指導者の大幅な工数削減とともに、利用者にとっても楽しみながら継続できるしくみを取り入れています。
良かった点もAIがアドバイスするなど、ポイントランキング機能と合わせて利用者のモチベーションを高めることで、治療中断の抑制も期待されます。




指導者・利用者に嬉しいサービスの特徴

<指導者側のメリット>
1. 食事・栄養指導がオンラインで完結、リアルタイムで食事内容を把握(AIがサポート)
2. 栄養計算にかかっていた時間をゼロに
3. アプリで顧客接点の構築、直接面談していない利用者とも接点を持つことができる
<利用者側のメリット>
1. 簡単記録のカロミルと繋げるだけの手軽さで継続しやすい
2. ポイント取得やランキングで楽しみながら記録できる
3. 直接訪問することなく、アプリ上で指導者のアドバイスを受けられる


健康づくりの最新ノウハウ×革新的AI技術でニーズに対応!

医療サポートや健康経営のコンサルティングをおこなうavivoの強み・ノウハウと、ライフログテクノロジーの革新的なAI技術が一体に。
「kickake(R)(キッカケ)カロミル」を進化させ、新たに指導者向けのオリジナルコンテンツとして開発されたのが「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」です。スマートフォンアプリを活用し、指導者・利用者の双方に寄り添ったサービスで健康をサポートします。

◎「kickake(R)(キッカケ)」とは
avivoの健康支援サービスブランド「kickake(R)(キッカケ)」は、健康を身近に感じられる社会を目指し、そのキッカケとなるコンテンツとして、全国対応の各種セミナー、健康動画配信サービス、オンラインイベントなどを提供しています。
avivoでは、医療機関や企業、健康保険組合の方々の健康状態や身体機能、運動機能、メンタル面の課題抽出からコンテンツ提供まで、ワンストップサービスにてヘルスリテラシー向上を促進。経験(Know-how)や工夫を凝らしたアプローチ(Idea)そしてプロフェッショナル連携(Evidence)を活かし、さまざまなソリューションを提供しています。
※ kickake(R)は avivoの登録商標です。

◎「カロミル」とは
食事・運動・体重管理アプリです。食事記録に関しては、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって栄養素を割り出し自動で登録します。カロリーだけでなく、たんぱく質、脂質、炭水化物、糖質、食物繊維、塩分、ビタミン、ミネラルの計算・記録もできるので、ダイエットのみならず、栄養バランスをみた健康管理が可能です。料理解析品目数・解析精度は業界NO.1(当社調べ)。また、食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、「健康のトータルマネジメント」を実現しています。新規登録数も昨年と比較して約3倍のペースで伸び、会員数は110万人を超えています(2021年8月時点)。


「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」のサービス内容



1.食事 2.歩数 3.体重記録 4.動画閲覧5.血圧+血糖値記録 が可能。コメント記入とメッセージ送信で、指導履歴の管理もおこなえます。

1.食事
写真1枚で毎日の食事を記録。AI技術を駆使したアプリ「カロミル」を活用することで、写真から自動で栄養素を割り出し簡単に食事内容を登録できます。食事記録をするストレスも少なく、簡単に食事内容の振り返り・見直しができます。
2.歩数
スマホと連動させ簡単に歩数を記録することが可能です。FitbitやGarminなどの各種デバイスとの連携も可能で、ユーザーそれぞれの環境に合わせて歩数確認ができます。
3.体重記録
体重計の測定結果を写真撮影するだけで簡単に体重・体脂肪などを記録できます。また、高い精度のAI技術を駆使することにより、体重予測も可能に。食事を中心とした記録の傾向から、未来の体重を予測します。
4.動画閲覧
運動・癒やし・栄養・美容・睡眠などの健康動画を、アプリ上で閲覧することができます。その他、医療機関や指導者の動画も配信することが可能です。
5.血圧+血糖値の記録
血糖値測定器、血圧計の測定結果を写真撮影するだけで、メーカー・機種問わず簡単に記録できます。

「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」では、歩数・食事記録・体重記録・動画閲覧を通してポイントを獲得できます。ランキング表示は、ニックネームでもOK!
チーム機能を使って、チーム対決でイベントをおこなうことも可能です。
鼓舞しあえる環境づくりやアプリ上でのメッセージなどで、利用者がモチベーションを維持しながら取り組むことができます。


「kickake(R)(キッカケ)カロミルplus」導入事例の紹介

糖尿病・甲状腺とみなが内科様(2021年10月オープン)
富永隆史院長

■導入の経緯
新しく医療機関を開設するにあたって、多くの内科クリニックが抱える無理のない「治療の継続」という課題の克服について考えていました。
自覚症状のない糖尿病にとって、継続的な治療は忙しい現代人にはとても難しいです。
そんな中、「写真を撮るだけ」というハードルの低さと、幅広いコンテンツを通じた ”ゲーミフィケーション” の要素を備えた「kickake(R)カロミルplus」を知りました。
一般的に、管理栄養士の栄養指導は専門性が高いため一般の方にはなかなか内容が咀嚼しづらい傾向があります。
そのため、より身近に、より楽しく食事と栄養の話ができる本命ツールとして本サービスを導入することを決定しました。
本サービスを通じて来院者の満足度をどこまで高めることができるかを追求していきたいと考えています。

■クリニック概要
名称:糖尿病・甲状腺とみなが内科
所在地:〒464-0076 愛知県名古屋市千種区豊年町14番4号
代 表:院長 富永隆史
設 立:2021年10月
診療科目:糖尿病内科、内分泌内科、漢方内科、内科
診察日:月曜日・火曜日・水曜日・金曜日・土曜日
休診日:日曜日・木曜日・祝日
電話番号:052-711-5100
URL:https://tominaga-naika.net/

糖尿病・高血圧症・脂質異常症を中心に、一般的な内科疾患、甲状腺疾患、肥満症、漢方診療などに幅広く対応し、和モダンテイストの落ち着いた空間で「何でも相談できる地域のクリニック」を目指す。
糖尿病については、専用の栄養相談室を設けて管理栄養士による栄養指導に力を入れる。
また、毎日の食事や体重計などの写真を撮るだけで手軽に健康管理ができる “カロミル” を導入し、薬物療法だけに偏らない新しいインタラクティブな食事療法、運動療法を提供していく。
名古屋市営地下鉄今池駅から徒歩10分、大通りに面した薬局の2階フロアにオープン。駐車場は薬局と共用で55台完備。


【会社概要】
商号   : avivo株式会社(健康経営優良法人2021 ブライト500認定取得)
代表者  : 代表取締役 降籏大祐
所在地  :(本社)愛知県名古屋市東区徳川2-24-3
      (東京オフィス)東京都港区南青山2-27-28-1101
≪ 事業内容 ≫
・健康経営サポート及び健康経営優良法人認定取得サポート
・健康支援サービス業及びそれに伴うコンサルティング業
・歯科事業に関する業務の実施、請負及びコンサルティング業
・セミナーやイベントの企画及び運営、運動、栄養指導
・医療機器及び健康機器の販売
・施術所の運営
・電子機器、情報通信機器、家電、雑貨、食品、事務用品の企画・販売及び輸出入
URL: https://avivo.co.jp/


商号   :ライフログテクノロジー株式会社(Life Log Technology, Inc)
代表者  : 代表取締役 棚橋繁行
所在地  :東京都中央区日本橋三丁目2番14号 新槇町ビル別館第一 1階
≪ 事業内容 ≫
・ライフログ事業
健康管理アプリ「カロミル」
・技術開発
機械学習を応用したアプリケーション
機械学習の研究開発
URL:https://www.calomeal.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)