美容・健康 アパレル・ファッション

【髪質改善スプレー発売!】KYOGOKUブラックダイヤモンド(髪質改善スプレー)でブリーチ後のダメージ髪にも艶と輝きを。

株式会社Kyogoku
SNSで話題に!!スプレー状のヘアオイルがKYOGOKUから発売!

今洗い流さないトリートメントは、オイルタイプのものとクリームタイプのものが主流です。 ですが、つけすぎてしまってスタイリングが上手くいかなくなってしまったり、などの失敗もあると思います。 KYOGOKU PROFESSIONALはスプレータイプのヘアオイルなので、髪の毛全体にバランスよく付着させる事ができます。 この艶感と手触りを1度実感してください。


ブラックダイヤモンド(スプレー)の成分




・アルガンオイル配合


・サトウキビエキス配合
サトウキビから抽出したグリコ―ル酸やイヌリンという成分が多く含まれています。
ダメージを受けた髪の毛はキューティクルをしっかり閉じることができません。
なので、外部の臭いを吸収しやすい状態になってしまっています。
トリートメントでコーティングすることで、保湿、消臭、乾燥の予防にもつながります。
頭皮を自信でマッサージすることにより、より血行を促進してあげてください。


・センブリエキス配合




・加水分解ケラチン配合
毛髪は80%ケラチンという成分からできています。
ブリーチや紫外線などのダメージを受けると、このケラチンが破壊されてしまいます。
外部からケラチンを補うことで、髪の毛の内部から強くします。

・ビタミンE誘導体配合
ビタミンEは脂溶性のビタミンです。
ビタミンE誘導体とは、水に溶ける性質を持たせた成分です。
水分の保持や頭皮や毛髪の保護に期待ができる成分です。

スプレータイプのトリートメントなので、髪の毛全体にバランスよく付着させることができます。


【KYOGOKU PROFESSIONAL】ブラックダイヤモンドの使用方法

1番おすすめの使用タイミングは、洗髪後の髪の毛に水分が多く含まれている状態の時です。

ダメージが気になる方は、ドライヤーでキューティクルを閉じる前に「ブラックダイヤモンド」をダメージの気になる部分を中心にふりかけてください。

水分の蒸発を最小限に抑え、ドライヤーの熱からも守ってくれます。
毎日髪の毛と頭皮はダメージを受け続けています。


紫外線
冷暖房による乾燥
枕などの摩擦
ドライヤーやヘアアイロンなどのスタイリングによる熱


毎日ダメージを受けている分、しっかり補って上げなければいけません。



髪の毛の内部に栄養を与え、質感を整えます。
1本1本のハリと手触りをお楽しみください。


インスタグラムでのお声

インスタグラムの#京極琉@kyogokupro_officialのハッシュタグで嬉しい口コミをいただいておりますので、何件かご紹介させていただきます。

・使用のタイミングをご共有いただき、ありがとうございます!
https://www.instagram.com/p/CTrdQVLpiss/?utm_source=ig_web_copy_link

・クセとダメージに悩まされていただとお悩みの方が使用して下さっていました!
https://www.instagram.com/p/CTuIVAWJB6N/?utm_source=ig_web_copy_link

・ロングヘアーでご使用いただいた使用感をご投稿いただいておりました!
https://www.instagram.com/p/CTo4PnzJfyP/?utm_source=ig_web_copy_link

・キメ細かなスプレーを動画にしていただき、ありがとうございます!
https://www.instagram.com/p/CTt_wPslqyI/?utm_source=ig_web_copy_link

・忙しいママさんにもご使用いただけており、とても嬉しいです!
https://www.instagram.com/p/CTo8tU6paaH/?utm_source=ig_web_copy_link


弊社は、皆様の貴重なお声、今後の商品開発の参考にさせていただいております。

KYOGOKUプロフェッショナルの商品を手に取っていただき、ご意見を賜り、感謝申し上げます。
今後もご愛顧いただけますと幸いでございます。


ブラックダイヤモンド(髪質改善スプレー)
https://www.instagram.com/p/CJSHTcZjRCF/?utm_source=ig_web_copy_link
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)