医療・医薬・福祉

膀胱と尿道の機能を正常化し、軽い尿もれを改善する漢方薬「モレナクト」 (第2類医薬品) ~2021年9月22日(水)に新発売~

小林製薬株式会社
小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は、膀胱と尿道の機能を正常化し、軽い尿もれを改善する漢方薬「モレナクト」(第2類医薬品)を、9月22日(水)から新発売いたします。




<TOPICS>


1年以内に“軽い尿もれ”を経験した方は1,000万人以上※1
実は夜間頻尿よりも困り度が高い※2

軽い尿もれケアの漢方薬で、膀胱や尿道の機能低下に身体の中からアプローチ
「尿もれシート」や「尿パッド」とは違う、新たな選択肢を提案
加齢などによる膀胱機能の低下で軽い尿もれに悩む人が多いことに着目をし、軽い尿もれを改善する漢方薬を開発いたしました。市場には「尿もれシート」や「尿パッド」が主な対処法として存在しますが、身体の中からアプローチし改善するという切り口で、軽い尿もれに悩むお客様へ新たな選択肢を提案します。
※1 弊社調査(2021年3月 N=30,000 40代以上男女)からターゲットボリュームを推測
※2 弊社調査(2021年3月 N=30,000 1年以内に尿もれ症状または夜間頻尿症状のある40代以上男女)






<製品特徴>

八味地黄丸エキスで、膀胱と尿道の機能を正常化
8つの生薬※3を配合した八味地黄丸(ハチミジオウガン)エキスが膀胱機能の正常化や膀胱の過剰収縮の改善、尿道圧迫の改善に作用。くしゃみなどによる軽い尿もれや、トイレ直後の残尿による軽い尿もれ、急な尿意による軽い尿もれを改善いたします。1日3回食前又は食間に服用することで、身体の中からケアができます。
※3 ジオウ、サンシュユ、サンヤク、タクシャ、ブクリョウ、ボタンピ、ケイヒ、ブシ末



<開発背景>

弊社調査によると、1年以内に尿もれ症状または夜間頻尿症状のある40代以上男女の中で、夜間頻尿よりも日中の軽い尿もれの困り度が高いことが分かりました(グラフ1)。中でも、女性はくしゃみや軽い荷物を持ったシーン、男性はおしっこ直後のシーンで軽い尿もれが起こりやすく(グラフ2)、男女で軽い尿もれを引き起こすメカニズムが異なることから、性別問わず改善作用のある8つの生薬※3を配合した八味地黄丸(ハチミジオウガン)エキスに注目いたしました。
これまで、‟軽い尿もれケア”の対処としては、「尿もれシート」や「尿パッド」が一般的でしたが、小林製薬の強みである漢方薬の開発技術を生かし、身体の中からアプローチできる医薬品「モレナクト」を発売いたします。
「モレナクト」の発売により、尿もれケア市場の中でも「軽い尿もれケアの医薬品」という新しいアプローチで、生活者の皆様のお悩みをサポートしてまいります。

※3 ジオウ、サンシュユ、サンヤク、タクシャ、ブクリョウ、ボタンピ、ケイヒ、ブシ末





<尿トラブル対策ブランドの紹介>

小林製薬では、「モレナクト」の他、夜間頻尿をケアする「ユリナール」も展開しております。





<製品概要>




<一般の方からのお問い合わせ先>

小林製薬株式会社 お客様相談室 TEL:0120-5884-01/URL:https://www.kobayashi.co.jp

(受付時間9:00~17:00 土・日・祝日を除く)



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)