流通 美容・健康

11月29日(金)は「いい筋肉の日」(※)いまや筋肉=マッチョだけではない!筋肉をつけると身体だけでなく「心」にもハリが出ることが判明!~いい筋肉づくりのカギは、植物性×動物性の“ダブルたんぱく”~

キューサイ株式会社
これから年末に向けて、クリスマスや忘年会などのイベントが増え、楽しみが多い季節を迎えます。しかし、師走という忙しい時期でもあり、運動や食事管理が思うようにできず身体のたるみが気になる方も多くなるのではないでしょうか。たるみのない美しいカラダづくりには筋肉が欠かせません。そして、筋肉を効率的に増やすためには、材料となるたんぱく質の摂取が必須です。 キューサイ株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:神戸 聡)は11月29日(金)「いい筋肉の日」(※)に合わせて、全国に住む20代~50代の女性600名を対象に、筋肉とたんぱく質に関する意識調査を実施しました。今回の調査では、筋肉に関するイメージや、筋肉づくりのための運動習慣、筋肉に欠かせない「たんぱく質」摂取への意識を調査しています。 今後もキューサイは商品やサービスを通じて、皆さまの健康・美容、そしてしなやかな生き方へ寄与できるよう、取り組んでまいります。


※いい筋肉の日…もともと“29日金曜日”が「筋肉を考える日」として制定されており、2019年は11月に29日(金)となるため、“11(いい)月の金(筋)曜日が29(肉)日”=「いい筋肉の日」となっています。

*貴媒体にて本調査の内容およびデータをご使用になる場合は【キューサイ調べ】と出典の明記をお願い申し上げます。

【調査結果まとめ】

I.筋肉の“イメージ”といえば「マッチョ」が断トツ!
◇筋肉のイメージはマッチョが73%と断トツでトップ
◇筋肉でイメージする有名人 1位「武田真治」、2位「なかやまきんに君」

II.筋肉ブームといわれる一方、実は筋肉を増やすための運動をしている人は30%程度
◇「運動を継続している人」は、約70%が効果を感じている

III.感じている効果は「身体が引き締まった」を抜き「心への効果があった」がトップに!
◇1位「心への効果があった」、2位「身体が引き締まった」、3位「筋肉量が増えた」

IV.運動を継続している人の3人に2人が、たんぱく質を意識して摂っている
◇「植物性も動物性もどちらも摂る」と答えた人は全体と比較して約2倍

●監修コメント:花房 火月先生(医療法人社団清優会 理事長)
『たんぱく質の摂取は筋肉だけでなく肌・爪・髪などの美容にも寄与します。
植物性・動物性たんぱく質を同時に摂る“ダブルたんぱく”を心掛けましょう』

I.筋肉の“イメージ”といえば「マッチョ」が断トツ!

◇筋肉のイメージはマッチョが73%と断トツでトップ
『筋肉のイメージ』について聞いたところ、「マッチョ」が73%と断トツでトップ、続いて2位「健康(33.7%)」、3位「ボディメイク(23.3%)」という結果になりました。

◇筋肉でイメージする有名人 1位「武田真治」、2位「なかやまきんに君」
また、『筋肉でイメージする有名人』について聞いたところ、1位「武田真治(62.7%)」、2位「なかやまきんに君(56.8%)」3位「春日俊彰(オードリー)(42.2%)」という結果となりました。肉体がたくましい方や、筋肉美を誇る方が多く挙がり、やはり筋肉=マッチョというイメージが強いことが分かりました。



II.筋肉ブームといわれる一方、実は筋肉を増やすための運動をしている人は30%程度

『過去2年の間に、筋肉を増やすために何らかの運動を行ったか』を聞いたところ、行ったと答えた人は28.8%でした。筋肉ブームといわれる昨今ですが、実際に筋肉を増やすための運動をしている人はそこまで多くないということが明らかになりました。

◇「運動を継続している人」は、約70%が効果を感じている
しかし、「運動を継続している人」に対して「何らかの効果を感じたか」を聞いたところ、「効果を感じた」と答えた人は約70%と高い結果となりました。“継続は力なり”という言葉もありますが、続けた人はしっかりと効果を感じているということが伺えました。




III.感じている効果は「身体が引き締まった」を抜き「心への効果があった」がトップに!

◇1位 「心への効果があった」、2位 「身体が引き締まった」、3位 「筋肉量が増えた」
『筋肉を増やすための運動により、どのような効果を感じたか』を聞いたところ、1位 「心への効果があった(58.3%)」、2位 「身体が引き締まった(55.8%)」、3位 「筋肉量が増えた(38.3%)」という結果となりました。
心への効果では、「ストレスを感じにくくなった」「充足感を得るようになった」と感じている方が多く、筋肉を増やすための運動は身体に対してだけでなく、「心」への効果も高いことが浮き彫りになりました。



IV.運動を継続している人の3人に2人が、たんぱく質を意識して摂っている

『筋肉づくりに欠かせない「たんぱく質」を普段の食事で意識して摂るようにしているか』を聞いたところ、運動を継続している人の約70%が「意識して摂るようにしている」と回答しました。




◇「植物性も動物性もどちらも摂る」と答えた人は全体と比較して約2倍
『たんぱく質を摂る際にどの食品から摂るようにしているか』を聞いたところ、運動を継続している人は全体と比べて「特に意識していない」と答えた方の割合が大きく減少したほか、「植物性も動物性も、どちらのたんぱく質も積極的に摂るようにしている」と答えた人が下のグラフが示す通り、17.3%⇒33.9%と約2倍という結果となりました。
このことから、継続的に運動をしている人は、たんぱく質を摂るだけでなく、たんぱく質の“種類”や“摂り方”も意識しており、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質のどちらも積極的に摂っていることが分かりました。


監修コメント:花房 火月先生(医療法人社団清優会 理事長)

『たんぱく質の摂取は筋肉だけでなく肌・爪・髪などの美容にも寄与します。
植物性・動物性たんぱく質を同時に摂る“ダブルたんぱく”を心掛けましょう』




今回の調査結果では、筋肉量を増やすことを目的に運動した方の多くが、身体や顔が引き締まったことや痩せた・痩せやすくなったことを実感しています。筋肉量を増やすことは、健康だけでなく肌や髪などの美容にも大きく寄与します。筋肉量が増加することで、全身の血流が良くなり代謝が高まるため、肌の血色やつやが改善され、髪は地肌の血行が良くなることで、美しい髪を作る土台が形成されます。
さらに今回の調査結果では、運動により心の充足感を得た方が多いことも印象的です。筋肉量を増やすことで肌や髪のハリが出て美しさが高まれば気分も高まるため、それが結果的に心の充足感にもつながったといえるのではないでしょうか。

筋肉量を増やすためには、日常生活の中で、たんぱく質を積極的に摂取することが大切です。今回の調査では、全体と比べて運動を継続している人の多くが、たんぱく質を摂取する際「どの食品からたんぱく質を摂取するか」を意識し、また「植物性と動物性のたんぱく質のどちらも積極的に摂るようにしている」方が多いことが分かりました。このように、たんぱく質の摂取は、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質をバランス良く摂取する「ダブルたんぱく」が効果的です。
ホエイたんぱく質(動物性たんぱく質)は筋肉合成を高め、大豆たんぱく質(植物性たんぱく質)は筋肉減少を抑制することが研究で確認されており、両方を同時に摂ることで相乗効果が期待できます。男性よりも加齢による筋肉減少率が高いといわれる女性にとって、「ダブルたんぱく」は効率的な筋肉づくりのカギといえるでしょう。

<花房 火月(はなふさ ひづき)先生プロフィール>
医療法人社団清優会 理事長
三鷹はなふさ皮膚科、新座はなふさ皮膚科、国分寺駅前はなふさ皮膚科、久我山はなふさ皮膚科、志木はなふさ皮膚科

東京大学医学部医学科卒業後、癌研有明病院や東京大学医学部附属病院、NTT関東病院などでの研修を経て、2011年に三鷹はなふさ皮膚科を開設。その後、新座、国分寺、久我山、志木にも開院。一般的な皮膚疾患から難治性の皮膚疾患、さらにシミ・シワなどの美容皮膚科分野まで取り組む。傷痕が目立たない皮膚外科手術にも定評あり。2015年、ジャパンタイムズ紙による「アジアの次世代リーダー100人(100Next-Era Leaders IN ASIA2015-2016)」に選出される。

<調査概要>
・調査対象:全国の20代~50代の女性
・サンプル数:600名
・実施期間:2019年10月16日(水)~10月17日(木)
・調査方法:インターネットリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会