美容・健康

業務用エステ機器国内トップクラスの売上を誇る「ドクタービセア」から脱毛機が新発売

株式会社Dr.Visea
株式会社Dr.Viseaでは、新たに業務用脱毛機「クリアスキンネオ」を発売。医療用・エステ用…数多ある脱毛機の業界のレッドオーシャンに自ら飛び込む、その自信の理由とはー。

「痛くないハイフ」としてハイフの技術を応用し作られた“フォーカスネオ”でマシン業界に驚きと革新をもたらせた株式会社Dr.Visea(カブシキガイシャドクタービセア)が、「儲かる脱毛を可能に」をコンセプトに脱毛機を発売。



株式会社Dr.Visea(カブシキガイシャドクタービセア)では、新たに業務用脱毛機「クリアスキンネオ」を発売。





医療用・エステ用…数多ある脱毛機の業界のレッドオーシャンに自ら飛び込む、その自信の理由とはー。



「引きこもりの弟」の行動から、脱毛機界に挑戦することを決意


ドクタービセア 渡邊代表
ーお正月に実家に帰省した際に引きこもりがちの弟が、自分の髭を1本1本抜いていた。

「なぜ剃らずに抜いているのか?」という問いに、返ってきた言葉が衝撃的だった。

「肌荒れがひどくシェーバーやカミソリが使えない。エステで脱毛出来るなんて知らないし、サロン選びもわからない」



“当たり前”が“当たり前じゃない”人たちもいる


多くの女性が人生で1度は脱毛サロンへ訪れたことがあるであろう。

昨今ではヒゲ脱毛をする男性も増え、クリニックやエステサロンでもメニューを豊富に取り揃えている。男性専用脱毛サロンなんてものも、当たり前になってきた。

そんな私たちの“当たり前”が、当たり前でない人がたくさんいる。

渡邊代表
ーそんな人たちのために私達ができることは、駅の証明機のようにいつでも誰でも気軽に足を踏み入れられるサロンを作ること。そのためにクオリティの高い自社の脱毛機を全国に導入すること。



「儲かる脱毛」がコンセプト



レッドオーシャンの脱毛機業界、かなり後発でも自信があるのには理由があった。


渡邊代表
ーまずは圧倒的な効果。今まで難しいと言われていた肌の白い方や黒い方への効果も抜群。冷却機能のついたハンドピースで低温を維持。火傷や痛みが緩和される。


価格を抑えている理由にもこだわりが。
自社でゼロから開発することはせずに、すでに日本でトップの実績を持つ工場で製造された脱毛機をベースにしているため、開発費の面での大幅なコストカットを実現。

これによりハイスペックで低価格な脱毛機の提供を可能にした。




業界初「IoT化マシン」


原子力発電所の遠隔装置、株式会社セブン-イレブン・ジャパンのIoT化に成功した斎藤氏との共同開発をした「クリアスキンネオ」。

導入店舗でのマシンの稼働状況をリアルタイムで確認。これによりメンテナンスの必要有無をお知らせしたり、マシンの異常を検知し故障前に代替えマシンとの交換などの対応を可能にし、機会損失の会費を実現する。



脱毛以外のうれしい機能


クリアスキンネオは美肌機能も充実。

通常のフォトフェイシャルの5倍もの効果があるといわれている光フォトや、バストにハリを与える効果があるといわれているバストケアE-light(イーライト)を搭載。
3種類のフィルターで、豊富なメニュー展開を可能にした。



株式会社Dr.Viseaとは


Dr.ViseaとはDr (医療・信頼) ・Vinus (愛と美の女神)・sea (世界)を組み合わせた社名である。「結果の見える健康・美容サービスを身近にし、世界を豊かにしていく」というビジョンに向けて日々挑戦し続ける業務用美容マシンの販売を行っている会社だ。





HIFUを応用した業務用ハイフ「フォーカスネオ」の導入店は1,000店舗を超え、有名人やインフルエンサーにも好評だ。
「フォーカスネオ」の特徴は、従来のHIFUを応用した蓄熱式で安全性も高くエステでも導入可能で痛みも少ない点である。


フォーカスネオwebサイト
https://focusneo.net/

各種セミナー・体験会
https://visea.jp/seminar/


【会社概要】
会社名:株式会社Dr.Visea
所在地:東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル2
代表者:渡邊鷹海
設立:2017年12月
URL:https://visea.jp/
事業内容:エステサロン向け美容マシン販売・直営サロンの経営


【お問い合わせ先】
TEL:0120-829-874 (平日10時~17時)
e-mail:sales@visea.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)