医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

【災害訓練で実証】「配置部署図機能」を追加した「Smart:DR」が、組織的な災害医療に貢献

株式会社Smart119
千葉大学発医療スタートアップの株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、同社が開発した医療機関用災害対策システム「Smart:DR」(スマート ディーアール/特許番号:特許6166114号)に、「配置部署図機能」を追加したことを発表しました。 この機能は、医療救護所への人員配置、状況の変化に応じての医療班再編成など、災害医療運用を支援します。 また、2021年9月3日に予定されていた大規模災害避難訓練「第10回大阪880万人訓練」(主催:大阪府)は天候不順のため中止でしたが、地方独立行政法人りんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市、理事長:山下 静也)では、本システムによる召集訓練を行い、災害医療を支援する効果を確認しました。


◆機能追加背景
災害時における医療救護所は、自治体が設ける災害対策本部により「地域防災計画、及び災害時医療救護活動マニュアル」に基づいて、施設(病院、仮設)の決定、運営要員(医療救護班長、救護班)を派遣し、開設されます。運用管理は、本部にあるホワイトボードや模造紙、付箋(氏名、所属、職種、専門分野を明記)を使ったアナログ的なものになりがちです。付箋の紛失が発生したり、更新有無が不明確であるなど、課題が多く、自治体、医療機関から「電子化できないか」と、要望が寄せられていました。

◆防災訓練で、 Smart:DRの災害対応力を実証
泉佐野市災害医療センターの役割を担う、地方独立行政法人りんくう総合医療センターは、「配置部署図機能」を追加したSmart:DRを導入しています。同医療センターは、本システムを用いて、2021年9月3日に訓練を実施。災害発生後から、職員の安否確認と集合要請を行い、集合した職員を適切な部署に配置し、早期に災害医療体制を確立できることを実証しました。

◆地方独立行政法人りんくう総合医療センターによるSmart:DRを用いた訓練
1.集合要請通知


    各職員が持つスマートフォンなどのデジタル端末へ、安否確認・集合要請の通知が届きます。


2.集合要請への応答自動集計


医療機関、災害対策本部に設置されたPCでは「応答・配置状況画面」で、職員からの返答を自動的に集計されます。


3.職員配置


医療機関、救護所への配置状況は、系統図による「配置部署図」で表示され、組織全体の災害医療体制を把握できます。


◆Smart:DR「配置部署図機能」の操作
1.配置部署設定画面


職員を配置する部署を設定します。「本部」「トリアージポスト」など、細かい配置指示が行えます。

2.応答・配置状況画面


職員の配置は、安否確認後の集合要請ごとに行います。集合要請に応答があったか、何時間以内に何名が集合できるか、どの部署に何名を配置したか、を一元管理します。系統的に医療体制を確認したい時は「配置部署図」をクリックします。

3.配置部署図画面


系統図によって、医療体制の全体像が把握できます。各部署のボックスをクリックすると、職員を配置選択する画面へ遷移します。

4.職員配置画面


「配置済職員」で、医療班の構成がわかります。また、「配置候補職員」の一覧から、未配置職員へ配置指示を行えます。

◆災害医療の全体像を把握し、減災のために、対応力を強化
Smart:DRへ追加した「配置部署図機能」は、救護所への人員配置を一つのアプリケーションで実現します。救護所、医療班構成、配置部署などの人員情報は、職員安否確認と集合要請を含め本部PCで一元管理されて、系統的な組織図で表示され、災害医療の全体像を把握できます。これは、本部ではプロジェクターによる拡大投影などから、次の対応力が強化されます。

・初動対応:生死を分けるタイムリミットとされる72時間以内に組織的な災害医療体制を確立
・経過対応:状況(被害、救護所数、DMAT到着など)の変化に応じた、速やかな人員再編成

◆Smart:DRの特徴
 ・スタッフへの緊急連絡、安否確認
 ・緊急時の集合状況をリアルタイムに把握でき、最適な人員配置を支援
 ・医学的見地に基づいた健康管理情報を自動集計
 ・返信は、ワンクリックで完了でき、ログインが不要
 ・掲示板機能を有し、平時においても活用できる

◆「Smart:DR」ウェブサイト
https://smart119.biz/dr/

◆関連リリース
2021年7月15日 医療機関・医療従事者用災害対策システム「Smart:DR」スマートフォンアプリをリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000056624.html

2021年6月9日 【機能向上】災害時危機管理体制強化サービスSmart:DRに、「掲示板機能」を追加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000056624.html

2021年4月23日 【災害時危機管理】さくらがわ地域医療センターが「Smart:DR」を導入
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000056624.html

2021年3月22日 コロナワクチン接種後の健康管理「Smart:DR」が千葉大学病院で利用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000056624.html

2021年3月11日 りんくう総合医療センターが新型コロナ・ワクチン接種後の副反応チェック・健康管理システムを利用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000056624.html

2021年3月5日 【新型コロナ・ワクチン接種後の健康管理DX化】大阪急性期・総合医療センターでの試験運用が3月8日より開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000056624.html

2020年12月25日 【新型コロナの病院内クラスターを防ぐ】医療機関用災害対策システム「Smart DR」に「職員健康管理機能」を追加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000056624.html

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ企業」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart:DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。

会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)