暮らし 美容・健康

【20~30代花嫁2574人が回答】結婚準備をきっかけにブライダルヨガに興味を持った女性は約7割という結果に!ドレス着用する上で、花嫁が気になる体の部位は…?

冒険社プラコレ
ウェディングドレスを着用する上で気になる部位は 3位『バスト』2位『背中』1位は…?

花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY」を運営する、冒険社プラコレ(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:武藤功樹)は、20代30代の花嫁インスタユーザー2574人を対象に「ドレスを着用する上でのコンプレックス」に関する実態調査を実施いたしました。


--------------------------------------------------------------------------------------------
■まとめ
20~30代花嫁インスタユーザー2574人が回答した「ドレスを着用する上でのコンプレックス」について。
・ドレスを着用する上で気になる箇所は1位『二の腕』2位『背中』3位『バスト』という結果に。
・結婚準備をきっかけにブライダルヨガに興味を持った女性は全体の7割に。
・DRESSY記事ではおうちでできるトレーニング内容も掲載。
--------------------------------------------------------------------------------------------
プラコレは、「自由な未来をつくる」という経営理念のもと、Instagramのストーリーズを活用し、リアルな花嫁様の本当の声を収集。その声から本当に知りたい情報を発信しています。ブライダル業界のSNSリーディングカンパニーとして「自由な結婚式をつくる人を増やす」をサービス理念に、ユーザーだけでなく、ブライダル業界で働く人たちのお給料をあげられるような業界改革を熱量もって推進しているチームです。



ドレスを着用する上で気になる箇所は1位『二の腕』2位『背中』3位『バスト』。


プラコレが2574名の花嫁に向けて実施した『ドレス着用における気になる部位』に関するアンケートでは、多くの女性がウェディングドレスを着用する上でのコンプレックスを回答いただき、1位『二の腕』 2位 『背中』 3位
『バスト』という結果となりました。世の花嫁たちのコンプレックスは、回答者からは「私も大人になればなるほど、二の腕が気になってきて最近はノースリーブはなかなか勇気が出ない」「ウェディングドレスをはいつも出ないような体のラインや背中が出るので気になります」「バストが開いてるウェディングドレスは不安なので、ネックラインは隠れているものを選ぶ予定です」などの声があがりました。



結婚準備をきっかけにブライダルヨガに興味を持った女性は全体の7割。

そんな中、ウェディングドレスを着用する上で、気になるコンプレックスを改善する為の方法として令和花嫁の特徴として『ブライダルヨガ』をするという声が上がっており、今回プラコレのアンケートに答えた2574名のうち、全体の71%がブライダルヨガに興味があると回答しています。



コロナ禍ということもありおうちでもトレーニングができる「ヨガ」に興味を持つ花嫁が多くおり、回答者からは「ブライダルヨガ、興味あります!」「興味があるけどどこでやっているのか分からない。家の近くあるのかな?」「結婚準備中です。ヨガはやっていますが、ブライダルヨガはやっていません。気になります!」という声が多くあがりました。

ブライダルヨガとは...?





コンプレックスを改善するには姿勢が重要!?

実はウェディングドレスを美しく着こなす為には、体の部位だけではなく、トータルで【姿勢】を整える必要があるんだとか。地球には重力がある為、そもそも姿勢が前に落ちやすく、姿勢を保つためには重力に負けない、身体を引き上げる必要があります。その為には骨盤、胸、肩、首の骨の位置を整え、筋力をつけていく必要があり、結婚準備において「ダイエット」で体重を落とすのではなく「ブライダルヨガ」で体幹を鍛えることを選択する花嫁が増加傾向に。DRESSY記事ではBridesmaid TOKYO ブライダルヨガ講師のMayukaさんにお話を伺い、アンケートで花嫁がコンプレックスと回答した『二の腕』『背中』『バスト』の3つの部位にフォーカスしたおうちで出来るトレーニングをご紹介。記事で確認してみてください。

【DRESSY記事】https://dressy.pla-cole.wedding/hanayomebiyo-bridalyoga/



——————————————————————————-
[調査概要]
表題:「ドレスを着用する上でのコンプレックス」に関する実態調査
調査会社:冒険社プラコレ(https://pla-cole.co/)
調査主体:PLACOLE&DRESSY(https://dressy.pla-cole.wedding/)
調査方法:Instagram ストーリーズ
調査期間:2021年7月12日~8月15日
有効回答:2574名
(※転載可能ですが記載URLのリンクをお願いします)
———————————————————————————


PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー とは

冒険社プラコレは2015年11月2日に会社設立し、2015年12月より「PLACOLE WEDDING」をスタート、ブライダル業界で初めて「チャットサービス」を開始し、現在では全国でサービスを展開。従来の結婚式場を検索するサービスとは一線を画し、プランナーさんとweb上でつながる「webチャットプラットフォーム」として、SNSや口コミを中心に広まり、2021年9月現在では、会員登録数が12万組を突破しました。
具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信します。また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、2000名を超える結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能です。

チャットひとつで全ての悩みが解決できる「PLACOLE WEDDING」には、ご利用者様の50%が他媒体を利用せずPLACOLEWEDDINGのみ利用、また、NPS調査でも70%以上のユーザーが友人に勧めたいと回答いただきました。運営側が驚くほど、毎日たくさんの"ありがとう"の声を頂けるサービスになりました。
2021年9月現在、月間4000組以上のカップルが新規会員登録、合計2000名以上のウェディングプランナーが登録し、導入会場数は1120会場を越え、ブライダル業界初のチャットコミュニケーションメディアとして、独自の立ち位置を確立しています。公式運営するFacebook、Twitter、Instagramでは合計フォロワー数は51.08万人をを超えました。自社メディア『DRESSY』や『美花嫁図鑑farny』なども運営し、合計PV数は月間250万PVを突破! 高級ウェディングドレスが最大90%OFFで購入できる通販サイト"DRESSYONLINE"も展開しています。上記のサービスや、その他、結婚式にまつわる情報やサービスをまとめた花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー」は2021年9月時点で累計20万ダウンロードを突破しました。

また、「時間と場所の自由」を推進するべく2021年5月「Remorks(リモークス)」のサービスをスタート。新しい働き方として、『Remorks(リモークス)でつながり、全国どこでも働ける場所の自由を提案し、在宅やオフィス、様々な場所で働くハイブリッドワーク』を推進しています。

【プラコレ会社概要】
社名:冒険社プラコレ
URL:https://pla-cole.co/
所在地:神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目3-2
設立:2015年11月2日
代表取締役CEO:武藤功樹
事業内容:PLACOLE&DRESSYの運営、EC事業、SNS運営

冒険社プラコレでは「働く場所の自由化」をテーマに、『オンラインで繋がりながら、オフラインでは自由な場所で働く』という働き方の多様性を追求。「webが本社」として、社員全員がPCを1つ所有し、北海道から沖縄まで 日本中様々なエリアで、どんな場所でも働くことができる会社です。 また、2021年1月には、鎌倉由比ヶ浜に「リゾートオフィス」2月は横浜に「撮影スタジオ 兼 オフィス」を開設、都内では六本木、恵比寿、青山など様々なエリアにて「コアワーキングスペース」を利用し、自宅で働くだけではなく、それぞれが好きな場所で「時間と空間にとらわれない」働く環境づくりに取り組んでおります。

【運営サービス】
◎PLACOLE WEDDING
https://pla-cole.wedding/
◎DRESSY byプラコレ
https://dressy.pla-cole.wedding/
◎美花嫁図鑑 farny
https://www.farny.jp/
◎DRESSY ONLINE
https://weddingdress.pla-cole.wedding/
◎PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー
IOS:https://apple.co/36TUIy0
Android:https://bit.ly/3gaeN6t
◎Remrks(リモークス)
https://remorks.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)