美容・健康

経済産業省「令和3年度ヘルスケアサービス社会実装事業費補助金 (地域や職域の課題に応えるビジネスモデル確立に向けた実証事業)」に採択!「オンライン部活動支援サービス」実証実験開始

株式会社東急スポーツオアシス
指導効率の向上と、スポーツを通した交流の活性化を目指す

「Well-being First!」を企業ミッションに掲げる、株式会社東急スポーツオアシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:粟辻稔泰、以下オアシス)は、経済産業省「令和3年度ヘルスケアサービス社会実装事業費補助金(地域や職域の課題に応えるビジネスモデル確立に向けた実証事業)」*1の採択を受け、東京都港区、豊島区にある中学校、高等学校の運動部活動を対象に、スポーツチームからのトレーニング指導や交流をオンラインで提供する「オンライン部活動支援サービス」の実証実験を開始いたします。


 「Well-being First!」を企業ミッションに掲げる、株式会社東急スポーツオアシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:粟辻稔泰、以下オアシス)は、経済産業省「令和3年度ヘルスケアサービス社会実装事業費補助金(地域や職域の課題に応えるビジネスモデル確立に向けた実証事業)」*1の採択を受け、東京都港区、豊島区にある中学校、高等学校の運動部活動を対象に、スポーツチームからのトレーニング指導や交流をオンラインで提供する「オンライン部活動支援サービス」の実証実験を開始いたします。



■背景
日本の運動部活動は、競技経験のない教員が担当顧問として指導するケースが、中学校で46%、高等学校で41%と約半数を占め、指導効率の低さや、教員の負担増大が指摘されています*2。また、スポーツ庁が実施する小中学生の体力・運動能力等の実態調査によると、直近2019年の体力合計点は、男女ともに低下、特に小学生男子では過去最低(2008年から実施)*3の結果となり、コロナ禍による部活動の制限などによって、さらなる低下が懸念されています。
オアシスは、経験豊かなスポーツチームと連携し、中学校、高等学校の運動部向けのコンテンツを開発、オンラインで提供することで、部活動の指導効率の向上、自宅などでの運動機会の拡大を図るとともに、普段関わることのないスポーツチームとの交流によって、運動のモチベーション向上にもつなげます。また、コロナ禍で、試合数および観客動員数が制限されているスポーツチームに対しても、新たなファン獲得に向けたコミュニケーション機会を提供し、スポーツを通した交流活性化に貢献します。
当サービスは、オアシスが開発・運営するトレーニングアプリ「WEBGYM」を活用。今年度は、対象地区の部活動へのヒアリング調査、コンテンツ開発、アプリ機能開発などを行い、2021年11月を目途に実証実験を開始。今後は全国の運動部活動への展開を検討していく予定です。

*1 経済産業省「令和3年度ヘルスケアサービス社会実装事業費補助金(地域や職域の課題に応えるビジネスモデル確立に向けた実証事業)」 https://www.seedplanning.co.jp/-/2021/healthcare/
*2(公財)日本帯域協会「学校運動部活動指導者の実態に関する調査」(平成26年版) https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data/katsudousuishin/doc/houkokusho.pdf
*3 スポーツ庁「令和元年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」 https://www.mext.go.jp/sports/content/20191225-spt_sseisaku02-000003330_1.pdf

■WEBGYMについて
1,500以上のトレーニングメニュー、レッスンのLIVE配信など、“いつでも、どこでも、ジムを持ち歩く”をコンセプトとした運動習慣化をサポートするアプリ。現在67万人にご利用いただいており、コロナ禍で2020年度のダウンロード数は前年対比の約2倍に。

名称:WEBGYM(ウェブジム)
利用料金:無料 *一部アプリ内課金有り(別途パケット通信料がかかります)
プレミアム会員は1ヶ月契約980円、3ヶ月契約2,600円、年間契約8,900円。
対応端末:Android(Android要件4.4以上)
iPhone(対応OS:iOS9.0以上)、iPad、Apple watch、Apple TV
iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
WEBGYMダウンロード:https://webgym.onelink.me/0JLI/e9b827f7

WEBGYMの活用に関心のある企業・自治体の方はこちらからお問合せください。
https://secure.sportsoasis.co.jp/hojin/request/index.ht


私たちオアシスは、一人ひとりの生き方が異なる現代人に寄り添い、その人らしいウェルビーイング、すなわち「毎日も人生も、健やかかつごきげんに、動き、生きること」をサポートします。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人々の行動が制限され、運動不足やそれに伴う健康二次被害*5が拡大しています。当社は、このような社会変化を踏まえ、人の健康に寄り添う企業として、運動習慣のない人も含めた、誰もが身体的にも精神的にも健やかな毎日を過ごせる社会を目指し、企業ミッションを「Well-being First!」としました。
既存のスポーツジム運営だけでなく、そのノウハウを活かして、新たな生活様式に沿ったオンラインフィットネス・ホームフィットネス事業の拡大や、BtoB/BtoG事業の拡充を図り、「Well-being First!」な社会づくりに挑む、「ウェルビーイング総合カンパニー」に成長していきます。
*5健康二次被害…外出を控え、運動不足になったり、人との関わりが減ったりすると、思わぬところで体や心の衰えが進んでしまうこと。
会社概要
商号 : 株式会社東急スポーツオアシス
代表者 : 代表取締役社長 粟辻 稔泰
本社所在地 : 東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル
https://www.sportsoasis.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)