流通 医療・医薬・福祉

Amazon小児がん啓発月間に子どもたちとご家族を支える「Amazon Goes Gold」を開催

アマゾンジャパン合同会社
~全国20か所以上の拠点で勤務する従業員たちがオンライン交流会やNPO法人支援などを実施~

Amazon(所在地:東京都目黒区)は、9月の小児がん啓発月間にあわせ、小児がんの子どもたちとご家族が直面する様々な問題に光を当てるための活動である「Amazon Goes Gold」を実施します。「Amazon Goes Gold」は毎年、北米、日本、スペイン、ドイツ、英国、フランス、ポーランド、チェコ共和国、オーストラリアなど、世界中のAmazon従業員が一斉に力を合わせて、取り組んでいるボランティア活動です。今年が4回目となる日本では、全国のフルフィルメントセンター(FC)などの従業員がCOVID-19対策のための衛生管理を徹底したうえで、ボランティアイベントを通じて、小児がんと闘う子どもたちとご家族への理解と関心を社会に呼びかけて啓発して参ります。



小児がんは、病気による子どもの死因第1位であるにも関わらず、ご本人とご家族は治療中、そして治療後も社会の理解不足でもたらされる様々な問題に直面しています。その実情を学ぶために、Amazonの従業員は、社内向けのプログラムとして、小児がんを克服したパラリンピック強化育成選手(卓球)の舟山真弘さんを招き、オンライン交流会を開催します。また社内だけではなく、FC近隣向けのコミュニティ活動として、9月16日(木)には、佐賀県武雄市において、小児がんの専門医を講師に迎え、同市の中学生に向けたオンライン講演会を実施します。

また、9月14日(火)、15日(水)の2日間には、世界中のFCの従業員が、長期療養のため、パジャマ姿で過ごすことが多い子どもたちの回復を祈り、支援を誓うため、自身のパジャマ姿の写真をAbout Amazonなどのオウンドメディアに投稿します。それらの写真と応援メッセージはフォトブックとして製本し、FC近隣の病院に寄贈する計画です。さらに、9月下旬 には、病院で闘病中の子どもたちへの特別企画として、宇宙開発事業団(JAXA)の「はやぶさ2号プロジェクト」のご協力をいただき、バーチャル宇宙体験ツアーを実施するほか、国内外の小児がんの専門家が一堂に会して、小児がんの治癒率向上についての研究成果を発表する「WHO Global Initiative for Childhood Cancer (WHO GICC) in Tokyo 2021」を後援します。






※写真は昨年の様子

NPO法人 ゴールドリボン・ネットワーク 松井 秀文 代表のコメント
「小児がんは稀少がんですが、その種類は非常に多く治療法も各々異なります。また経験者の約半数が合併症を抱えているという難しい病気です。Amazon Goes Goldキャンペーンを通して多くの皆さまに小児がんの実態を知っていただくとともに、温かいご支援をいただけることは小児がんの子ども達への大きな励ましとなります。深く感謝しております。」

NPO法人小児がん・まごころ機構 中川原 章 理事長のコメント
「小児がんは、世界中で1年間に約40万人もの子どもがかかっている病気です。医療の進歩により、日本など先進国ではずいぶんと治るようになりましたが、世界の8割以上を占める発展途上国では、まだ30%以下の子どもしか助かっていません。このような不平等を無くし、治った後も平等で夢の持てる人生を送ることができる社会を築くために、私たち医療者は、WHOや国際小児がん学会、Amazonなどと共に立ち上がりました。」

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 吉川 真 ミッションマネージャのコメント
「小児がんと闘う皆さまに、私は『はやぶさ2号の挑戦』というテーマで、宇宙を体験するためのオンライン講演を行うことで参加します。沢山の制約がある昨今ですが、私たちのプロジェクトのチャレンジ精神をお伝えすることで、子供たちには、少しでも楽しく前向きな気持ちになっていただき、ぜひ病気に負けずに挑戦を続け、元気になって下さることを心から願っております。」

アマゾンジャパン合同会社 FC事業統括本部長 島谷 恒平のコメント
「日本全国、そして世界中で小児がんと闘う子供たち、そのご家族、関係者のみなさまに敬意を表します。Amazonは、9月の小児がん啓発月間に際して、全国のFCが所在する地域に根差したボランティア活動から、全国の病院で小児がんと闘う子供たちをつなぐオンラインイベントなど、社員一丸となって、小児がんと闘う皆さまの気持ちに寄り添った活動を積極的に行って参ります。日本では4年目を迎えるこの活動の中で、地域の病院、研究機関、NPOなどたくさんのコミュニティとの交流が拡大していますので、さらに小児がんへの理解の輪が大きくなることを期待しています。」


<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp )およびAbout Amazon ( http://www.aboutamazon.jp )から。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)