医療・医薬・福祉 素材・化学・エネルギー

新型コロナウィルス治療薬に関する特許取得のお知らせ

株式会社バイオミメティクスシンパシーズ
 株式会社バイオミメティクスシンパシーズは「アンジオテンシン転換酵素2(ACE2)及び/若しくはTMPRSS2発現を阻害するための組成物、又は、コロナウィルス感染症の予防剤若しくは治療剤」に関する特許を取得しました。  この特許技術は、細胞表面のACE2タンパク質の発現を抑制する化合物を用いた組成物に関するものです。この化合物は新型コロナウイルスの感染時の受容体であるACE2タンパク質の発現を抑制するものであり、全ての新型コロナウィルスの変異株に対して効果が期待されます。


 株式会社バイオミメティクスシンパシーズ(本社:東京都江東区、代表取締役 漆畑 直樹、以下「BMS」という)は、この度、BMSが出願しておりました「アンジオテンシン転換酵素2(ACE2)及び/若しくはTMPRSS2発現を阻害するための組成物、又は、コロナウィルス感染症の予防剤若しくは治療剤」について、以下のとおり特許を取得したことをお知らせいたします。

【特許番号】特許第6906127号(P6906127)
【登録日】令和3年7月1日(2021.7.1)
【発明の名称】アンジオテンシン転換酵素2(ACE2)及び/若しくはTMPRSS2発現を阻害するための組成物、又は、コロナウィルス感染症の予防剤若しくは治療剤
【特許権者】株式会社 バイオミメティクスシンパシーズ

― 背景 -
 新型コロナウィルス感染症は2019年暮れに中国・武漢において世界で初めて患者が確認されてから、その後のパンデミックにより、経済、財政、金融、生活、労働、産業、さらには少子化など幅広く社会へ影響が生じています。これに対して、各国各機関各企業で、ワクチンや治療薬の開発が進められてきました。その結果として、ワクチンが実用化され、国民への接種が浸透しつつあります。しかしながら、感染力の高い変異株の出現などにより、国内では依然として感染の波が猛威を振るっている現状となっています。
― 新型コロナウィルス治療薬の開発状況 -
 現在、新型コロナウィルス治療薬候補として、既存医薬品で新型コロナウィルス治療薬に薬効を示すものの探索、抗ウィルス薬、免疫反応の強化、免疫系を強化、抗体製剤、幹細胞治療などの研究・開発が行われ、いくつかが治療薬として承認を得るに至っていますが、様々な重症度の新型コロナウィルス感染症を治療するには必ずしも十分ではなく、さらなる治療薬の開発が望まれています。
― 特許の特徴 -
 BMSでは再生医療で得られた知見を基に、新型コロナウィルスの感染時の受容体であるACE2タンパク質の発現を抑制する化合物(AS1842856)を同定しました。さらに、この化合物はTMPRSS2タンパク質の発現をも抑制するため、新型コロナウィルスの細胞への感染を効果的に抑制するものと考えられ、新型コロナウィルスの予防薬・治療薬として高い薬効が期待されます。
 新型コロナウィルスは、そのエンベロープに存在するSpikeタンパク質(Sタンパク質)を用いて、細胞表面にあるACE2とTMPRSS2を介して細胞に侵入・感染します。これまでにSタンパク質に結合してACE2との相互作用を抑制するような中和抗体の開発や、TMPRSS2を阻害する低分子化合物の探索・開発などが盛んに行われています。AS1842856は、ACE2とTMPRSS2という二つの遺伝子発現量を「同時に」抑制するというという点が非常に特徴的であり、高い効果が期待されます。
― 本特許に基づく医薬品開発 -
 BMSではロート製薬株式会社や大学研究機関と協力して、ACE2タンパク質及びTMPRSS2タンパク質の発現を抑制する化合物の医薬品開発の検討を進めています。また、本開発について協力して医薬品開発を進め、早期に医薬品の上市を実現するための製薬企業等のパートナーを探しています。
― 株式会社バイオミメティクスシンパシーズについて -
 株式会社バイオミメティクスシンパシーズは幹細胞を利用した再生医療のパイオニアとして、70件以上の特許出願を行ってきた研究開発型企業です。現在は幹細胞培養用の培地開発、疾患特異的な幹細胞の研究、再生医療を利用した医薬品開発、化粧品原料としての幹細胞培養上清液の開発、細胞培養施設のコンサルタント業務およびデジタルセラピューティクス(DTx)アプリケーション開発を行っています。BMSは再生医療とデジタル技術を利用した医薬品・医療機器開発を通して人々の持続的な幸福な社会の実現を目指しています。

■株式会社バイオミメティクスシンパシーズ 概要
・代表取締役 漆畑 直樹
・本社所在地 東京都江東区青海2-4-32 タイム24ビル 19階
・事業内容
細胞性医薬品に関する研究開発と臨床開発
再生医療に関する製品、知的財産及び権利のライセンス導出
再生医療技術を基盤とする化粧品開発販売、試薬、培地開発販売
再生医療関連ビジネスの事業開発
再生医療支援
医療機器開発支援
・URL  https://www.bm-s.biz/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)