ビジネス・コンサルティング その他

アジア13の国・地域から選ばれた起業家が競うイノベーション・アワード「アジア・アントレプレナーシップ・アワード(AEA) 2021」 出場企業30社決定

アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会
協業実現に向けスタートアップのコミュニティや1.5ヵ月のメンタリングなどを実施|2021年10月27日(水)~28日(木)全編オンライン開催

アジア・アントレプレナーシップ・アワード(以下:AEA)運営委員会は、2012年より毎年開催している、成長著しいアジアのスタートアップによるイノベーション・アワード「AEA2021」を、2021年10月27日(水)~28日(木)に開催いたします。 第10回開催となる今回は、これからの世界において重要な3つのテーマ「ヘルスケア」「ワーク&ライフスタイル リフォーム」「サステナビリティ」に関連したソリューションを持つ、アジア各国・地域から選ばれた技術系スタートアップ30社が参加します。各社、事業の革新性、経済的・社会的影響力、事業実行力、そして日本企業との連携・日本での事業展開の可能性など、広い観点での審査を経て、グランプリを目指します。イベントはすべてオンラインで開催されます。


AEA2021のポイント



各国の専門家推薦の技術系スタートアップが参加。過去参加企業も含むマッチング機会多数
開催前約1.5ヶ月間で日本企業との協業に向け、出場企業に対するメンタリングを実施
最先端のスマートシティ柏の葉を実証フィールドとして協業のファーストステップに
グラミン銀行創設者/ノーベル平和賞受賞者 ムハマド・ユヌス博士による基調講演


イベント詳細はこちら:https://aea2021online.peatix.com/




各国の専門家推薦の技術系スタートアップが参加。過去参加企業も含むマッチング機会多数


 AEAは、ジェトロや東京大学の他、アジア各地のインキュベーター、アクセラレーター、大学等のスタートアップ支援機関など、専門家が見極めた確かな技術力を持ったスタートアップが集まり、社会課題解決に繋がるビジネスアイデアを競い合い、披露するショーケースです。2012年の初開催からこれまで、アジア14の国・地域から217社の技術系スタートアップがAEAに参加しました。過去出場企業は、その後IPOやM&AなどのEXITを達成し、事業を大きく成長させています。
 AEAでは、アジアのスタートアップと日本企業の協業の機会も提供しており、これまでもAEAでの出会いをきっかけに連携につながった事例もあります。初のオンライン開催となった昨年も、出場企業と協賛・一般参加の日本企業の間で、51件のマッチング、31件のオンライン面談が実現しています。
 今年は協業に向けたネットワーキングの他、新たにビジネス用SNSアプリ「slack」を用いて、200社以上の歴代出場企業をはじめ、日本企業、スポンサー企業、海外のノミネーター等が参加するネットワークをオンラインコミュニティ化し運営を開始します。コミュニティに参加した日本企業は、スタートアップと直接のやり取りができるほか、海外ノミネーターとのリレーション構築や、スタートアップに対しての自社の取り組みなどの発信などができるようになり、イベント終了後も継続的な協業の機会が提供されます。
※オンラインコミュニティへの参加には条件があります。詳細は運営委員会にお問合せください。

<協業事例>
〇Visenze(AEA2017、シンガポール):AIによる画像検索/画像認識ソリューション
 三井不動産「Mitsui Shopping Park &mall」にて採用
 参考:https://www.31ventures.jp/news/20191118_fund/391/

<IPO、M&A事例>
〇IPO:
 -Gauss Lasers Technology (AEA2013, 中国):超短パルスファイバーレーザーの開発
〇M&A:
 -Learn Ever (AEA2012, 日本):ソーシャルラーニングプラットフォームの開発
 -Retention.ai(AEA2015, インド):アプリユーザー獲得のためのリテンションソリューション
 -Shanghai Benqumark Network Tech. (AEA2016, 中国):顔認証および画像編集ソリューション


開催前の約1.5ヶ月間で日本企業との協業に向け、出場企業に対するメンタリングを実施

 今年は、参加するスタートアップの日本市場への進出や、日本企業との協業の実現に向けて、出場が決定してからの約1.5ヵ月の期間で、国内VC等のメンター陣による継続的なメンタリングを実施します。スタートアップは日本市場に対する理解を深めた上で、日本市場に向けたビジネスプランをブラッシュアップしアワード当日のプレゼンテーションが実施されます。それにより当日視聴する方も具体的な事業連携のイメージをよりつかみやすくなります。


最先端の「柏の葉スマートシティ」を実証フィールドとして協業のファーストステップに

 AEAの舞台となる柏の葉エリアは、課題解決型の街づくりモデルを具現化する「柏の葉スマートシティ」として、「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」の3つのテーマで街づくりを推進してきました。柏の葉では2019年から、まち全体を実証プロジェクトのプラットフォームとし、新産業創造を加速させる「イノベーションフィールド柏の葉」が始動しており、様々な企業や団体が実証実験プロジェクトを実施しています。これまでAEAに出場した企業も、柏の葉での実証から導入、さらには出資までつながった事例もあります。AEA出場企業に対しては日本進出のファーストステップを、日本企業向けにはスタートアップとの協業における柏の葉の実証フィールドの利活用をご支援いたします。

<柏の葉を実証フィールドとした協業事例>
〇ゲノムクリニック(AEA2017、日本):乳がん・卵巣がん遺伝子リスク判定ソリューション
三井不動産が運営する KOIL内にゲノムセンターを開設
参考:https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2019/0425/
〇ヒラソルエナジー(AEA2018、日本):太陽光発電設備を保守管理するIoTプラットフォーム
柏の葉エリアの太陽光パネル2,800枚に対して保守管理の運用開始、その後、三井不動産CVCより出資
参考:https://www.31ventures.jp/news/20210831_column/781/


グラミン銀行創設者 /ノーベル平和賞受賞者 ムハマド・ユヌス博士による基調講演



 ムハマド・ユヌス博士は、バングラデシュにて貧困層の自立支援のために無担保少額融資(マイクロクレジット)を行うグラミン銀行を創設し、同国の貧困撲滅と平和構築に貢献した功績がたたえられ、2006年にノーベル平和賞を受賞しました。また「ユヌス・スポーツハブ」の取り組みを通じ、東京オリンピック2020において、「オリンピック栄誉賞」を受賞されました。今回AEA10周年を記念し、ユヌス博士の提唱するユヌス・ソーシャル・ビジネスの在り方、そしてこれからの時代に必要となるリーダーシップについて、起業家や企業の方々へメッセージをいただき、副賞として「ユヌス・ソーシャル・ビジネス賞」を新設いたします。今後はAEAを通じてユヌス・ソーシャル・ビジネスも推進していくことを目指します。


AEA2021 開催概要






主な参加対象

・(一般聴講)アジア各国・地域の技術系スタートアップによるイノベーションにご関心のある方
・(アジア各国・地域の技術系スタートアップとのマッチングをご希望の方)
各スタートアップとの協業・連携を検討する、企業の新規事業担当者の皆様
・VC・CVC、その他投資家の皆様


プログラム  ※プログラムは予告なく変更される場合がございます。

DAY1:10月27日(水)
13:00-14:00 主催者挨拶・オリエンテーション
14:00-17:00 セミファイナルセッション
 グループに分かれ、10分間のプレゼンの後、15分間の質疑応答を行います。
 各グループの審査を勝ち抜いたスタートアップのみがファイナルセッションへの出場権を手にします。

DAY2:10月28日(木) ※日本語同通あり
13:00-16:00 ファイナル進出企業発表・ファイナルセッション
 セミファイナルを勝ち抜いた6社のファイナリストが決定。
 プレゼン10分+質疑応答15分を行い、入賞企業が決まります。
16:00-18:30 AEA10周年コンテンツ
 AEAのこれまでの歴史や、今後の取り組みについてご紹介。
 また、ムハマド・ユヌス博士の基調講演や成功した過去出場企業の講演等をご用意しております。
18:30-19:00 ファイナル結果発表


出場企業一覧

アジア各地のインキュベーター、アクセラレーター、大学等のスタートアップ支援機関からの推薦により、今、アジアで最も勢いのある技術系スタートアップが集結し、本戦に臨みます。
詳細はこちらをご覧ください:https://aea.events/j/



・本件に関するお問合せ先
<一般の方> AEA2021運営委員会・事務局 E-Mail:info@aea.events
<報道関係の方> 広報担当 Tel:03-6759-8989、E-Mail:pr@storydesign-h.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)