その他 医療・医薬・福祉

在住外国人にとって暮らしやすいまちづくりのために(公財)神戸国際コミュニティセンターの拠点の再編について

神戸市
 公益財団法人神戸国際コミュニティセンターは、神戸のさらなる国際都市としての発展を目指し、市民の国際交流の促進、多文化共生の推進などにより、地域の国際化を進めています。10月より、在住外国人支援を拡充するため、神戸国際コミュニティセンターの本部拠点を新長田に移転し、さらに三宮・御影にも拠点を新設し、在住外国人にとって暮らしやすいまちづくりを推進します。


神戸国際コミュニティセンター(KICC)外観イメージ
1階交流スペース(約200平方メートル )


1.施設概要





移転に伴う事業の拡充

(1)日本語学習支援
日本語教師が教える「初級日本語クラス」、日本語ボランティアによるマンツーマンのレッスン「日本語文化学習支援事業」について、拠点を拡充して実施します。
初級日本語クラス
日本語文化学習支援事業

(2)新たな事業展開

ランタン縁日(去年)
神戸常盤大学や日本経済大学神戸三宮キャンパスと連携し、外国にルーツを持つ子供への学習支援や在住外国人を対象とした相談業務などに取り組みます。また、在住外国人支援団体等と連携し、国際交流・多文化共生などの事業に取り組んでいきます。


(公財)神戸国際コミュニティセンター概要


◇設立日 平成5年7月14日
◇所在地 神戸市中央区浜辺町5丁目1番14号 神戸商工貿易センタービル2階
◇事業内容
1.国際協力 
2.国際交流・多文化共生事業 
3.留学生支援 
4.海外事務所の運営

●オンライン上での報道資料公開●
PRTIMES(リリース):https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/78202
PRTODAY(リリース・ニュースレターなど):https://www.pr-today.net/a00424
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)