広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

PCAポンプの市場規模、2027年に6億1,450万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「PCAポンプの世界市場:タイプ、用途、最終用途、地域別の展望、業界分析および予測(2021年~2027年)」(KBV Research)の販売を9月3日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/kbv1007668-global-patient-controlled-analgesic-pumps-market.html




PCAポンプの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR9.6%で成長し、2027年には6億1,450万米ドルに達すると予測されます。PCA(Patient-controlled analgesia)ポンプは、疼痛管理に使用する薬の量を調節することで、患者の痛みをコントロールするのに役立ちます。

PCAポンプは、鎮痛剤用シリンジを用いて、少量の処方薬を一定の流量で患者に投与します。また、痛み止め用のシリンジを備えたコンピュータ制御のポンプで、患者の静脈ラインに直接接続します。主に術後の管理に使用され、経口での薬の服用に問題を抱える患者に有効です。

COVID-19の影響

PCAポンプは、優れた患者管理およびケアを提供するため、多くの利点があります。さらに、COVID-19の流行により在宅医療への移行が進んでいることから、PCAの需要が高まっています。2020年は、パンデミックの影響で、第2四半期と第3四半期の手術件数が落ち込み、PCAポンプ市場の成長も鈍化しました。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、電子式と機械式に分けられます。2020年は、機械式ポンプが市場の高い収益源となり、新たな成長の道が開かれました。医療従事者や患者は、機械式PCAポンプを好んで使用します。これは、プログラミングエラーがないこと、小型で持ち運びが簡単なこと、低コストであることなど、機械式PCAポンプの利点に起因しています。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、腫瘍学、糖尿病、血液学、消化器学、その他に分類されます。今後は、糖尿病分野が突出した成長を遂げると予測されます。PCAポンプは、糖尿病患者の痛みを軽減するのに有効であり、世界各国で糖尿病が急増していることから、同セグメントの成長を後押しすると考えられます。


エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、病院、専門クリニック、外来手術センターに分類されます。2020年は、病院セグメントが最大シェアを獲得しています。病院は、PCAが使用される主要な部門で、高度でスマートなPCAポンプが多く利用されていることに加え、新興国の病院においてPCAポンプのアップグレードが進んでいることから、病院セグメントの成長が促進されると考えられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/kbv1007668-global-patient-controlled-analgesic-pumps-market.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)