医療・医薬・福祉 その他

9/30 Catalent Japan 新工場設立記念オンラインセミナー 【グローバル・クリニカルサプライ・プロバイダーによる国内外の臨床試験実施における優位性】

キャタレント・ジャパン株式会社
~加速する世界を股に掛けた製薬開発。その世界動向と、効率的な臨床試験とは?~

Catalent Japan株式会社では、2021年9月に予定する新工場設立を記念し、治験関連事業にフォーカスしたオンラインセミナー「グローバル・クリニカルサプライ・プロバイダーによる国内外の臨床試験実施における優位性」を9月30日(木)に開催いたします。コロナ禍で難易度が上がっている国際共同治験の留意点やリスク回避、時間短縮、コスト抑制などに向けたポイントをご説明するとともに、日本で唯一の総合クリニカルサプライ・プロバイダーであるCatalent Japanの新施設をご紹介します。 現在、参加者を募集しており、参加は事前申込制・無料でどなたでもご参加いただけます。詳細は次頁をご参照ください。


 2007年に厚生労働省から「国際共同治験に関する基本的考え方」が発出されて以降、日本で実施される国際共同治験の数は増加の一途をたどっています。一方で、投薬計画の複雑化や時差、治験薬の輸出入や配送・管理の問題などに加え、ベンダーのノウハウのばらつき、それらによるスケジュールの遅れや予算の超過など、実施にあたっては多くの課題が散見されます。さらに、COVID-19により国内外問わずその難易度が上昇しています。

 そこで本セミナーでは、日本で唯一のグローバル・クリニカルサプライ・プロバイダーである当社の知見をもとに、潜在的なボトルネックを回避し、開始から終了までシームレスなオペレーションを行うポイントについて解説します。調査結果に裏付けされたフェーズごとの治験薬供給の課題やその解決策、各国での治験をマネージするためのサプライチェーン均衡法や調達戦略の在り方のほか、各国での規制動向や供給フォーキャストのチェックリスト項目などの具体的な手法についてお話する予定です。

 また、こうした国際共同治験の拠点の1つとしても活用できる、2021年秋開所予定のCatalent滋賀工場についてもご紹介いたします。
*新工場のリリースは、後日配信いたします。

開催概要

■日時   : 2021年9月30日 (木)  15:00- 16:00

■場所   : Web会議ツールを利用したオンラインセミナーとなります。
        (別途アクセス方法をご連絡いたします)

■主催   : Catalent Japan株式会社

■参加費  : 無料

■申込方法 :
以下の申込フォームからお申し込みいただきますよう、よろしくお願いいたします。
URL:https://pages.pharmaintelligence.informa.com/catalent-webinar-jp-ldg

■お申込み期限:9月30日(木) 14:30まで

■ テーマ:
1. グローバルな臨床試験の供給の課題を理解する
2. 国内および海外での治験薬供給に影響を与える可能性がある要因を確認する
3. ベンダーの削減により、臨床試験のリスク、時間、コストがどのように削減するかを確認する
4. 日本で唯一の総合クリニカルサプライ・プロバイダーであるキャタレントの6,000平方メートル の新施設のご紹介

■ 登壇者 : Catalent滋賀 ジェネラルマネージャー 松丸 央也


キャタレントファーマソリューションズ(Catalent Pharma Solutions)とは




キャタレントファーマソリューションズ社(本社:米国ニュージャージー)は、低分子医薬品、バイオ医薬品、細胞・遺伝子治療、消費者向け健康商品といった分野における先進的なデリバリー技術、開発、製造のグローバル企業であり、全世界及び日本において医薬メーカーおよび健康食品メーカーへの受託サービスを提供しています。

業界で85年以上の実績を持つキャタレントは、より多くの製品をより迅速に開発し、市場にリリースすることが可能です。また、治験薬や医薬品を安定して世界各国に供給する能力を有しています。キャタレントでは45カ所以上の拠点で約14,000名の従業員が働いており、うち約2,400名が科学者や技術者です。同社は2020年度には30億ドルを超える年間売上高を記録しました。キャタレントの本社は米国ニュージャージー州サマセットにあります。さらに詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.catalent.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)