広告・マーケティング 美容・健康

感染防止対策として注目が高まる「口腔ケア」78.6%の人が回答「マウスウォッシュ(お口の洗浄)が効果的」

株式会社リミックスポイント
しかしながら実践する人3割程度。認識と行動が大きく乖離

大阪大学が解明した除菌・消臭の仕組み「MA-Tシステム(R)️」を採用したマウスウォッシュ(口腔化粧品)を販売する株式会社リミックスポイント(証券コード:3825、本社:東京都港区六本木三丁目2番1号、代表取締役社長CEO 小田玄紀)は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、感染防止対策として注目が高まる「口腔ケア」に関する意識調査を行いました。


 新型コロナウイルス感染症の拡大は、手洗いやアルコール消毒といった衛生意識の高まりをもたらしています。このような中で、大阪大学大学院歯学研究科の阪井丘芳教授らによる研究結果※から「新型コロナウイルスが口腔内の唾液腺から体内に侵入する可能性が高い」ことが発表され、手洗い、アルコール消毒に加えて、マウスウォッシュ(お口の洗浄)の重要性に改めて注目が集まっています。今回行った口腔ケアに関する意識調査からも、「ウイルスの入り口となる口内をより清潔にキープしたい」という意識の高まり、そのために「マウスウォッシュが効果的」であると多くの人が考えていることがわかる結果となっています。調査結果は以下のとおりです。
(※)阪井丘芳、COVID-19と唾液腺 ~重症感染を防ぐための新たな口腔ケア~、抗加齢医学会誌2020
 

調査結果サマリー

• ”お口の中を清潔にキープしたい”人73.7%
• 理由:「新型コロナウイルスの経口感染を防ぎたいから」94.7%
• 「お口の中を清潔にキープする」ために”マウスウォッシュの利用”が効果的だと思う人78.6%
• しかしながら、「マウスウォッシュ」を“現在利用している”人35.5%
• マウスウォッシュをするタイミングとして重要なのは「外出する際、帰宅時」77.5%
• 「マスクをつける前にマウスウォッシュをする新習慣」を”取り入れたい”人65.6%
• “経口感染を防ぎたい”人に絞ってみると”取り入れたい”人78.4%
経口感染への対策意識が高い人ほど新習慣を重要視

■ 調査概要 : 感染防止対策として注目が高まる「口腔ケア」に関する意識調査
■ 対象エリア: 全国
■ 対象者 : 20歳~69歳の男女 1,000人 ※10歳刻み/各100名で均等に割付
■ 調査方法 : インターネットによるアンケート調査
■ 調査期間 : 2021年7月21日~2021年7月25日
■ 調査会社 : ネオマーケティング
■ 株式会社リミックスポイント: https://www.remixpoint.co.jp/
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100にならない場合があります。
 

お口の中を清潔にキープしたい”人73.7%



コロナ禍以前に比べ「お口の中を清潔にキープしたい」という意識が高まったかどうかを質問したところ、「とても高まった」「高まった」「少し高まった」が73.7%、「高まっていない」が26.3%という結果になりました。


 


理由:「新型コロナウイルスの経口感染を防ぎたいから」94.7%

「お口の中を清潔にキープしたい」という意識が高まった理由について尋ねると、1位「手洗い、マスク、消毒など、感染対策への意識が高まっているから」96.6%、2位「お口の中の細菌、ウイルスが気になるから」96.1%、3位「新型コロナウイルスの経口感染を防ぎたいから」94.7%。以降、4位「虫歯や歯周病など口内の疾患に対して、予防をしたいと思うようになったから」5位「経口感染を予防して、家族などへの感染の可能性を減らしたいから」となっており、新型コロナウイルスへの感染予防対策として、「お口の中を清潔にキープしたい」という意識が高まっていることがわかります。




「お口の中を清潔にキープする」ために”マウスウォッシュの利用”が効果的だと思う人78.6%

お口の中を清潔にキープするために、浄化、口臭予防に優れたマウスウォッシュを利用することが効果的かどうかを尋ねたところ、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」78.6%。「どちらかと言えばそう思わない」「そう思わない」21.4%。8割の方が、「お口の中を清潔にキープする」ためにマウスウォッシュが効果的であると考えていることがわかる結果となっています。


 


しかしながら、「マウスウォッシュ」を“現在利用している”人35.5%

現在、お口周りに関して実施しているコト(モノ)、最近新しく始めたコト(モノ)に関して質問したところ、マウスウォッシュ(洗口液)の使用については、使用している35.5%、新しく始めた8.1%という数字に。「お口の中を清潔にキープする」ために”マウスウォッシュの利用”が効果的だと多くの方が認識しているものの、まだ、行動には結びついていないことがわかる結果となっています。


 


マウスウォッシュをするタイミングとして重要なのは「外出する際、帰宅時」77.5%

お口の中を洗浄して清潔に保つためにマウスウォッシュをするタイミングについて、どのタイミングが重要だと思うかを尋ねたところ、1位:外出する際、帰宅時にマウスウォッシュする77.5%、2位:人が多く集まる場所から帰ってきた時マウスウォッシュする75.5% 、3位:食事の前後にマウスウォッシュする71.2%という結果になりました。


 


「マスクをつける前にマウスウォッシュをする新習慣」を”取り入れたい”人65.6%

家族や大切な方に会う前や、仕事で多くの人と会う前に、口腔内を清潔に保つために、「マスクをつける前にマウスウォッシュをする新習慣」という考え方があります。この新習慣を生活に取り入れてみたいと思うかどうかを尋ねたところ、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」65.6%。「どちらかと言えばそう思わない」「そう思わない」34.4%。7割の方が新習慣を好意的に受け止めていることがわかる結果になっています。


  


“経口感染を防ぎたい”人に絞ってみると”取り入れたい”人78.4%。
感染防止対策への意識が高い人ほど新習慣を重要視

「お口の中を清潔にキープして経口感染を防ぎたい」と考えている人(N=698)に絞ってみると、「マスクをつける前にマウスウォッシュをする新習慣」を生活に「取り入れたいと思う」「どちらかと言えばそう思う」78.4%。「どちらかと言えばそう思わない」「そう思わない」21.6%という結果になっています。


マウスウォッシュは、口内の隅々まで届き、通常、歯ブラシでは磨き切れないところまで口内を浄化、定期的な利用により口腔内を清潔に保ちます。新しい生活様式の中、マスク着用時の口臭予防や自宅時間でのリフレッシュといったニーズに加え、コロナの感染拡大による経口感染への不安から「お口の中を清潔にキープしたい」ニーズが高まりつつあります。今後、「マスクをつける前にマウスウォッシュをする新習慣」がマウスウォッシュの利用を促し、感染防止対策として定着していくことが期待できる結果となっています。
 


参考「SUGO MIZU マウスウォッシュ」(口腔化粧品:洗口液)について

「MA-Tシステム(R)️」を採用した、香料無添加でお子様からお年寄りまでご利用いただける優しい使い心地のマウスウォッシュです。 口腔内を浄化して、口臭を防ぎます。

詳しくは公式ホームページ https://sugoimizu.jp/mouthwash/

「SUGO MIZU マウスウォッシュ」の詳細につきまして、 ご興味・ご関心のあるお客様、事業者様は下記ご連絡先までお問い合わせください。

「SUGO MIZU マウスウォッシュ」お問い合わせ窓口:各拠点営業所
Mail: idc@remixpoint.co.jp
商品ページ:https://sugoimizu.jp/cp/mouthwash.html

リミックスポイントグループでは、今後もSDGs推進企業として感染症対策やエネルギー問題に邁進し、社会の持続性に役立つサービス·事業を実現してまいります。
これからのリミックスポイントグループの取り組みにご期待ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)