医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

介護向けコミュニケーションロボットサービス「Link&Robo for ウェルネス」の提供を開始

三菱総研DCS株式会社
三菱総研DCS株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松下 岳彦)は、2021年10月6日より、介護向けコミュニケーションロボットサービス「Link&Robo for ウェルネス」の提供を開始します。


2021年9月6日
三菱総研DCS株式会社


三菱総研DCS株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松下 岳彦)は、2021年10月6日より、介護向けコミュニケーションロボットサービス「Link&Robo for ウェルネス」の提供を開始します。


背景と目的
昨今、高齢者の健康寿命延伸への取り組みと介護人材の確保の困難さは社会的な課題となっています。「Link&Robo for ウェルネス」は、コミュニケーションロボットを活用したレクリエーションの実施や高齢者とロボットの対話などのコミュニケーション記録の活用を通じて、これらの課題の解決に貢献することを目的としています。


サービス概要


集団レクリエーション支援

₋ タブレットからスタートボタンをタップするだけで、介護職員のみなさまにかわって、ロボットが体操やクイズなどのメニューを進行します。
₋ 介護職員のみなさまは、新たなレクリエーションの企画や進行にかかる負担を軽減し、個別の声がけやケアなどへのお時間のシフトが可能です。


個別レクリエーション支援

₋ おしゃべりやスキンシップなど、ロボットとの1対1のコミュニケーションをお楽しみいただけます。高齢者のみなさまのお好きなテーマを選択いただき、ロボットがおしゃべりをリードしていきます。
₋ 自由時間や送迎の待ち時間などにロボットをご活用いただくことで、ケアが手薄になりがちな時間帯でも、高齢者のみなさまにより楽しくお過ごしいただくことができます。


職員間の情報共有支援

₋ 実施したレクリエーションの内容や参加者の記録は、タブレットから参照できます。
₋ ロボットとおしゃべりした内容は、文字として記録されるだけでなく、音声として再生することも可能です。言葉だけでは判断しづらい高齢者のみなさまの心情など、声の調子とあわせて確認することができます。


特長


なめらかな全身運動ができるロボットを採用




₋ 関節の柔軟な動きによって、「立つ」「座る」などの人間らしい動作が可能なソフトバンクロボティクスの小型二足歩行ロボットNAOを採用。高齢者のみなさまと同じようにイスに座っておこなう、下半身の体操やヨガもご用意しました。


₋ 集団レクリエーションをおこなう広さのお部屋でも、見やすい大きさと聞きやすい音量を備えています。持ち運びも手軽にできる体長約60cm、重さ約5kgのロボットです。


タッチセンサーやAI技術を活用した親しみやすさの演出

₋ 顔認証による呼名や、タッチセンサーを活用したスキンシップ、AIを使った対話技術で、双方向のコミュニケーションを実現。高齢者のみなさまの、よりポジティブな反応を引き出します。
₋ アプリケーションの継続的なレベルアップや、コミュニケーションの積み重ねによる対話の最適化で、ロボットの成長を感じさせ、飽きを防ぎます。
₋ 見た目もおしゃべりも愛らしいロボットの存在が場を和ませ、高齢者間の交流が活性化するなどの効果が確認されています。


導入のハードルを軽減する教育プログラム

₋ 動画を用いた操作ガイドのご提供や講師による操作講習会の開催など、初期の使い始めのご不安を強力に支援するサポートメニューをご用意しています。


メニュー内容
主に以下のアプリケーションメニューおよびサポートメニューサービスをご提供いたします。


「Link&Robo for ウェルネス」サービスサイト
URL: https://www.dcs.co.jp/solution/lr_wellness/index.html


開発経緯および実証実験内容
1.『当社コミュニケーションロボット開発プロジェクトがAMED事業に採択されました』
URL:https://www.dcs.co.jp/news/2019/190905.html
2019年、AMED(国立研究開発法人 日本医療研究開発機構)の「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」に採択

2.地域通いの場での雇用と介護予防活動での活用
URL:https://www.dcs.co.jp/technology/report/robotics4/index.html


■三菱総研DCSについて
三菱総研DCSは、1970年の創立以来、銀行・クレジットカード等金融関連業務で豊富な実績を有するIT企業です。2016年よりコミュニケーションロボットへの取り組みを開始し、複数の企業への受付ロボットの設置を行う一方、2018年からは高齢者やこども向けのニーズを発掘し、新たなサービス提供に向けた活動を開始しています。2019年度のAMED事業採択後、介護分野向けの開発を本格化するとともに、教育現場における活用支援についても検討を進めています。

*「Link&Robo」は、三菱総研DCS株式会社の商標として登録手続き中です。
*当サービスは、ソフトバンクロボティクスの小型二足歩行ロボットNAOを活用し、三菱総研DCSにて独自にサービス提供をしています。
*「NAO」の名称はソフトバンクロボティクスの登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)