ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

VIE STYLE、クラウドファンディング開始3時間半で上限応募額の5,000万円を達成

VIE STYLE株式会社
ブレインテックの研究開発強化に向けて300名超のクラウド株主が参加

イヤホン型脳波計とニューロテクノロジーAIを開発するVIE STYLE株式会社(代表取締役:今村 泰彦、本社所在地:神奈川県鎌倉市、以下「VIE STYLE(ヴィー スタイル)」は、株式会社日本クラウドキャピタル(所在地:東京都品川区、代表:柴原 祐喜・大浦 学、以下「JCC」)が運営する株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」にて、2021年9月8日(水)より3日間で募集による投資申込みの受付を開始したところ、開始より3時間半で上限応募額の5,000万円を達成したことをお知らせします。 今後さらなる研究開発・組織強化に向けて、追加資金調達を計画しており、VC及び事業会社パートナーを募集します。






本プロジェクトとクラウドファンディング実施の目的

VIE STYLEの第一弾プロダクト「VIE ZONE(ヴィーゾーン)」は、イヤホン型脳波計を活用して外耳道から脳波を取得し、独自開発したAI エンジンで、集中度、ストレス、疲労、眠気を解析し、音楽を使って脳をチューニングすることで、ストレスの軽減や、フロ―状態へ導くことを目的とした生産性支援サービスです。


VIE STYLEは、自社製品開発と同時に大手通信系企業、大手製薬企業や国立研究機関とともに、脳科学を用いたソリューションの共同研究開発事業を進めています。特にデジタルセラピューティックス(DTx※)の開発、社会実装に向け取り組んでおり、様々な疾患に対して、脳科学を活用した新しい治療法を開発しています。
※DTx(デジタルセラピューティクス):疾病の予防・診断・治療などの医療行為をデジタル技術を用いて支援、または実施するソフトウェアのこと

この度、VIE STYLEは、ブレインテック分野でのリーディングカンパニーとなることを目指し、資本力の充実を図り、研究開発および事業の成長に繋げるため、株式投資型のクラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を活用して、資金調達を行いました。今後は、さらなる追加資金調達を計画しており、VC及び事業会社パートナーを募集します。



CEO Yazz Imamuraのコメント


世界のブレインテックは、21世紀の最大市場になるべく急成長を続けています。日本を代表するブレインテック企業を目指す当社の挑戦に呼応し、さらなる成長をともにしてくれるクラウド株主を迎えることができました。
当社は新たなクラウド株主の皆様とともに、よりいっそう研究開発体制をより強化するべく、新たなVC、事業会社パートナー、チームメンバーも募集します。引き続き、ご支援をよろしくお願いします。



FUNDINNO募集ページ


【第2回】<約5兆円に急成長する巨大市場に挑む>脳波を“耳”から読み取り、脳科学を社会実装するブレインテック企業「VIE STYLE」
https://fundinno.com/projects/265



VIE STYLE株式会社の概要

VIE STYLEは、「味わい深い人生を ~Feel the life~」をミッションに掲げ、ニューロテクノロジーと音楽で、人々の感性をアップデートし、ウェルビーイングに貢献していきます。世界の人々が感性豊かな人生をおくることをサポートするプロダクトを創造し、人々をZONE(ゾーン)状態に導くサービスの開発を行うともに、 脳神経に関わる未来の医療ICT・デジタルセラピューティクスの発展にも寄与していきます。

 会社名  :VIE STYLE株式会社
 代表取締役:今村 泰彦
 所在地  :神奈川県鎌倉市材木座5-15-12
 設立   :2013年8月
 関連会社 :VIE STYLE,INC. (US法人)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)