医療・医薬・福祉

世界がん撲滅サミット2021 in OSAKAに内視鏡手術の世界的名医 大圃研氏登場!

世界がん撲滅サミット2021実行委員会

2021年12月5日(日)午後1時より大阪国際会議場で開催される『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』(https://cancer-zero.com)。

 このたび、外科手術に比べ患者の皆さんへの体力的負担が少ない画期的な内視鏡手術の世界的名医 大圃(おおはた)研氏(NTT東日本関東病院内視鏡部及び消化管内科部長)の公開セカンドオピニオンの登壇が決定した。
NTT東日本関東病院内視鏡部及び消化管内科部長 大圃 研 氏
 公開セカンドオピニオンは『がん撲滅サミット』の生んだ画期的な企画であり、一人でも多くの患者の皆さんの社会復帰と継続的治療を望む声に応えるためにスタートしたものだ。会場に訪れた患者やご家族の皆さんのご質問にステージに登壇した日本を代表する医師や研究者が即答する真剣勝負の場として、すっかり定着した観がある。

 しかも医療機関内のチーム医療ではなくデジタル改革を前提とした複数の医療機関を横断するチーム医療を実践している点で後発の類似的企画に比べて他の追随を許さないものがある。

 今回、昨年に続いて2度目の登壇となる大圃研氏は、これまで専門に分かれていた胃・食道・大腸がんという3つの部位の治療を一人で難なくこなす、いわゆるスーパードクターとして『情熱大陸』をはじめとするドキュメンタリーや情報番組でも取り上げられた世界的名医である。

 その大圃氏は言う。
「大腸がんは大腸内視鏡検査さえしておけば、初期の段階で見つけられることが出来ます。初期で見つけさえすれば、再発の可能性はほぼなく、治すことができます」
 
 では、内視鏡手術を受けるメリットはどこにあるのだろう、という質問に同氏はこう答えてくれた。
「初期のがんですと大腸内視鏡手術はお腹を切らずに治すことができます。しかも低侵襲で患者の皆さんにご負担なく社会復帰いただけます」

 一番のメリットは低侵襲治療で職場や自宅に戻れるということだろう。
 そのうえで大圃研氏はご来場者に向けて次のように語ってくれた。
「『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』公開セカンドオピニオンでは、主に大腸の内視鏡検査、治療などについてご相談やご質問にお答えします。しっかり内視鏡検査と治療さえしていれば、大腸がんは皆さんの生活になんら影響を与えることのない、今や恐るるに足らないがんなのです」
大阪国際会議場

 皆さんも、ぜひ公開セカンドオピニオンで大圃研氏に直接ご自身の症状やがんに対するご相談をしてみてはいかがだろうか。 

 現在、大会HP(https://cancer-zero.com)にて入場申し込み受付を行っており、入場は無料である。

 また同じく大会HPにてお問合せ受け付けているが、メールのみとなっている。すでに東京都、奈良県、神戸市などのエリアからお申し込みが入っているとのことだ。

 なお、新型コロナウイルス禍の状況によっては入場制限、無観客開催の可能性もあるため、ぜひ大会HPをチェックしておかれることをお勧めしたい。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)