医療・医薬・福祉

日本財団災害危機サポートセンター、酸素濃縮器導入

公益財団法人 日本財団
-宿泊療養施設として、引き続き東京都へ施設を無償貸し出し-


日本財団(東京都港区、会長 笹川陽平)が設置し、2020年10月より東京都が運用している「日本財団災害危機サポートセンター」(東京都品川区)に、2021年9月9日より140室ある個室型プレハブハウスの一部に酸素濃縮器が導入されました。
日本財団災害危機サポートセンター
導入された酸素濃縮器とモニター
今回、酸素濃縮器やモニターが導入されたことで、入院中酸素投与が必要だった陽性者の症状が軽快した際に、医師の許可のもと本施設への受け入れが可能となります。

日本財団は今後も自治体等と連携しながら、新型コロナウイルス対策として必要な支援を行って参ります。

■施設概要
名称:日本財団災害危機サポートセンター
場所:東京都品川区東八潮3-1
設備:
【個室型プレハブハウス 14棟】
※ペット同伴可能
・敷地面積:7,369平方メートル (2,229坪)※船の科学館駐車場全体
・病床数:140室150床20平方メートル /1室
・設備・用途:入所者の居住・療養スペース。ワンルームでテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、Wi-Fi等も完備今回、個室の一部に酸素濃縮器を導入

【大型テント1張り】
・敷地面積:600平方メートル  ※テント内部
・設備・用途:資材置き場、作業スペース など今回設置のモニターで医療従事者が陽性者の容態をモニタリング

■開所日
2020年10月9日(金)

■その他
療養施設の運用に関することについては、東京都へお問い合わせください。

■これまで日本財団が行ってきた主な新型コロナウイルス対策支援
日本財団は新型コロナウイルス感染症拡大初期から、本感染症を「災害」と位置づけ、「備えあれば憂いなし」の精神のもと、様々な支援に取り組んできました。

活動の詳細は日本財団公式サイトでもご覧いただけます。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/2020corona

■日本財団について
日本財団は、1962 年の創立以来、国境や分野を超えて公益事業をサポートする、日本最大の社会貢献財団です。「みんなが、みんなを支える社会」を実現するため、子ども・障害・災害・海洋・国際協力などの分野に取り組んでいます。
https://www.nippon-foundation.or.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)