教育・資格・人材

大和学園地域健康栄養支援センターが「栄養ワンダー~はじめよう!栄養の整理整頓~」を実施しました!

学校法人大和学園
大和学園地域健康栄養支援センターが京都栄養医療専門学校(学校法人大和学園)と協働で「栄養ワンダー~はじめよう!栄養の整理整頓~」を実施しました。

日本栄養士会が呼びかけ、「栄養の日・栄養週間」に合わせて全国各地で開催される「栄養ワンダー」。大和学園地域健康栄養支援センターは日本栄養士会より認定を受けた栄養ケア・ステーションとして、京都栄養医療専門学校と協働で「栄養ワンダー~はじめよう!栄養の整理整頓~」を8月21日(土)に実施しました。


大和学園地域健康栄養支援センター
日本栄養士会は8月4日を「栄養の日」、8月1日~7日を「栄養週間」と定めるとともに、7月~8月に栄養への興味喚起と管理栄養士・栄養士職能の認知理解を目的としたイベント「栄養ワンダー」の開催を全国各地で呼びかけています。日本栄養士会認定の栄養ケア・ステーションを開設する大和学園地域健康栄養支援センターは、1974年の開校以来、栄養士・管理栄養士の養成を行ってきた京都栄養医療専門学校(学校法人大和学園)と協働で、8月21日(土)に「栄養ワンダー~はじめよう!栄養の整理整頓~」を実施しました。

はじめよう!栄養の整理整頓
当日は京都栄養医療専門学校のオープンキャンパス~サマーフェス「夏休みスペシャル」~の開催に合わせ、高校生をはじめとする参加者を対象に行われました。今回のテーマは「昼食(お弁当)を考える」。皆さんそれぞれがふだんの昼食(お弁当)を振り返りつつ、大和学園地域健康栄養支援センターの管理栄養士がお弁当作りに関して、衛生面や栄養面などの様々な角度からアドバイスや豆知識を楽しく解説していきました。近年、日本では若い世代(20代~40代)に「やせ」と「肥満」が混在し、脂肪の摂取割合が高い一方で野菜・果物が不足しがちになる等、「バランスの良い食事を毎日とれている人」が全体の半数以下にとどまっているという問題があります。食事・食生活は1日3回、年間365日休みなく続いていきます。そのため栄養の整理整頓には、専門家のアドバイスだけでなく、自分自身が問題点に気づき、その解決方法について学ぶ、というサイクルがとても重要です。今回の栄養ワンダーも一方的な講義ではなく、参加された方の「気づき」を引き出し、「学び」をお手伝いする内容でお送りしました。

大和学園地域健康栄養支援センターでは、今後も栄養講座、健康料理教室、子育て支援、 食物アレルギー対応事業、高齢者栄養ケア、スポーツ栄養等の事業を通じて生活習慣病の予防と健康増進のための啓発活動や食・栄養に関する情報発信を行うとともに、地域の栄養や健康の課題解決を図りながら健康長寿社会の実現をめざしてまいります。

●大和学園 認定栄養ケア・ステーション(大和学園地域健康栄養支援センター内)について
所在地:〒616-8376 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺瀬戸川町18
開設日:水曜日(祝日を除く)
開設時間:13:00~16:00
連絡先:075-872-8500
担当者:石伏
大和学園地域健康栄養支援センター
https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/thnsc
大和学園 認定栄養ケア・ステーション
https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/thnsc-station

●学校法人大和学園について
学校法人大和学園は1931年創立。京都市内に京都調理師専門学校、京都栄養医療専門学校、京都製菓製パン技術専門学校、京都ホテル観光ブライダル専門学校の4つの専門学校とラ・キャリエール クッキングスクールを展開。「栄養、医療・福祉、調理、製菓・製パン、食育、ホテル、ブライダル、ツーリズム」分野の職業教育を提供し、専門知識と技能やホスピタリティマインドと人間力を兼ね備えたスペシャリストを養成しています。

●京都栄養医療専門学校について
厚生労働大臣指定管理栄養士・栄養士養成施設、日本病院会認定校。高度な実践力とホスピタリティマインドを兼ね備えた管理栄養士、栄養士、医療事務、医療秘書、診療情報管理士の養成に努めています。
◆管理栄養士科[4年制]
https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/course/kanri/
◆栄養士科[2年制]
https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/course/eiyou/
◆医療事務・医療秘書科[2年制]
https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/course/jimu/
◆診療情報管理士科[3年制]
https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/course/shinryou/

アクセス(主要交通機関)
・JR山陰本線「嵯峨嵐山駅」下車 徒歩8分
・京福電車「四条大宮駅」より「嵐山駅」下車 徒歩5分
・京福電車「北野白梅町駅」より「嵐山駅」下車 徒歩5分
・阪急電車嵐山線「嵐山駅」下車 徒歩15分
・市バス「嵯峨小学校前」下車 すぐ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)