医療・医薬・福祉 美容・健康

第19回 日本生殖看護学会学術集会にて、ファミワンの代表看護師の西岡有可が特別企画に登壇しました

株式会社ファミワン
不妊症看護認定看護師特別企画にて、「WEB による不妊相談活動の紹介」をテーマに登壇

「子どもを願うすべての人によりそい 幸せな人生を歩める社会をつくる」をビジョンに掲げ、LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」 https://lp.famione.com/ を提供する株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川 勇介、以下当社)の代表看護師 西岡有可が、第19回 日本生殖看護学会学術集会(学術集会長 湘南鎌倉医療大学 看護学部 森 明子、事務局:同大学 看護学部看護学科 母性看護学領域内)に登壇いたしました。 プレスリリース本文はこちら https://prtimes.jp/a/?f=d14333-20210913-b650e6652dfbc1865ae8cce468548bcb.pdf


第19回 日本生殖看護学会学術集会は「激動の時代の生殖看護―COVID-19の影響を考える―」をテーマにWEBオンライン開催され、ファミワン代表看護師の西岡は不妊症看護認定看護師特別企画にて、「WEB による不妊相談活動の紹介」をテーマに登壇しております。なお、本学術集会のオンデマンド配信は9月12(日)~9月26日(日)を予定しております。


詳細:https://confit.atlas.jp/guide/event/jsfn19/top?lang=ja


第19回 日本生殖看護学会学術集会 プログラム

日時:2021年9月12日(日)9:00 ~17:00
テーマ:「激動の時代の生殖看護―COVID-19の影響を考える―」
学術集会長:森 明子(湘南鎌倉医療大学 看護学部)
オンデマンド配信期間:9月12(日)~9月26日(日)

・開会式・オリエンテーション
・会長講演
・教育講演1「COVID-19流行下における人間の心理と行動の変容~新しい日常に向けて」
  錢 琨氏(福岡大学人文学部 講師 一般社団法人九州オープンユニバーシティ 理事)
・教育講演2「生殖医療に関連する法整備と経済的支援の深層」
  石原 理氏(埼玉医科大学産科婦人科 教授)
・特別講演「豊かなアフリカ社会を夢描く人達:医療とお産の原点に戻って」
  井上 裕美氏(湘南鎌倉総合病院 産婦人科部長)
・セミナー「地域における不妊支援」
 「神奈川県ならびに横浜市における不妊支援」
   湯村 寧氏(横浜市立大学附属市民総合医療センター副病院長 生殖医療センター部長)
 「離島における不妊治療と支援の状況」
   櫻井 純子氏(NPO法人へき地保健師協会 副理事)
・一般演題・ポスター発表
  O-1  COVID-19流行下における通院中患者の声から見えてくるもの
     田邊 加代子(IVF大阪クリニック)
  O-2  高度不妊治療初期における女性のメンタルヘルスとQuality of lifeの状況
      加藤 承彦(国立成育医療センター)
  O-3  POI患者が不安と向き合い治療を継続していくための看護支援
     太田 恭子(医療法人三慧会 IVFなんばクリニック)
  O-4  不妊治療中に精索静脈瘤手術をうけるカップルへの患者支援
      上谷 麻衣(リプロダクションクリニック大阪)
  O-5  COVID-19感染拡大の影響により不妊治療後の妊婦へのWEB妊娠初期セミナーを実施して
     藤井 美喜(英ウィメンズクリニック)
  O-6  不妊治療妊娠におけるCOVID-19流行下の行動様式と抑うつ症状
      高畑 香織(湘南鎌倉医療大学)
  O-7  不妊治療を受けられている患者の妊娠陽性後における不安軽減についての検討
      小島 恵美(リプロダクションクリニック東京)
  P-1  大学生の造精機能障害に焦点を当てた妊孕性に関する認識の実態調査
      常田 裕子(京都橘大学看護学部)
  P-2  不妊治療を希望しているBMI30以上の患者における外来での減量成功要因の検討(パイロット研究)
      佐久間 志津(自治医科大学附属病院3階南病棟)
  P-3  子宮内膜症女性の看護:アウトカムモデルに基づく文献検討
      森 明子(湘南鎌倉医療大学)
  P-4  血液悪性腫瘍を合併した妊婦の妊娠継続とがん治療に関する意思決定
      神津 三佳(千葉大学医学部附属病院)
  P-5  生殖補助医療によって妊娠した女性とかかわる看護職に向けた研修プログラムの開発:モニター調査
      前原 邦江(千葉大学大学院看護学研究院)
  P-6  高年齢不妊カップルへの不妊治療に関する意思決定支援
      坂上 明子(武蔵野大学看護学部)
  P-7  挙児を得ることなくARTを終結した女性の身体的・心理社会的状況に関する文献レビュー
      嶋 雅代(福井大学医学部看護学科)
  P-8  不妊患者における看護のレクリエーション支援の意義
      竹林 七重(三慧会 IVFなんばクリニック)
  P-9  不妊症看護認定看護師の面接による不妊相談の実際
      松田 光枝(慈正会 丸山記念総合病院)
・不妊症看護認定看護師特別企画
  「治療施設オンライン見学」
   IVF 大阪クリニック/つくば木場公園クリニック
 「WEB による不妊相談活動の紹介」
   上田 聡代氏 (リブスクエア)
   西岡 有可氏 (株式会社 ファミワン)
・シンポジウム「妊娠に備える女性を感染症から守るためには」
 「産科医から見た妊娠準備中、妊娠中の新型コロナウイルス感染対策」
    橋口 和生氏(湘南藤沢徳洲会病院産婦人科部長、湘南厚木病院副院長)
 「当院におけるCOVID-19 の対応と課題~妊産婦への支援~」
   平林 奈苗氏(北里大学病院周産母子成育医療センター産科病棟)
 「生殖医療専門施設におけるCOVID-19パンデミックに対する経験と対応」
   浅田 義正氏(浅田レディースクリニック 理事長)
  「不妊治療を受ける患者を感染症から守るための支援」
   皆吉 田津子氏(IVFなんばクリニック看護師長不妊症看護認定看護師)
・優秀演題賞表彰
・閉会式
※プログラムは予告なく変更となる場合がございます


参加登録について

登録期間:2021年3月1日(月)~2021年9月25日まで
https://confit.atlas.jp/guide/event/jsfn19/static/registration
本ページ下部にある「参加登録・修正はこちら」をクリックしてお進みください。
※ホームページ上の登録だけでは事前登録完了とはなりませんので、ご注意ください。
参加費のお支払い完了いただく必要があります。(支払い方法はクレジットカード決済のみ)
入金最終締め切り日:2021年9月10日(金)まで
会員:5,000円 、非会員:6,000円 、学生(大学院生、研修生は除く):2,000円


学術集会問い合わせ先

第19回日本生殖看護学会 学術集会事務局
湘南鎌倉医療大学 看護学部看護学科 母性看護学領域内
〒247-0066 神奈川県鎌倉市山崎1195-3
TEL:0467-38-3131(代表)事務局E-mailアドレス office@jsfn19.com




妊活コンシェルジュ「famione(ファミワン)」

LINEを活用し、専門家のサポートをいつでも気軽に匿名で受けることが可能に

妊活コンシェルジュ「ファミワン」(https://lp.famione.com/)は、妊活に取り組む夫婦を支える、LINEを活用したパーソナルサポートサービスです。LINEのアカウント登録をすることで専門のチェックシートが届き、その入力内容を分析し、あなたの妊活状況に合わせたアドバイスを行います。

不妊症看護認定看護師や臨床心理士、培養士、妊活経験者のピアカウンセラーなど、多くの専門家によるアドバイスを受けることができ、妊活を意識し始めたばかりのタイミングから、病院選びや不妊治療中、やめ時までのあらゆる妊活の状況をサポートしています。

2018年9月より、法人や自治体向けに提供を開始。小田急電鉄やミクシィグループでの福利厚生導入、ソニー、全日本空輸株式会社(ANA)、伊藤忠労働組合などへのセミナー、そして、神奈川県横須賀市や東京都杉並区等への「妊活LINEサポート事業」の提供を行っています。
※本サービスは医療行為ではないため、診断や処方は行いません。

▶︎企業向け「妊活・不妊治療 福利厚生サポート」https://famione.com/benefit
▶︎自治体向け「妊活LINEサポート事業」案内ページ https://famione.com/local/




【参考資料】
第19回 日本生殖看護学会学術集会
https://confit.atlas.jp/guide/event/jsfn19/top?lang=ja

<会社情報>
株式会社ファミワン
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6 西田ビル5F
代表者 代表取締役 石川 勇介
設立日 2015年6月1日
URL https://famione.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ファミワン 広報担当 Mail: info@famione.com TEL:080-2243-6995
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)