美容・健康 流通

ヒューストンのオールナチュラルなヘアケアブランド『O'Douds』から髪と頭皮のコンディションと健康を保つ ヘアー・スカルプオイルが発売

BLAGK Inc.
9月1日より公式オンラインストアで発売開始。また9月4日より伊勢丹メンズ館でもお取り扱いスタート。

BLANGK Inc.(本社:京都市、代表取締役:大野木徹)は、輸入総代理店を務めるヘアケアブランド『O'Douds』(拠点:テキサス・ヒューストン)のヘアオイルの発売を開始しました。公式オンラインストア・伊勢丹メンズ館・全国のお取り扱いヘアサロンで順次発売を開始致します。



植物由来成分のみに拘りオールナチュナルな原材料で作られたジェンダーレスで使えるヘアケアプロダクトを展開している"O'Douds"。本国アメリカで発売していたヘアオイルの取り扱いが日本でも始まりました。
髪・頭皮のコンディションと健康を保つヘアー・スカルプオイルで、ヘアケアとしてもスタイリング剤としてもご使用頂けるヘアオイルとなっています。公式オンラインストアでは、9月1日より発売開始となり、9月4日より伊勢丹メンズ館での取り扱いがスタート致します。順次、全国取扱サロンでも発売を予定しております。

【商品概要】
ヘアオイル
https://odouds.jp/products/hairoil



髪・頭皮のコンディションと健康を保つ ヘアー・スカルプオイル

セット力:ライト
ツヤ感 :ミディアム/ハイシャイン
香り :ラベンダー & ペパーミント
容量 :2 OZ / 60 ML
カテゴリー:ヘアオイル




【特徴】
髪と頭皮に栄養・潤いを与え、保護をします




◼ヘアケア・スカルプケアとして、

乾燥に対する保湿・保護 / 静電気抑制
栄養補給とダメージケア
コンディションを整える
髪の摩擦やドライヤーの熱からの保護

◼スタイリング剤として、


髪の毛に潤いをもたらし、ツヤを与える
うねりや縮れを抑える
柔らかな質感を与え、ナチュラルなカールやウェーブを際立たせる
毛先をまとめ、自然な束感を作る


【使い方】



髪を乾かす前のタオルドライの状態で、1~3滴を手に伸ばして毛先からつけていきます
毛先は握りこむようにつけ、次に指を通しながら髪の表面に馴染ませていきます
目の粗いクシでコーミングすると均一に馴染ませることができます
仕上げに、髪の根元から毛先までドライヤーでしっかり乾かすことがポイントです

◼ケア用途として
当製品は、傷んだ髪や頭皮に栄養を与えるトリートメントとしてお使いいただけます。ヘアオイルを頭皮に直接塗ることで、頭皮の状態を整え毛穴を健康にします。さらにケアが必要な場合は、数時間、もしくは一晩かけてヘアオイルを馴染ませ、栄養を染み込ませると効果的です。

◼スタイリング剤として
髪に軽さを残したままツヤを与え、ライトでルーズなスタイリングをすることができます。また、他の整髪料と組み合わせて使用することで、髪に潤いを閉じ込めたままスタイリングすることも可能です。ドライヤーをする前に付けることで、熱によるダメージを軽減し、パサつきを防ぎ、髪にツヤを与えてくれます。

◎ショートヘアーには
髪をドライヤーで乾かす前に、ヘアオイルを1プッシュして髪に馴染ませてください。髪の乾燥や縮れを防いで、柔らかく、健康的な状態を保ちます。ドライヤーで乾かす時に使用すると、スタイリングしやすくなりますのでプレスタイリング剤としてもご使用頂けます。しっかりとセットしたい場合は、この上からスタイリング剤を付けることで、髪に潤いを保ったまま、スタイリングすることができます。

◎ミディアム、ロング、またはパーマには
毎日の習慣としてヘアオイルを使用することで長期的な髪の健康状態を維持し、改善することを手助けします。また、ドライヤー時に熱保護剤として使用することで、髪の傷みや縮れを防ぎます。カールやウェーブを際立たせることや、ナチュラルな束感、柔らかな質感を作ることができます。

【O'DOUDSとは】

ヒューストン、テキサスを拠点に、植物由来成分のみに拘りオールナチュナルな原材料で作られたジェンダーレスで使えるヘアスタイリング剤をメインプロダクトして展開。商品の機能性はもちろんのこと、『FROM THE EARTH』と『FOR THE EARTH』を理念に掲げ、人にも環境にもやさしいサステナブルな製品づくりをしています。

公式オンラインストア:https://odouds.jp
インスタグラム   :https://www.instagram.com/odouds_japan
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)