外食・中食 美容・健康

ハンバーガーのバンズを卵で代用した新しいバーガー「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」 バーガーメニューの完全グルテンフリー化に成功

株式会社ウェブシャーク
人気”裏”メニュー「ビッグエッグウィッチ」も定番メニューとして提供へ

 快適すぎて動けなくなる魔法のソファYogibo(ヨギボー)を展開する株式会社ウェブシャーク(大阪市中央区/代表取締役社長 木村誠司)は、当社が運営するエッグウィッチ専門店「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」において、すべてのバーガーメニューを完全グルテンフリー化いたしました。  また、これまで裏メニューとして提供していたビッグエッグウィッチを定番メニューとして提供することが決定いたしました。



エッグウィッチとは?

 エッグウィッチとは、ハンバーガーのバンズを卵で代用したアメリカ生まれの新しいバーガーです。その見た目はハンバーガーそのものですが、バンズ部分を卵にすることにより低糖質でありながらタンパク質を豊富に摂取できることから、アメリカでは昨今注目を集めているヘルシーフードとなっております。

 一般的なハンバーガーの場合、バンズに小麦を使用しているため、糖質が約28.8gと高いのに対し、エッグウィッチはバーガー1個あたりの糖質がわずか6.8gとなっております。タンパク質においても一般的なハンバーガー(約12.8g)に比べ、26.0gと豊富に含まれております。
 健康面の観点からハンバーガーを食べるのは罪悪感がありますが、エッグウィッチであればダイエットや糖質制限をされている方でも安心してお召し上がりいただくことができます。
エッグウィッチ 税込290円



すべてのバーガーメニューを完全グルテンフリー化に


 グルテンフリーとは、小麦や大麦、ライ麦といった穀物から生成されるタンパク質「グルテン」を含まない食品や食生活のこと。グルテンを摂取することで体内に様々な不調が出てしまう方だけではなく、健康志向の高い方を中心にグルテンを含む食品を摂取しないグルテンフリーのライフスタイルが広がっております。
 「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」では、このたびの商品改良により、従来のレシピでは小麦が含まれていたテリヤキソースやケチャップなどのソース類を新たに独自開発し、バーガーメニューの完全グルテンフリー化に成功しました。これにより、糖質制限中の方や小麦アレルギーの方にもより安心してお召し上がりいただけるようになりました。また、調味料のマヨネーズにおいては、グルテンフリーマヨネーズに加え辛味なしのマスタードを採用し、辛さの苦手なお子様にも安心して美味しく召し上がっていただけるようになりました。さらに、徹底的な食材選定で美味しさにもこだわり、パティもよりジューシーな味わいに仕上げております。
 「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」では、今後も商品改良および新メニュー開発を進め、ヘルシーで安心・安全なファストフードを追求し、お子さまから大人まで幅広い方々に満足していただけるメニューをご用意して参ります。
 低糖質・高タンパクに加え、完全グルテンフリーになったエッグウィッチをぜひご賞味ください。



待望の定番化「ビッグエッグウィッチ」


 裏メニューとして人気を博していた「ビッグエッグウィッチ」が満を持して定番メニュー化となりました。バンズ3枚、パティ2枚と非常にボリューミーであり、食べごたえNo.1メニューとなっております。ダイエット中の方であればサラダセットがおススメ。豊富な食物繊維によって血糖値の上昇が抑えられることで、ダイエット効果UPが期待できます。当店自慢の卵バンズとジューシー厳選ビーフでダイエットのストレス解消にオススメです。
ビッグエッグウィッチ 税込690円



ドン・ウォーリー・エッグウィッチ概要


店舗名  :Don’t Worry Egg’ Wich(ドン・ウォーリー・エッグウィッチ)淀屋橋店
アクセス :〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋3 丁目2-14 KPO ビル1階
営業時間 :7:00~20:00
電話番号 :06-6585-7665
定休日  :基本無休 ※年末年始はお休み
HP    :http://eggwich.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)