ホテル・レジャー 医療・医薬・福祉

「36ぷらす3」1周年企画ご応募に39(サンキュー)!

九州旅客鉄道株式会社
1周年の特別企画に多くのご応募をいただきました。

1周年の特別企画として、「39」=感謝のメッセージを公募するとともに、医療従事者の方々を対象としたご招待を募ったところ、多くのご応募をいただきました。


1周年の特別企画として、「39」=感謝のメッセージを公募するとともに、医療従事者の方々を対象としたご招待を募ったところ、多くのご応募をいただきました。ありがとうございます。(参考)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000208.000037933.html




「36ぷらす3」の1周年は、皆さまの「39」(サンキュー)をのせて運行します!







感謝のエピソード応募状況

・応募総数:183組560名 (当選数18組)

・お申込み地域:九州内145組466名、九州外38組94名

・感謝のエピソード、「36ぷらす3」の思い出(一例):
  旦那さまから奥さまへ、家庭を守ってくれてありがとう。
  
  母になって39年目の母へ、命を掛けて産んでくれてありがとう。
  
  お子さまからご両親へ、好きな電車に乗せてくれてありがとう。
  
  毎週「36ぷらす3」に手を振ることが日課になっています。
 など



医療従事者の方の応募状況

・応募総件数:274組781名 (当選数90名様)

・お申込み地域:九州内240組689名、九州外34組92名


ご当選者へのご連絡について

ご当選された方へはすでにご連絡を差し上げております。
ご当選された方のみへのご連絡となりますので、あらかじめご了承ください。



「36ぷらす3」1周年運行 感謝のエピソード


<お名前>        植松  様


コロナ禍の中、結婚することになりました。本来なら披露宴等を行いたいのですが、時節柄、両家の家族だけの食事会になってしまいました。
付き合い始めて1年間、ほとんど静岡県内でデートして、旅行という旅行はできない情勢でした。

今、感染拡大傾向にありますが、幸いなことにワクチン接種も終え、10月9日に結婚式を控えています。

高校時代、周遊券を使って南九州に友人と旅行した思い出があり、当時最新型だった鹿児島本線の特急ハイパー有明号の大きな窓から颯爽と流れる海沿いの景色に興奮した覚えがありますが、新幹線開業後は鹿児島本線から特急がなくなり、36ぷらす3でしか味わえなくなりました。
八代海や錦江湾などを眺めながら走る特急列車に乗りたいのですが結婚後の日常生活の中ではなかなか旅に出るのは難しく、チャンスは新婚旅行くらいしかありません。

また、4年前に他界した父は鉄道員で、母との新婚旅行も南九州だったと聞いています。両親も新婚旅行の時に2人で鹿児島本線の特急列車から海を眺めたのではないかと思います。

新幹線は早くて快適ですが、最近は移動を楽しむ旅をローカル列車ではなく、豪華特急にのってみたいと思っていたところ、ちょうど新婚旅行しようとした日に設定があるのも何かの縁。
当選したら、夫婦一緒に海沿いを走る列車の旅を楽しみたいと思います。


<ニックネーム>     なおきママ 様

わが家の4才の息子は、36ぷらす3の大ファンです!!

今年5月に初めて観て、すごーくかっこいいと一目ぼれです。

宮崎は土曜日、宮崎空港駅発になる為、お兄ちゃんのサッカーがないときは、車で30分かかりますが、田吉駅に観に行きます。田吉駅は2回通過するので、興奮する息子を2回観れます。ニコニコの笑顔です。

通過するときは、手を振ってあっという間の速さに毎回びっくりしています。運転士さんが手を振ってくれると、手を振ってくれたと何度も言ってくれます。

7月に仕事が休みだったので、宮崎駅に到着する36ぷらす3を観に行きました。
初めて止まっているのを観て、たくさんのポーズをとりながら写真を撮ってとうれしそうでした。

その日から、何時、明日、36ぷらす3に乗れるのと毎日聞いてきます。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)