医療・医薬・福祉

薬物依存のある刑務所出所者社員に再乱用防止対策として定期的に薬物検査を実施へ

株式会社FF


FUTUREFLIGHTグループ 株式会社FF(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:釜澤剛璽)は、2021年9月9日(金)より、薬物依存のある刑務所出所者等の社員に対して、再乱用防止対策として定期的に薬物検査を実施することをお知らせいたします。
弊社は、法務省の協力雇用主として、犯罪・非行の前歴のために定職に就くことが容易でない刑務所出所者等をその事情を理解した上で雇用し、改善更生に協力する民間の事業主です。
違法薬物による検挙者数は、日本国内で年間約14,000人。この検挙者数というのは決して少ない人数とは言えません。
このような現状を踏まえ、従業員が違法薬物をちょっとしたきっかけで使用してしまわないように企業としての対策(体制構築)と教育を含む意識改革が必要となってきます。
そのため、NPO法人アパリ社・株式会社LSIメディエンス社が提供する薬物検査を定期的に実施し、安易に違法薬物を使用させない抑止効果を狙います。
また、社員に対する教育を実施して、薬物に対する正しい知識を身につけさえることで薬物を使用させない環境を作って参ります。

【NPO法人アパリ社について】
2000(平成12)年2月に設立。既存の医療・司法システムの考え方にとらわれず、国境を越えてアディクション(病的依存症)の予防・回復支援に必要な情報、プログラム、人材の育成、ネットワークの構築する専門機関


【株式会社LSIメディエンス社について】
エスアールエル(SRL)、ビー・エム・エル(BML)と共に日本三大臨床検査センターに数えられる。また世界アンチ・ドーピング機関(WADA)および公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)認定による、ドーピング検査の受託検査業務を行っている日本で唯一の検査機関でもある。


【グループ代表 釜澤剛璽氏について】
シリアルアントレプレナー(serial entrepreneur)
ベンチャー企業から上場企業グループまで4社で代表取締役を経験。経済産業省ミラサポ事業継承アドバイザー。日本財団職親プログラム会員。2021年4月に刑務所薬物回復支援アドバイザー就任。2021年8月フードバンクセンター代表就任


【FUTUREFLIGHTグループ】
株式会社FF
https://futureflight.co.jp
株式会社キャリアエディション
https://career-edition.info
フードバンクセンター

グループ代表ツィーター
https://twitter.com/futureflight_g

【本件に関するお問い合わせ】

会社名:株式会社FF

担当者:経営企画室 肥田

TEL:011-522-8753

FAX:011-522-8769

E-Mail:info@futureflight.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)